三越

伊勢丹

Topic 1少しだけ、夏を先取る。涼感漂う“若夏スタイル”

もっと見る

三越伊勢丹のファッション&ライフスタイル情報誌『ISETAN MITSUKOSHI PLAISIR(プレジール)』で
日本の歳時記にちなんだコラム「神森真理子の和こよみよみ」を連載中の神森真理子さんに
“若夏スタイル”について語っていただきました。

神森 真理子さん

ジャパントラディショナルカルチャーラボ(株)代表取締役。
日本文化関連の企画コンサルティング、日本文化を学べる
インターネットスクール「nippon labo」などの事業を展開。
和の商品企画・開発も手がける。

「若夏(わかなつ)」とは、沖縄由来の言葉で「春から初夏にかけての季節」のこと。
一年で一番爽やかですごしやすく、お出かけする機会も増える頃。更衣は6月1日からですが、そろそろ夏支度をはじめる方も多いのではないでしょうか。この季節、身につけたいのは、濃紺、藍、青、緑、白など爽やかさが感じられる色。

伝統的な技法をとりいれた藍染のシャツで爽やかに
軽やかな和のアイテムで涼しげに日差しケアも

5月中旬以降のあたたかい日のカジュアルなシーンには、単衣の着物や夏帯を身につけることもあります。着物の柄では半歩先・一歩先の季節の先取り、季節のうつろいを楽しみます。洋服でも、春の装いに、サンダル・帽子・かごバッグなど、1点だけこだわりの夏物をとり入れると粋です。素材なら麻・ガーゼ・透け感のあるものなどを身に纏い、軽やかに。周囲にさりげなく、夏の足音を感じさせるとともに、
自分自身も春から夏への季節のうつろいを身近に楽しむことができます!

店頭には徐々に浴衣が並ぶ季節に。浴衣のお仕立てをするなら、夏の予定に間に合うよう余裕をもってそろそろ反物を選びはじめたいですね!今年は、昔ながらの伝統的な柄、紺・白の定番色の浴衣を粋に着こなしたいと思っています。日差しがまぶしくなってきたら、夏はもうすぐそこ。紫外線対策も気になる季節。UVカットのストールや帽子、日傘も、少し早いかなと思うくらいのこの時期から使いはじめています。今ほしいのは、着物にも洋服にもしっくりくるシンプルでコンパクトな日傘。


若夏から、装いも心も夏支度、始めませんか?

コンパクトで機能性抜群の日傘は若夏から大活躍
閉じる

Topic 2“新茶の季節を楽しみましょう” 

もっと見る
優雅な香りとまろやかな旨み。新茶は初夏の訪れを感じさせる日本の食文化です。
そんな新茶の心和むおいしさをいっそう引き立ててくれる茶器をご紹介いたします。

~今回は、こちらの急須で新茶を淹れてみました~

萬古焼の窯元「藤総製陶所」と日本茶専門カフェ「表参道 茶茶の間」店主、日本茶ソムリエ和田多 喜氏の共同開発によって作られた急須です。“お茶を淹れる用のふた”と密閉性の高い“冷蔵庫用のふた”をご用意。これからの季節に嬉しい水出し冷茶を作るのにも最適です。

<藤総製陶所>喜び急須 6,264円(陶器/容量約400ml)

上記商品の取り扱い店舗
札三札丸仙三千三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊星三高三松三

“温茶”で楽しむ

温茶を淹れる際、お湯の温度は70~80℃と言われますが、お茶の種類や人によって好みはさまざま。湯呑にお湯を入れ、手で持っていられる熱さを目安にするとよいでしょう。淹れ方のコツは、少しずつ、そっと丁寧に。そして、最後の一滴までしっかりと注ぎきることが何より。

~結晶釉の器で、華やかなお茶の時間を演出します~

花紋のように結晶が花開いた、品のある結晶釉の器は、季節の和菓子やお茶をより一層引き立ててくれます。 来客時のおもてなしにもぴったりです。お皿は菓子皿としてはもちろんのこと、茶托としてもお使いいただけます。和とも洋ともマッチするシンプルなラインで、流行に左右されず長くお使いいただけるのも魅力です。

※写真はイメージです。

陶器の表面に花が咲いたような風景が広がる結晶釉(けっしょうゆう)。結晶釉は焼成時に起こる化学変化によって生まれるため、一つひとつ異なった表情を見せてくれます。

淹れ方

1.沸かしたお湯を湯呑に注ぎ、湯冷ましする。
2.急須に茶葉を入れ、湯冷ましした湯をゆっくり注ぐ。茶葉は1人分で約2~4グラム(茶さじ1杯)が目安。
3.1分~1分30秒ほどおいてから、湯呑に注ぐ。

<寿泉窯>
結晶釉 煎茶碗 各1,674円
(陶器/白・緑・青・橙・桜/約口径8×高さ4.5cm)


結晶釉 菓子皿 各1,836円
(陶器/白・緑・青・橙・桜/約直径12cm)

上記商品の取り扱い店舗
札三札丸仙三千三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊星三高三松三

“冷茶”で楽しむ

新茶を冷茶にして楽しむなら、じっくり時間をかけた氷出しがおすすめ。茶葉に詰まった旨みを丁寧に引き出すことができます。氷は、お茶と同じ地方のミネラルウォーターで作るなど、ちょっとしたこだわりでおいしさがグレードアップします。

~硝子のそば猪口を冷茶グラスとして使ってみるのもおしゃれです~

本来はそば猪口ですが、冷たい緑茶を注いでみたら、緑茶の爽やかさがさらに際立って、初夏の訪れを感じます。硝子のそば猪口は、そばだけでなく、お客さまにお出しするお茶など、おもてなしの食器としても使えるすぐれもの。硝子素材ならではの美しい透明感で、お茶やミネラルウォーター等の清涼感がより引き立ち、和洋共に上質な空間を演出します。

18世紀後半の江戸末期、“そば”は大ブームになります。江戸の街中に多くのそば屋があったという文献も残されていて、まさに今でいうファーストフード店のようなものでした。このそばの流行とともに、そば猪口も日常の器になり、何にでも使いやすい形になっていきました。

※写真はイメージです。

淹れ方

1.急須に茶葉をやや多めに入れる。茶葉は1人分で約4~6グラム(茶さじ山盛り1杯)が目安。
2.冷水を茶葉がひたひたになるほど注いでから、急須いっぱいに氷を入れる。
3.氷が溶けたら、ゆっくり急須をゆすってグラスに注ぐ。

閉じる

PLASIR(プレジール)

『PLASIR(プレジール)』は、大人の女性の美しく豊かなライフスタイルをご提案する情報誌です。
三越伊勢丹がおすすめする、“ちょっと憧れる暮らし”。
衣・食・住すべてのシーンをファッションと考え、旬のアイテム、イベント、歳時記などをお伝えいたします。

※『ISETAN MITSUKOSHI PLASIR』は、伊勢丹アイカード・三越 M CARD・エムアイカード会員の皆さまのための情報誌です。

『WEBエムアイカード会員』のご登録で、カタログ全ページをご覧いただけます。

「ISETAN MITSUKOSHI PLAISIR 4月号」デジタルカタログ期間限定で公開中!

デジタルカタログをご覧いただく場合は、『WEBエムアイカード会員』のご登録が必要となります。

▼『WEBエムアイカード会員』のご登録はこちらから
www.isetan.co.jp/member

about web magazine “mi-mollet”

フリーのエディター/スタイリストとして活躍し、『三越伊勢丹プレジール』で「大草 直子のsalon de mi-mollet “キーワードは45歳”のアイテム選び」 を連載中の大草直子さんが編集長を務める“mi-mollet”。
「明日の私が見つかる!」をテーマに、ファッション・美容・ライフスタイルの情報を毎日お届けするウェブマガジンです。編集長ダイアリー、街角おしゃれスナップ、読者の方の質問にプロが答える「お悩み相談」に加え、亜希さんの連載も。ぜひチェックして!

「mi-mollet(ミモレ)」は、下記よりご覧いただけます。

明日の私が見つかる講談社のWEBマガジン「mi-mollet」 ホームページはこちら >>

※「mi-mollet」のホームページは外部サイトへのリンクとなります。

エディター/スタイリスト
大草 直子さん

Spin off ~番外編~

スタッフのお気に入り♪

4名の制作スタッフによる"SUKI♥"をご紹介。

『プレジール4月号』 “若夏の楽しみ”から、制作スタッフお気に入りのアイテムをご紹介します。
お買物の参考にしてみてはいかがでしょう。

プレジール
ディレクター

Sさんのお気に入り

●プレジール4月号 9ページ“若夏の楽しみ Part1 「若夏」にさらり纏う”より

<BPQC>藍染ガーゼシャツ 各17,280円

♪お気に入りポイント♪check

今号のテーマは「若夏の楽しみ」としましたが、この夏の始まる時期にピッタリなのが、奄美大島でしか行われていない「泥染」という染色技法を用いたブルーのガーゼシャツ。右から、1回藍染、3回藍染、さらに泥をかぶせた泥藍染を施したもの。どのブルーも素敵だけど、自分に一番似合うブルー、今の気分に一番フィットするブルーを選べるのが嬉しいですよね。

 

取り扱い店舗
札丸仙三千三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊星三高三松三

●プレジール4月号 11ページ“若夏の楽しみ Part2
「若夏」を満喫できるアイテムたち”より

<ファビオルスコーニ>
婦人サンダル 20,520円

♪お気に入りポイント♪check

今年の夏に向けて私が狙っているのは、何といってもコルクソールの厚底プラットフォームタイプ! しっかりヒールアップして脚長に見せてくれるのに、プラットフォームだから履き心地はローヒール感覚。そしてコルクならではの軽やかさで歩きやすいという、嬉しいポイントだらけ。こちらのブロンズカラーは、シルバーよりもさらにこなれたおしゃれに仕上げてくれそうなイチ押しアイテムです。

取り扱い店舗
札三札丸仙三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊高三

プレジール
ファッションエディター

Tさんのお気に入り

プレジール ビューティ・
リビング・フードエディター

Tさんのお気に入り

●プレジール4月号 33ページ“端午の節句はお菓子で盛り上がる”より

<藤総製作所>
喜び急須 6,264円

♪お気に入りポイント♪check

春になると、冷たい飲み物が恋しくなりますよね。そんなとき、自家製の水出し冷茶はいかがでしょう。この喜急須は、普通にお茶を淹れるとき用のふたと、密閉性の高い冷蔵庫用の2つのふたが付いているので、温かいお茶も冷茶もつくれちゃう! 冷茶をつくるときは、茶葉を急須に入れて水を注ぎ、冷蔵庫に入れて一晩おくだけ。夜寝る前や、外出前に冷蔵庫に入れておけば、おいしい冷茶に。茶こし部分も陶器でできているので、そのままグラスに注げるのもいいですね。

取り扱い店舗
札三札丸仙三千三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊星三高三松三

●プレジール4月号 26ページ“一緒にえらぼ!母娘タイム充実グッズ”より

<フューチャープラス>
リボンスリッパ 4,320円

♪お気に入りポイント♪check

これまでスリッパに関心を持ったことはなかったのですが、家で長時間履くわけですから、好みや、履き心地って大事だったのだなあと実感しました。このリボンスリッパは脚がすっきり、足元がほっそり見えることころが好き。また中敷きのクッションが疲れを軽減させるので、初夏にかけて控えている梅仕事など、台所でのお籠りにも一役買ってくれそうです。

取り扱い店舗
札三札丸仙三千三伊松伊立伊浦伊府伊相静伊新潟伊星三高三松三

プレジール
エディター

Aさんのお気に入り

※表示価格はすべて税込です。
※店舗によりお取り扱い商品が一部異なる場合がございます。
※数量に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。
※価格表示のない商品は撮影用の小道具です。