event

 発見。冒険。

3rd_PAGEでは「知的好奇心を満たすインタラクティブな体験の提供」と
「共通の趣味や嗜好を持つ仲間とのコミュニティづくり」をコンセプトに
大人が愉しめるイベントコンテンツを多数ご提案いたします。
*一部のイベントを除き、3rd_PAGE会員以外の方にもご参加いただけます。

カレンダー

セミナー

東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号:07002
イベント名:ラクゴ01

開催日:7月5日(水)

<東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ>
落語って敷居が高いと思っていませんか?
寄席や独演会で芸を堪能する以外にも、作業中のBGMとしてや、就寝時にお気に入りの落語のCDを聞く方もいれば、自宅に噺家を招いて落語会を開催する方もいて、愉しみ方は人それぞれ自由なんです。

様々な落語の愉しみ方を教えてくれるのが、日本で唯一の演芸専門誌『東京かわら版』の巻頭エセー『落語と私 私と落語』。
毎号、各界の著名人が落語への想いを綴っています。今まで登場された方は、美術家の森村泰昌さん、野球評論家の佐々木信也さん、山下達郎さん、貴乃花親方、細野晴巨さん、藤子不二雄Aさん、高畑勲さん、鳩山由紀夫元衆議院議員、日野皓正さん、小泉今日子さんなどなど豪華な顔ぶれ。

「あの人は落語が好きらしい」という情報を掴んだらすぐに巻頭エセーの執筆依頼に動く『東京かわら版』編集長が、長年見つめ続けた様々な落語の愉しみ方や、落語ブームで盛り上がっている「今」だから体験できる面白さ、落語と意外なジャンルのコラボ事情、気に入る噺家の見つけ方などをたっぷりお届けします。
編集長との交流タイムもありますので、落語談義をしたり、あなたにフィットする噺家を見立ててもらってみては?
巻頭エセーの貴重なバックナンバーを眺めながら、編集長から直々に落語の新たな愉しみ方を聞いてみませんか?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

定員:10名
参加費:1000円(税別)
実施日/時間 7月5日(水) 19:00開場 19:30~21:30
講師:佐藤 友美(東京かわら版編集長)

講師プロフィール

【東京かわら版編集長】佐藤 友美(さとう ともみ)
東京生まれ。浅草の国際劇場の隣で旅館を営んでいた祖母の影響で、幼少時より歌舞伎、相撲、日本舞踊、邦楽などの古典芸能に親しむ。
明治大学文学部仏文学専攻を卒業後、愛読していた日本で唯一の落語専門誌『東京かわら版』編集部にアルバイト入社。後に社員になり、04年より編集長。
趣味は現代美術とコンテンポラリーダンス鑑賞。得意分野は落語と歌舞伎と現代美術。

東京かわら版編集長が見た、十人十色の落語の愉しみ

横浜美術館 館長 逢坂恵理子が語る
「アートとは何か~横浜トリエンナーレの軌跡~」

本セミナーは受付を終了いたしました。

<会員様先着10名様ご招待イベントです>

イベント番号:07001
イベント名:ゲイジュツ01

開催日:7月4日(火)

私達にとって、「芸術(アート)」というのは、憧れもありつつどこか遠い存在かもしれません。
人を感動させ何かを伝え、よりグローバルに世界を変えられる力を秘めたアートを学び、「芸術(アート)とは何か」を知り、普段の生活、仕事、創作活動に活かしてみませんか。
横浜美術館館長の逢坂 恵理子氏に、現代美術の魅了や、横浜で三年に一度行われる現代美術の国際展「横浜トリエンナーレ」の軌跡、その苦労などをお話しいただき、後半は参加者も交えて皆でディスカッションし一緒に考える場になれば幸いです。
どうぞ奮ってご参加お待ちしております!

参加費:会員様先着10名様ご招待(会員同伴者1名様まで無料)
実施日/時間 7月4日 (火) 18:20開場 18:50~21:00
講師:逢坂恵理子(横浜美術館 館長)
主催:クリエイティブな人のための知的教養講座『P』

講師プロフィール

逢坂恵理子
東京都生まれ
学習院大学文学部哲学科卒業 専攻芸術学
国際交流基金、ICA名古屋を経て、1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員、1997年より2006年まで同センター芸術監督。2007年より2009年1月まで森美術館 アーティスティック・ディレクター。2009年4月より横浜美術館館長に就任。
また、1999年第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレで日本部門コーキュレーター、2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナー、2011年第4回横浜トリエンナーレ総合ディレクター、2014年第5回横浜トリエンナーレ組織委員会委員長、2017年第6回横浜トリエンナーレ コ・ディレクターをつとめるなど、多くの現代美術国際展をてがける。

ウェブサイト
横浜美術館 http://yokohama.art.museum/
ヨコハマトリエンナーレ2017 http://www.yokohamatriennale.jp/

横浜美術館 館長 逢坂恵理子が語る <br>「アートとは何か~横浜トリエンナーレの軌跡~」

紳士淑女のための(愛と涙の)観劇ノート
上村由紀子のミュージカルトーク

本セミナーは受付を終了いたしました。

イベント番号(会員様):0700301
イベント番号(非会員様):0700302
イベント名:ミュージカル2

開催日:7月3日(月)

【大好評につき第2弾】
演劇ライター&ラジオDJとして活躍中の上村由紀子さんを案内人に、毎回様々なゲストをお呼びしてミュージカルの魅力をお届けする、深くて豪華なトークイベントを開催します!
今回のゲストは、俳優の柿澤勇人さんです。
若手ながら豊富な舞台経験を持ち、これまでにも数々のミュージカル作品で主演を務めてきた柿澤さんは、今まさにイチ押しの、勢いのある俳優さんと言っても過言ではありません。
そのご活躍をデビュー当時から見つめてきた上村さんが、昨今のミュージカルブームの中でも特に「実力派」と言われる柿澤さんの現在・過去の軌跡、そして6月の富山公演を皮切りに台湾・大阪・東京で上演を控える『デスノート THE MUSICAL』の見どころや裏話に迫ります。
実は上村さんと柿澤さん、作品は違えど、共に演出家・蜷川幸雄さんの舞台経験者なんだとか。これまでのインタビュー取材等でお互いを知る二人の掛け合いにもご期待ください!

※ トーク後は、上村さんを囲んでのビュッフェディナーをお楽しみいただけます。

定員:限定50名
参加費:会員様4500円/非会員様5000円(税込、お食事とアルコールを含むドリンク付)
実施日/時間 7月3日(月)18:30開場 19:00~21:30
案内人 上村 由紀子(演劇ライター&ラジオDJ)
ゲスト 柿澤 勇人(俳優)

案内人プロフィール

上村 由紀子(かみむら ゆきこ)
演劇ライター&ラジオDJ
横浜市出身。桐朋学園大学演劇専攻科修了後、蜷川幸雄氏演出の舞台や映像作品に出演。ラジオDJ、TV番組ナレーター等を経て、幼少時からの観劇体験を活かし、演劇ライターに。雑誌、Web媒体で執筆しつつ、早稲田大学教育学部でゲスト講師として授業も行う。これまでの観劇本数は約3000本、インタビュー人数は300人以上。TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」案内人、TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』出演。Twitter:makigami_p

ゲストプロフィール

柿澤 勇人(かきざわ はやと)
俳優
神奈川県出身。2007年 劇団四季に入団し、同年『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。その後、同劇団『人間になりたがった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』で立て続けに主演を務めた。
2009年に同劇団を退団後は、舞台・ドラマ・ 映画を中心に活躍。近年の主な作品に、舞台『紳士のための愛と殺人の手引き』『フランケンシュタイン』『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯』『サンセット大通り』『スリル・ミー』『ロミオ&ジュリエット』『スウィーニー・トッド』『海辺のカフカ』、ドラマ「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」「デザイナーベイビー」(NHK)、「新・刑事吉永誠一」(TX)、大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)、映画「明烏」「クローズ EXPLODE」「カイジ 2」等がある。今年6月からは再演となる舞台『デスノート THE MUSICAL』で主役の夜神月をWキャストで演じている。

紳士淑女のための(愛と涙の)観劇ノート<br>上村由紀子のミュージカルトーク

パーティー

British Sparkling Night by British Embassy Tokyo
英国スパークリングナイト

本セミナーは受付を終了いたしました。

<駐日英国大使館とのコラボレーションイベントです>

イベント番号:05001
イベント名:エイコク

開催日:5月17日(水)

フランス・シャンパーニュ地方と同じ土壌を持つ、英国のワイナリーで生産される白ワイン、特にスパークリングワインが、世界中で年々評価を高め、大変注目を集めていることをご存知ですか?
このたび、英国ワイン・スピリッツ協会(The Wine and Spirits Trade Association)がワインとクラフトジンの企業を率いての初の訪日が決まり、日本初上陸を含むワインやクラフトジンを、特別に3rd_PAGEにてお披露目頂くこととなりました。
造り手(訪日メーカー)からその魅力についてお話をお聞きいただき、まだ日本ではあまり知られていない全10社(予定)のワインやジンをテイスティングいただくスペシャルイベント。
当日はイギリス料理も各種ご用意致しますので、マリアージュもお楽しみください。
造り手との交流も合わせてお楽しみ頂けるスペシャルな機会、ぜひ奮ってのご参加お待ちしております!

※こちらのセミナーは会員の方以外もご参加いただけます
※会員様ご優先にてお申込受付となります
定員:限定30名
参加費:5000円(税込、ワイン・ジン(日本未発売を含む)、イギリス料理付)
実施日/時間 5月17日(水)18:30開場 19:00~21:00

British Sparkling Night by British Embassy Tokyo <br>英国スパークリングナイト

世界に誇る魅惑の小国 ルクセンブルク大公国 スペシャルナイト

本セミナーは受付を終了いたしました。

スマートでエレガントな欧州小国の魅力




緑あふれる渓谷に囲まれた中世の美しい街並みを有し、市全体が世界文化遺産に登録され「ヨーロッパの宝石」ともいわれるルクセンブルク大公国。また知られざる美食の国として世界中のグルマンが訪れる場所でもあります。フランス・ベルギー・ドイツに囲まれ、各国の影響を受けながらも、国民一人当たりのGDPが世界第1位、居住人口の内45%が外国人であることなどから、クラシックでありながらもコンテンポラリーな一面も持ちあわせ、そのオリジナルでユニークな文化にも魅了されます。

今回は、大使やルクセンブルク古城ホテルのオーナーらをお招きし、小国の魅力をたっぷりと「見て聞いて味わって」いただくスペシャルナイト。日本未発売のルクセンブルクワインや大公家御用達のパティスリー「オーバーバイス」のチョコレートを空輸してご用意、またご当地のレシピに基づき再現したルクセンブルク料理等軽食もお楽しみ頂きます。

定 員:50名
参加費:4000円(税込、ルクセンブルクワイン・ルクセンブルクチョコレート・ルクセンブルク料理等軽食付き)
実施日/時間:9月24日(土) 16:30開場 17:00~19:30
(協力)在日ルクセンブルク大公国大使館、デシーマジャパン株式会社

ゲスト

駐日ルクセンブルク大公国大使:ベアトリス・キルシュ閣下
ルクセンブルク経済省東京貿易事務所:エクゼクティブ・ディレクター 松野 百合子
ルクセンブルク ウルスペルト城(古城レストランホテル):総支配人ヤニック ルース

ゲストプロフィール

ベアトリス・キルシュ閣下
1992年入省、ルクセンブルク外務省開発協力局の多国間協力担当主席、駐英国ルクセンブルク大使館公使参事官などを経て、2014年に駐日大使として来日。ルクセンブルクの皇太子やベッテル総理大臣ら閣僚の来日、安倍総理大臣の訪ルクセンブルクなどの事業に携わる。2015年からは駐韓・駐フィリピン大使も兼任。母国語のルクセンブルク語に加え、ドイツ語、フランス語、英語、スペイン語に堪能。


松野 百合子
ルクセンブルク貿易投資事務所の責任者として、日本・ルクセンブルク間の貿易投資交流促進活動を統括。日本企業の投資誘致とルクセンブルク製品の日本への紹介を行う。外資系広報代理店、米独合弁分析機器メーカーのマーケティングマネージャー、フリーのコミュニケーション・コンサルタントなどを経て、1996 年に在日ルクセンブルク大使館に入所。1999年より経済・広報担当部長、2005年に籍を経済省に移し現職。
http://www.investinluxembourg.jp/

ヤニック ルース
ベルギー・リエージュにて国際商務を学んだ後、2008年に大規模修復を経たシャトー・ドゥルスペルトがホテルとして開業する際、営業マネージャーに就任。様々なアイディアとリーダーシップで郊外にある同ホテルを軌道に乗せることに成功。2012年から総支配人。
http://www.chateau-urspelt.lu/

世界に誇る魅惑の小国 ルクセンブルク大公国 スペシャルナイト

ライブラリー

3rd_PAGEスタッフおすすめの本をご紹介!
こちらのページでは、今後、ライブラリーに置かれた書籍・雑誌から、スタッフが定期的におすすめをご紹介します。たくさんの書籍に囲まれながら皆さまをお待ちしているスタッフの、おすすめの1冊を探しに是非サロンにお越しください。