ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

その他

偲ぶ会、無宗教式など

最近では無宗教式の葬儀も増えています。亡くなられた方を偲ぶ気持ちを表すことを基本に、主催者からの案内や、一緒に参加する方々の状況と合わせてふるまうとよいでしょう。

しきたりとマナー

無宗教葬でも金子を持参するケースが多く見られます。表書きは、どの宗教でも用いることができる「御霊前」や「御花料」が適しています。会費制の「偲ぶ会」「追悼会」「お別れ会」などの場合は、香典、供物、供花は一切辞退するという場合もあるので、案内状をよく確認することが大切です。

Q&A

    • ホテルで偲ぶ会があり、案内に「平服」と書いてありました。何を着たらいいですか?
    • 「平服」とは普段着のことではなく、略喪服であるダークスーツのことです。男性は白無地のワイシャツと地味なネクタイを着用します。女性は白いインナーは避けましょう。「平服」の案内があるときに喪服で参加するのは避けましょう。

ギフトのご購入はこちらから

  • 【三越オンラインストアでご購入】

  • 【伊勢丹オンラインストアでご購入】