ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹のお歳暮の贈答マナー

三越伊勢丹のお歳暮の贈答マナー
お歳暮Q&A

意外と知らないお歳暮の常識。
いざという時に困らない疑問にお答えします。

Q お歳暮とは?

1年の締めくくりに、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちや、ご無沙汰の挨拶を形に表すのがお歳暮です。もともとは、年越しに際して祖先の霊に供え物をした「御魂祭(みたままつり)」の名残とされています。祖先の霊への供え物は、塩鮭、するめ、数の子、塩ぶりなど。魚介類の塩蔵品や干物が一般的で、それらの供え物を両親や親戚、近隣の人に配ったことが、お歳暮の原型となったようです。

Q お歳暮の時期は?

お歳暮は年末の忙しい時期と重ならないよう、12月初旬頃から遅くとも12月25日くらいまでに贈ります。最近では、11月中旬から贈られる方も多いようです。
時機を逃してしまった場合には、年明けの松の内(1月7日まで)に「お年賀」として贈るか、その後、立春を迎えるまでの間に「寒中御伺」として贈るといいでしょう。

Q お歳暮の相場は?

お祝いとは違い、贈り先様に日頃の感謝の気持ちを表すのがお歳暮です。どの相手にどれくらいというのは、おつきあいの度合いで決めるとよいでしょう。一般的には3,000円〜4,000円台程度が相場とされています。あまり高額なものを贈って相手に負担を感じさせないような気配りも必要です。

  • ● 特別にお世話になった方、取引先の会社
    …5,000円~1万円程度
  • ● 上司、両親、仲人など
    ……5,000円前後
  • ● 親戚、同僚、友人など
    ……3,000~4,000円前後
  • ● お稽古ごとの先生、主治医など
    …3,000円前後

お歳暮ナビ

冬の贈り物

  • 三越のお歳暮 2020 冬の贈り物

    三越のお歳暮 冬の贈り物は
    2021年1月15日(金)午前10時まで。

    詳しく見る

  • 伊勢丹のお歳暮 2020 冬の贈り物

    伊勢丹のお歳暮 冬の贈り物は
    2021年1月15日(金)午前10時まで。

    詳しく見る

贈り物のしきたりとマナー

  • 贈り物のしきたりとマナー

    お客さまから日々寄せられる
    数々の疑問のお答えします。

    詳しく見る