event

 発見。冒険。

3rd_PAGEでは「知的好奇心を満たすインタラクティブな体験の提供」と
「共通の趣味や嗜好を持つ仲間とのコミュニティづくり」をコンセプトに
大人が愉しめるイベントコンテンツを多数ご提案いたします。
*一部のイベントを除き、3rd_PAGE会員以外の方にもご参加いただけます。

カレンダー

セミナー

東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:07002
イベント名:ラクゴ01

開催日:7月5日(水)

<東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ>
落語って敷居が高いと思っていませんか?
寄席や独演会で芸を堪能する以外にも、作業中のBGMとしてや、就寝時にお気に入りの落語のCDを聞く方もいれば、自宅に噺家を招いて落語会を開催する方もいて、愉しみ方は人それぞれ自由なんです。

様々な落語の愉しみ方を教えてくれるのが、日本で唯一の演芸専門誌『東京かわら版』の巻頭エセー『落語と私 私と落語』。
毎号、各界の著名人が落語への想いを綴っています。今まで登場された方は、美術家の森村泰昌さん、野球評論家の佐々木信也さん、山下達郎さん、貴乃花親方、細野晴巨さん、藤子不二雄Aさん、高畑勲さん、鳩山由紀夫元衆議院議員、日野皓正さん、小泉今日子さんなどなど豪華な顔ぶれ。

「あの人は落語が好きらしい」という情報を掴んだらすぐに巻頭エセーの執筆依頼に動く『東京かわら版』編集長が、長年見つめ続けた様々な落語の愉しみ方や、落語ブームで盛り上がっている「今」だから体験できる面白さ、落語と意外なジャンルのコラボ事情、気に入る噺家の見つけ方などをたっぷりお届けします。
編集長との交流タイムもありますので、落語談義をしたり、あなたにフィットする噺家を見立ててもらってみては?
巻頭エセーの貴重なバックナンバーを眺めながら、編集長から直々に落語の新たな愉しみ方を聞いてみませんか?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

定員:10名
参加費:1000円(税別)
実施日/時間 7月5日(水) 19:00開場 19:30~21:30
講師:佐藤 友美(東京かわら版編集長)

講師プロフィール

【東京かわら版編集長】佐藤 友美(さとう ともみ)
東京生まれ。浅草の国際劇場の隣で旅館を営んでいた祖母の影響で、幼少時より歌舞伎、相撲、日本舞踊、邦楽などの古典芸能に親しむ。
明治大学文学部仏文学専攻を卒業後、愛読していた日本で唯一の落語専門誌『東京かわら版』編集部にアルバイト入社。後に社員になり、04年より編集長。
趣味は現代美術とコンテンポラリーダンス鑑賞。得意分野は落語と歌舞伎と現代美術。

東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ

横浜美術館 館長 逢坂恵理子が語る
「アートとは何か~横浜トリエンナーレの軌跡~」

本セミナーは受付を終了いたしました。

<会員様先着10名様ご招待イベントです>

イベント番号:07001
イベント名:ゲイジュツ01

開催日:7月4日(火)

私達にとって、「芸術(アート)」というのは、憧れもありつつどこか遠い存在かもしれません。
人を感動させ何かを伝え、よりグローバルに世界を変えられる力を秘めたアートを学び、「芸術(アート)とは何か」を知り、普段の生活、仕事、創作活動に活かしてみませんか。
横浜美術館館長の逢坂 恵理子氏に、現代美術の魅了や、横浜で三年に一度行われる現代美術の国際展「横浜トリエンナーレ」の軌跡、その苦労などをお話しいただき、後半は参加者も交えて皆でディスカッションし一緒に考える場になれば幸いです。
どうぞ奮ってご参加お待ちしております!

参加費:会員様先着10名様ご招待(会員同伴者1名様まで無料)
実施日/時間 7月4日 (火) 18:20開場 18:50~21:00
講師:逢坂恵理子(横浜美術館 館長)
主催:クリエイティブな人のための知的教養講座『P』

講師プロフィール

逢坂恵理子
東京都生まれ
学習院大学文学部哲学科卒業 専攻芸術学
国際交流基金、ICA名古屋を経て、1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員、1997年より2006年まで同センター芸術監督。2007年より2009年1月まで森美術館 アーティスティック・ディレクター。2009年4月より横浜美術館館長に就任。
また、1999年第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレで日本部門コーキュレーター、2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナー、2011年第4回横浜トリエンナーレ総合ディレクター、2014年第5回横浜トリエンナーレ組織委員会委員長、2017年第6回横浜トリエンナーレ コ・ディレクターをつとめるなど、多くの現代美術国際展をてがける。

ウェブサイト
横浜美術館 http://yokohama.art.museum/
ヨコハマトリエンナーレ2017 http://www.yokohamatriennale.jp/

横浜美術館 館長 逢坂恵理子が語る <br>「アートとは何か~横浜トリエンナーレの軌跡~」

紳士淑女のための(愛と涙の)観劇ノート
上村由紀子のミュージカルトーク

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号(会員様):0700301
イベント番号(非会員様):0700302
イベント名:ミュージカル2

開催日:7月3日(月)

【大好評につき第2弾】
演劇ライター&ラジオDJとして活躍中の上村由紀子さんを案内人に、毎回様々なゲストをお呼びしてミュージカルの魅力をお届けする、深くて豪華なトークイベントを開催します!
今回のゲストは、俳優の柿澤勇人さんです。
若手ながら豊富な舞台経験を持ち、これまでにも数々のミュージカル作品で主演を務めてきた柿澤さんは、今まさにイチ押しの、勢いのある俳優さんと言っても過言ではありません。
そのご活躍をデビュー当時から見つめてきた上村さんが、昨今のミュージカルブームの中でも特に「実力派」と言われる柿澤さんの現在・過去の軌跡、そして6月の富山公演を皮切りに台湾・大阪・東京で上演を控える『デスノート THE MUSICAL』の見どころや裏話に迫ります。
実は上村さんと柿澤さん、作品は違えど、共に演出家・蜷川幸雄さんの舞台経験者なんだとか。これまでのインタビュー取材等でお互いを知る二人の掛け合いにもご期待ください!

※ トーク後は、上村さんを囲んでのビュッフェディナーをお楽しみいただけます。

定員:限定50名
参加費:会員様4500円/非会員様5000円(税込、お食事とアルコールを含むドリンク付)
実施日/時間 7月3日(月)18:30開場 19:00~21:30
案内人 上村 由紀子(演劇ライター&ラジオDJ)
ゲスト 柿澤 勇人(俳優)

案内人プロフィール

上村 由紀子(かみむら ゆきこ)
演劇ライター&ラジオDJ
横浜市出身。桐朋学園大学演劇専攻科修了後、蜷川幸雄氏演出の舞台や映像作品に出演。ラジオDJ、TV番組ナレーター等を経て、幼少時からの観劇体験を活かし、演劇ライターに。雑誌、Web媒体で執筆しつつ、早稲田大学教育学部でゲスト講師として授業も行う。これまでの観劇本数は約3000本、インタビュー人数は300人以上。TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」案内人、TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』出演。Twitter:makigami_p

ゲストプロフィール

柿澤 勇人(かきざわ はやと)
俳優
神奈川県出身。2007年 劇団四季に入団し、同年『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。その後、同劇団『人間になりたがった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』で立て続けに主演を務めた。
2009年に同劇団を退団後は、舞台・ドラマ・ 映画を中心に活躍。近年の主な作品に、舞台『紳士のための愛と殺人の手引き』『フランケンシュタイン』『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯』『サンセット大通り』『スリル・ミー』『ロミオ&ジュリエット』『スウィーニー・トッド』『海辺のカフカ』、ドラマ「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」「デザイナーベイビー」(NHK)、「新・刑事吉永誠一」(TX)、大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)、映画「明烏」「クローズ EXPLODE」「カイジ 2」等がある。今年6月からは再演となる舞台『デスノート THE MUSICAL』で主役の夜神月をWキャストで演じている。

紳士淑女のための(愛と涙の)観劇ノート<br>上村由紀子のミュージカルトーク

未知の中国茶遊び~初夏の涼~

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:06001
イベント名:チュウゴクチャ01

開催日:6月22日(木)

最高級中国茶として名高い「馨華・シンファ」。
ペニンシュラホテル等最高級ホテル・レストラン、高級ジュエリーショップのサロン等にて提供されていますが、一般ではなかなか入手する機会のない、中国歴代皇帝御用達銘茶です。

代表の秦国力氏は、世界遺産に登録された中国黄山と武夷山の奥深くに、化学肥料や農薬を一切使用しない有機栽培の茶畑を保有し、茶葉を自家栽培しています。
そこでは、かつて皇帝や貴族に愛飲されていたが、製造に生じる膨大な手間のため姿を消し幻といわれた蘭花茶の原料である蘭花と茶葉も栽培しており、秦氏はきめ細やかで労力を惜しまない製茶工程を経て、現代に蘭花茶を甦らせています。

この度、そのような幻といわれた蘭花茶を含む「馨華」の高貴で華やかな香りと味わいを楽しむお茶会を開催いたします。
長い歴史で培われた中国茶の世界を、秦氏自らが淹れるお茶を頂きながら堪能する特別な機会。秦氏が未知の中国茶の世界に誘います。

今回は特別に、モンドセレクション金賞受賞の最高級茶葉を使用したワイングラスで楽しむ中国茶やスパークリングティーなど、涼を感じる中国茶もお楽しみ頂きます。
また、中国茶と相性のよいお茶菓子もご用意。
どうぞ奮ってご参加お待ちしております!

※こちらのセミナーは会員の方以外もご参加いただけます。
※会員様ご優先にてお申込受付となります。


定員:限定30名
参加費:5000円(税込)最高級中国茶4種テイスティング、お茶菓子、冊子「馨華のお茶」(秦 國力著)、厳選銘茶のお土産付
実施日/時間:2017年6月22日(木) 18:30開場 19:00~20:30
講師:秦 國力 QIN GUOLI (茶文化研究家・高級茶藝師)

講師プロフィール

秦 國力 QIN GUOLI (茶文化研究家・高級茶藝師)
自ら中国、台湾に赴き最上級の茶を厳選し、2004年、日本初の有機中国茶販売会社を創立、百貨店や会員制ホテルへの卸売を展開
2008年、自身の考案で、中国人間国宝の製茶師の協力下、世界遺産・黄山茶園で独自の古典蘭花茶を完成
2010年、二期倶楽部主催「野に遊ぶ」の中国茶席を担当
2010年、上海万博に馨華謹製の古典花茶を出品
2012年、全日空特別便(政府専用機)に馨華謹製銘茶を提供。
2014年、世界初、無添加で高温抽出「LUXURY TEA」ボトリングティーを開発成功
2015年、瓶茶「LUXURY TEA」モンドセレクション金賞受賞
2016年、世界中のペニンシュラホテルの料理長を「安渓鉄観音製茶旅」へ案内
2017年、世界初、無添加で高温抽出「LUXURY SPARKLING TEA」を開発成功

未知の中国茶遊び~初夏の涼~

映画 『ラ・ラ・ランド』をもっと楽しめるココだけの話 ~しぼりたてシネマトーク!~

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号(会員様):0400201
イベント番号(非会員様):0400202
イベント名:シネマ

開催日:4月18日(火)

人によって意見の分かれるストーリーや、思わずもう一度確かめたくなるオマージュの仕掛け・・・大ヒット公開中の映画『ラ・ラ・ランド』は、観た後でそれぞれの解釈をおしゃべりしたりリピートしたりと、もう一歩踏み込んだ映画の楽しみ方を提供してくれていますよね。
そこで今回は、まだ鑑賞されていない方には鑑賞がもっと楽しくなる、またすでに鑑賞された方にはさらに理解が深まるシネマトークを開催!ハリウッド映画に造詣の深いジャーナリストの佐藤友紀さんをお招きし、専門家からみた『ラ・ラ・ランド』の魅力や、多くの人は知ることのない国際映画祭でのエピソードや、映画の製作現場の話など盛り沢山でお届けします。洋画全般や、近年再ブームの兆しが見える「ミュージカル映画」に興味のある方も是非お越しください。

※トーク後は、佐藤さんを囲んでのフード&ドリンク付き懇親会をお楽しみいただきます。
定員:限定50名
参加費:会員様3500円/非会員様4000円(税込、フードとアルコールを含むドリンク付)
実施日/時間 4月18日(火) 18:30開場 19:00~21:30
ゲスト:佐藤友紀(ジャーナリスト)

ゲストプロフィール

佐藤 友紀(さとう ゆき)
ジャーナリスト。公私ともにエンターテイメントが大好き。とりわけ映画業界は、20年以上もの間ベネチア、カンヌなどに世界各地の映画祭に通い、取材の際は監督・俳優から指名があることも。映画や舞台、ダンスに造詣が深く、インタビューにおいては独自の視点で鋭く切り込むスタイルに定評がある。
映画『ラ・ラ・ランド』ではプレス用パンフレットに寄稿し、ベネチア国際映画祭で公開された時のエピソードや出演者のこれまでの経歴なども交えたコラムで本作に魅力を添えている。

TOHOシネマズ みゆき座他 大ヒット公開中!
(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
配給:ギャガ/ポニーキャニオン 提供:ポニーキャニオン/ギャガ

映画 『ラ・ラ・ランド』をもっと楽しめるココだけの話 ~しぼりたてシネマトーク!~

歌舞伎レストラン
歌舞伎でお花見!~春の味覚をほろ酔い気分で~

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:0400101(会員様)
イベント番号:0400102(非会員様)
イベント名:カブキ04

開催日:4月17日(月)

コンセプトは歌舞伎をエンターテインメントとして楽しみ、盛り上げる大人の拠点。おくだ健太郎による、劇場空間にはとどまらない解説と、関亜弓の独特な切り口でのお話で、歌舞伎をより身近で刺激的なエンターテインメントにしていきます。
暖かくなり、草花が芽吹く季節、4月。今回は歌舞伎の舞台でも満開の桜を楽しめる『吉野山』や、お花見に欠かせない“お酒”がキーになるお話『魚屋宗五郎』などを取り上げながら、「3rd_PAGEでお花見を」をテーマにお送りします。
シェフがお芝居からインスピレーションを受け、春の素材を使ってお皿の上で繰り広げる、舌で楽しむ歌舞伎もお楽しみに。江戸時代、切符の手配や案内を請け負うほか、食事や社交の場として成り立っていた「芝居茶屋」のようなサロンが青山に誕生します。

*当日は着席でお食事・お飲物をお召し上がり頂きながらトークをお楽しみいただきます。

定員:限定50名
参加費:会員様4500円/非会員様5000円(税込、アルコールを含むお飲物、歌舞伎演目マリアージュのお食事付)
実施日/時間:2017年4月17日(月) 18:30開場 19:00~21:30
講師:おくだ健太郎さん(歌舞伎ソムリエ)
関亜弓さん(歌舞伎ライター)


講師プロフィール

おくだ健太郎
1965年名古屋市生まれ。大学入学で上京~渡米生活、そこでのアメリカ人のジャズ研究家との交流をへて、帰国後に歌舞伎に夢中になる。旧歌舞伎座の立ち見席に通いつめてさまざまな歌舞伎の演目、役者にしたしみ、大向こう(掛け声)にも熱中。大学卒業後、イヤホンガイドの従業員アルバイトをへて、解説者に。その後、メディア、執筆、トーク会「おくだ会」の主催など、歌舞伎を楽しく伝える活動を展開。ウェブサイトhttp://okken.jp/

関亜弓
大学在学中、学習院国劇部(歌舞伎研究会)にての実演をきっかけに研究をはじめ、歌舞伎ライターとして活動を開始。平成二十五年より木ノ下歌舞伎のメンバーとなる。現在は「歌舞伎女子大学」を主宰し、プロデューサー兼俳優として歌舞伎作品をテーマにした演劇作品を上演している。ウェブサイトsekiayumi.com

歌舞伎レストラン<br>歌舞伎でお花見!~春の味覚をほろ酔い気分で~

『レ・ミゼラブル』に秘められたメッセージ
上村由紀子のミュージカルトーク

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:0300401(会員様)
イベント番号:0300402(非会員様)
イベント名:ミュージカル01

演劇ライター&ラジオDJとして活躍中の上村由紀子さんを案内人に、ミュージカルの魅力に迫るトークイベントを開催します。
ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』。1985年にロンドンで初演され、2012年にはヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウらが出演した映画も大ヒット。世界中に一大『レミゼ』ブームを巻き起こしました。日本でも今年、上演30周年を迎える本作は、多くの観客に愛され、アツい支持を得ています。ひとりの俳優が何役も演じる構成や、楽曲に隠された秘密、オリジナル演出と新演出の違いなど、観れば観るほどその世界の虜になる『レ・ミゼラブル』。5月の帝国劇場での開幕に向けて『レミゼ』の魅力を改めて深掘りしてみませんか?
今回は、日本版『レ・ミゼラブル』で主役ジャン・バルジャンおよびジャベールという対照的な二役を演じる吉原光夫さんをゲストにお招きし、本作がこれほどまでに愛される理由、出演者から見た作品の見どころ、そして気になるお稽古の様子などをこっそり教えていただきます。
多くの人気作品で主演を務め、トークの名手としても有名な吉原光夫さんと、心に残るインタビュー記事が人気の上村由紀子さんの深く濃いかけ合いにもご期待ください!
※トーク後は、上村さんを囲んでのディナー付き懇親会をお楽しみいただけます。

定員:限定50名 ※3rd_PAGE会員様ご優先でのお申込み受付となります。
セミナー参加費:会員様4500円/非会員様5000円(税込、お食事とアルコールを含むドリンク付)
実施日/時間 3月29日(水) 18:30開場 19:00~21:30
案内人: 上村 由紀子(演劇ライター&ラジオDJ)
ゲスト: 吉原 光夫(俳優)

上村 由紀子(かみむら ゆきこ)
演劇ライター&ラジオDJ演劇ライター&ラジオDJ
横浜市出身。桐朋学園大学演劇専攻科(修士課程)修了後、蜷川幸雄氏演出の舞台や映像作品に出演。その後、FMラジオ局のDJ、リポーター、TV番組ナレーター等を経て、幼少時からの観劇体験を活かし、演劇ライターに。雑誌、Web媒体でインタビュー記事やコラム等を執筆しつつ、早稲田大学教育学部でゲスト講師としてエンタメ関連の授業も行う。これまでの観劇本数は約3000本、インタビュー人数はのべ300人。TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」案内人として出演。

吉原 光夫(よしはら みつお)
俳優
東京都出身。1999年、劇団四季研究所へ入所。『ライオンキング』、『美女と野獣』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』をはじめ、数多くの劇団作品に出演。
退団後、2009年には自身のカンパニー、Artist Company響人《ひびきびと》を創立し、出演と演出を手がける。響人の主な出演作品に、『橋からの眺め』、『夜の来訪者』、『ダウト』、『オーファンズ~孤児たち~』、演出作品に『お月さまへようこそ』、『わが町』、『楽屋・署名人』、等がある。その他の出演舞台に、『ザ・ビューティフルゲーム』、『メンフィス』、『手紙』等。

『レ・ミゼラブル』に秘められたメッセージ<br>上村由紀子のミュージカルトーク

クロスジャンルトーク『指揮者と演出家の「妙技」を知る』

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:03005(会員様)
イベント名:ブタイ01
開催日:2017年3月23日(木)

舞台上で大勢の演奏者を束ね、作品の世界をつくり上げる指揮者。脚本家、役者、照明、舞台美術、衣装と様々な役割をまとめあげる演出家。公演本番を迎えるまでの「裏側」を覗くことで見えてくるお互いの「技」に共通点や違いはあるのでしょうか?演劇を観続けて35年の雑誌ぴあ元副編集長と、ぴあ株式会社に勤めながらも精力的に活動する指揮者が、お互いの素朴な疑問を投げかけながら共通点・相違点をお客様と一緒に発見していきます。講師の間で生まれるかもしれない刺激的な議論や、こっそりお伝えするここだけのお話なども是非お楽しみください。
「巨匠と呼ばれる方々の凄みはどこにあるのか?」「どうやって個性豊かな大勢の役者、奏者をまとめあげているのか?」「今、見頃なのは誰?」。様々な視点で芸術に触れる愉しみを味わってみませんか?
トークイベント終了後には講師と直接お話いただける時間を設けますので、この機会に今まで疑問に思ったこと、もっと深く知りたいことをお話いただけますと幸いです。今後の鑑賞における新しいあなたの「目の付け所」が見つかりますように。

定員:会員様限定10名様 無料ご招待
実施日/時間 3月23日(木)18:30開場 19:00~20:30

講師:戸塚 成 (ぴあ株式会社)
講師:坂入 健司郎(ぴあ株式会社)

講師プロフィール

戸塚 成
1988年ぴあ株式会社入社。Weeklyぴあ編集部演劇担当から副編集長、チケットぴあ演劇部門のチケット仕入営業、演劇・落語の主催興行プロデューサーを経て、現在は、東日本大震災の復興支援業務でイベント制作を担当。80年代終盤から現在に至る演劇のシーンを「ぴあ」という視座から定点観測中。演劇を観続けて35年。年に200本観劇。アートは何でも大好き。演劇界の淀川長治さんになりたい!!

坂入 健司郎
2011年ぴあ株式会社入社。13歳ではじめて指揮台に立ち、2008年より東京ユヴェントス・フィルハーモニー、2016年には川崎室内管弦楽団を結成、現在まで音楽監督を務める。これまで、イェルク・デームス氏、ジェラール・プーレ氏、舘野泉氏など世界的なソリストとの共演や、数多くの日本初演・世界初演の指揮を手がける。MOSTLY CLASSIC誌 2015年8月号の特集「注目の気鋭指揮者」に推挙され、2016年12月には朝日新聞「旬」にてインタビューが掲載された。

クロスジャンルトーク『指揮者と演出家の「妙技」を知る』

スペシャルイベント『名越康文スライドトークvol.1』

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:0300101(懇親会参加)
イベント番号:0300102(懇親会不参加)
イベント名:トーク01

開催日3月18日(土)

TV等幅広くご活躍の精神科医の名越康文先生をお招きし、最新・最深の名越心理学講義として人気の名越式性格分類ゼミ(通信講座版)の2周年と、名越康文メールマガジン「生きるための対話」の7周年を記念した感謝イベントを、3rd_PAGEにて開催いたします。
当日はスライドとともに、2017年を占うここだけのトークをお届け!
講演後は名越先生を囲んだ豪華プレゼント付きの懇親会も開催します。
こちらのイベントに3rd_PAGEの会員様に限り10名無料でご招待いたします。
ぜひ奮ってご参加下さい!
(懇親会にご参加ご希望の方は懇親会費を頂戴いたします)

共催:夜間飛行

定員:限定10名
セミナー参加費:通常4000円のところ3rd_PAGE会員様に限り無料ご招待
懇親会費:2000円(税込、ワンドリンクとお茶菓子付)
実施日/時間:2017年3月18日(土)13:00開場 13:30~16:00 (講演約75分 懇親会約75分)
講師:名越康文氏(精神科医、相愛大学・京都精華大学客員教授)

講師プロフィール

名越康文
1960年、奈良県生まれ。
専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。

著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。

スペシャルイベント『名越康文スライドトークvol.1』

クーリエ・ジャポン×3rd_PAGE 『グローバル時代に楽しむ日本茶の世界』

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号(懇親会参加):0300201
イベント番号(懇親会不参加):0300202
イベント名:ニホンチャ01

開催日:3月8日(水)

昨今世界における注目度が一層増している「日本茶」。トップシェフやクリエーターたちにとどまらずビジネスマンの間でも注目されています。日本茶の中でも日本茶の発祥の地であり歴史ある高級茶として名高い宇治茶。今般は宇治を代表する松北園の代表杉本氏をお迎えし、日本茶の基礎知識やお茶の楽しみ方を学びます。実際に茶器を用い抹茶を点てる体験から、昨今海外で注目されているシェーカー等を用いた抹茶のカジュアルな楽しみ方まで、座学と体験の両方を楽しめる貴重な機会。ぜひ奮ってご参加ください。

※講演後はギャザリングパーティーにて、スピーカーを交えフード&ドリンクをお楽しみ頂きます。

共催:クーリエ・ジャポン

※本イベントは、3rd_PAGE会員様ご優先でのお申込み受付となります。
※お申込みは、3rd_PAGE会員様は当ページのお申込みフォームよりお申込みください。
※非会員様は、以下のサイトよりお申込みください。
http://courrierjapon025.peatix.com

定員:限定10名
セミナー参加費3000円(税込、3rd_PAGE会員またはクーリエ・ジャポン会員、双方の会員は1500円)
※別途ギャザリングパーティー会費2000円(税込)
実施日/時間 3月8日(水)18:30開場 19:00~21:30 (講演約90分、懇親会約60分) 
講師:杉本剛 氏(株式会社松北園茶店代表取締役社長)

講師プロフィール

杉本剛
1968年生まれ。1985年米国留学。1993年立命館大学国際関係学部卒業。1996年京都府立茶業研究所 研究生終了。2011年株式会社松北園茶店代表取締役社長就任。
日本茶インストラクター、日本茶鑑定士、京都府茶協同組合理事、宇治茶商工業協会専務理事。

クーリエ・ジャポン×3rd_PAGE 『グローバル時代に楽しむ日本茶の世界』

パーティー

British Sparkling Night by British Embassy Tokyo
英国スパークリングナイト

本セミナーは受付を終了いたしました。

<駐日英国大使館とのコラボレーションイベントです>

イベント番号:05001
イベント名:エイコク

開催日:5月17日(水)

フランス・シャンパーニュ地方と同じ土壌を持つ、英国のワイナリーで生産される白ワイン、特にスパークリングワインが、世界中で年々評価を高め、大変注目を集めていることをご存知ですか?
このたび、英国ワイン・スピリッツ協会(The Wine and Spirits Trade Association)がワインとクラフトジンの企業を率いての初の訪日が決まり、日本初上陸を含むワインやクラフトジンを、特別に3rd_PAGEにてお披露目頂くこととなりました。
造り手(訪日メーカー)からその魅力についてお話をお聞きいただき、まだ日本ではあまり知られていない全10社(予定)のワインやジンをテイスティングいただくスペシャルイベント。
当日はイギリス料理も各種ご用意致しますので、マリアージュもお楽しみください。
造り手との交流も合わせてお楽しみ頂けるスペシャルな機会、ぜひ奮ってのご参加お待ちしております!

※こちらのセミナーは会員の方以外もご参加いただけます
※会員様ご優先にてお申込受付となります
定員:限定30名
参加費:5000円(税込、ワイン・ジン(日本未発売を含む)、イギリス料理付)
実施日/時間 5月17日(水)18:30開場 19:00~21:00

British Sparkling Night by British Embassy Tokyo <br>英国スパークリングナイト

世界に誇る魅惑の小国 ルクセンブルク大公国 スペシャルナイト

本セミナーは受付を終了いたしました。

スマートでエレガントな欧州小国の魅力




緑あふれる渓谷に囲まれた中世の美しい街並みを有し、市全体が世界文化遺産に登録され「ヨーロッパの宝石」ともいわれるルクセンブルク大公国。また知られざる美食の国として世界中のグルマンが訪れる場所でもあります。フランス・ベルギー・ドイツに囲まれ、各国の影響を受けながらも、国民一人当たりのGDPが世界第1位、居住人口の内45%が外国人であることなどから、クラシックでありながらもコンテンポラリーな一面も持ちあわせ、そのオリジナルでユニークな文化にも魅了されます。

今回は、大使やルクセンブルク古城ホテルのオーナーらをお招きし、小国の魅力をたっぷりと「見て聞いて味わって」いただくスペシャルナイト。日本未発売のルクセンブルクワインや大公家御用達のパティスリー「オーバーバイス」のチョコレートを空輸してご用意、またご当地のレシピに基づき再現したルクセンブルク料理等軽食もお楽しみ頂きます。

定 員:50名
参加費:4000円(税込、ルクセンブルクワイン・ルクセンブルクチョコレート・ルクセンブルク料理等軽食付き)
実施日/時間:9月24日(土) 16:30開場 17:00~19:30
(協力)在日ルクセンブルク大公国大使館、デシーマジャパン株式会社

ゲスト

駐日ルクセンブルク大公国大使:ベアトリス・キルシュ閣下
ルクセンブルク経済省東京貿易事務所:エクゼクティブ・ディレクター 松野 百合子
ルクセンブルク ウルスペルト城(古城レストランホテル):総支配人ヤニック ルース

ゲストプロフィール

ベアトリス・キルシュ閣下
1992年入省、ルクセンブルク外務省開発協力局の多国間協力担当主席、駐英国ルクセンブルク大使館公使参事官などを経て、2014年に駐日大使として来日。ルクセンブルクの皇太子やベッテル総理大臣ら閣僚の来日、安倍総理大臣の訪ルクセンブルクなどの事業に携わる。2015年からは駐韓・駐フィリピン大使も兼任。母国語のルクセンブルク語に加え、ドイツ語、フランス語、英語、スペイン語に堪能。


松野 百合子
ルクセンブルク貿易投資事務所の責任者として、日本・ルクセンブルク間の貿易投資交流促進活動を統括。日本企業の投資誘致とルクセンブルク製品の日本への紹介を行う。外資系広報代理店、米独合弁分析機器メーカーのマーケティングマネージャー、フリーのコミュニケーション・コンサルタントなどを経て、1996 年に在日ルクセンブルク大使館に入所。1999年より経済・広報担当部長、2005年に籍を経済省に移し現職。
http://www.investinluxembourg.jp/

ヤニック ルース
ベルギー・リエージュにて国際商務を学んだ後、2008年に大規模修復を経たシャトー・ドゥルスペルトがホテルとして開業する際、営業マネージャーに就任。様々なアイディアとリーダーシップで郊外にある同ホテルを軌道に乗せることに成功。2012年から総支配人。
http://www.chateau-urspelt.lu/

世界に誇る魅惑の小国 ルクセンブルク大公国 スペシャルナイト
入会のご案内