ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

入園・入学・卒業・就職

入園・入学

子どもにとっては希望にあふれている反面、未知の世界へ踏み出す不安に揺れる心もあります。親にとっては晴れがましい出来事ですが、子どもの旅立ちを祝福するとともに、不安や心配を取り除いてあげることも大切。両親や祖父母などが揃って、祝福、激励し、希望を高めてあげましょう。

しきたりとマナー

身内のお祝いであり、贈りものが重複することを避けるためにも、本人や両親の希望を聞いて贈るようにしましょう。カバンや靴など、学校生活に必要なものを贈ることもありますが、学校によっては必要でない場合もあります。大学の入学祝いでは一人暮らしを始めるケースもあります。その場合、希望を聞いた上で生活必需品を贈るのもいいでしょう。

贈り方

  • ●入園・入学祝い

    ◎紅白もろわな結びののし紙

    <表書きの種類>
    御入園祝(幼稚園入園)、御入学祝、ご入学祝、御祝

  • ●進学が決まったとき

    ◎紅白もろわな結びののし紙

    <表書きの種類>
    御進学祝、ご進学祝

  • ●受験に合格したとき

    ◎紅白もろわな結びののし紙

    <表書きの種類>
    合格御祝

相場

祖父母:小学校3万~10万、中学校以降1万~5万、伯父・伯母・叔父・叔母:1万~、その他の親類:5千~、親の友人・知人:5千~。
※単位は円。自分の立場で記しています。

ギフト好適品

  • ・幼稚園入園祝いに適したギフト…お弁当箱、水筒、リュックサック、傘、長靴、通園用レインコート、名入れハンカチ、名入れタオル、靴下、絵本、図鑑、クレヨン、お絵かきノート、鉛筆などの学用品、ミニピアノ
  • ・小学校入学祝いに適したギフト…図鑑、図書カード、子供向けDVD、名入れ鉛筆、クレヨン、ノート、筆箱、鉛筆削り、地球儀、目覚まし時計、名入れタオル、通学向け洋服(制服がない場合)、防犯ベル
  • ・中学・高校の入学祝いに適したギフト…辞書、電子辞書、イニシャル入りボールペン、イニシャル入り万年筆、腕時計、図書カード、パスケース、スポーツバッグ、携帯型デジタル音楽プレーヤー、デジタルカメラ
  • ・大学入学祝いに適したギフト…腕時計、イニシャル入りボールペン、イニシャル入り万年筆、財布、パスケース、システム手帳、パソコン、図書カード、スーツ、ブレザー&スラックス、ワイシャツ、ネクタイ、ワンピース、スカーフ、ネックレス、ハンドバッグ
  • ・独り住まいをする場合…テレビ、小型冷蔵庫、電子レンジ、トースター、電気ポット、コーヒーメーカー、コードレスクリーナー、オーディオ機器、食器セット、寝具

Q&A

    • 会社の上司のお子さんが大学に合格。入学祝いはどうすればよいでしょう?
    • 入学祝いは内輪のお祝いです。仕事関係者の場合は、家族ぐるみのお付き合いでない限り、特にお祝いは必要ないとされています。お祝いを受け取ることで、お返しの心配をさせかねないとも言われます。ただし、贈ってはいけないということではありません。日頃特にお世話になっている方のお子さんなので、感謝の意を含めてお祝いを贈りたいという場合もあります。

卒業と就職

時期が近い卒業と入学・就職の贈り物は、どちらかに対して贈るのが一般的です。通常であれば、卒業祝いは省略し、新たな門出を祝い、未来への希望と応援の気持ちを込めたお祝いを贈ります。実用品や、新たな一歩の記念になるような品がいいでしょう。

しきたりとマナー

卒業祝いと入学・就職祝いは、ある意味セットのようなもの。卒業して就職する前の3月末までを目処に贈りましょう。社会人を意識した身の回りの品、役立つ実用品などがふさわしいとされています。

贈り方

  • ◎紅白もろわな結びののし紙
    ◎紅白ものわな結びの祝儀袋(金子の場合)

    <表書きの種類>
    御就職祝、ご就職祝、ご卒業祝、御祝

相場

祖父母:1万~10万、伯父・伯母・叔父・叔母:1万~、その他の親類:5千~、親の友人・知人:5千~。
※単位は円。自分の立場で記しています。

ギフト好適品

就職祝いに適したギフト…ビジネスバッグ、バッグ、財布、定期入れ、名刺入れ、キーホルダー、システム手帳、印鑑、腕時計、目覚まし時計、スーツ、お仕立て券付きスーツ生地、ワイシャツ、オーダーワイシャツ、ネクタイ、タイタック・タイバー、カフリンクス、スカーフ、ジュエリー、靴、靴下、ズボンプレッサー、マイナスイオンドライヤー、シェーバー、電動歯ブラシ、グルーミングセット、化粧用具、小物入れ

Q&A

    • 「卒業と入学」「卒業と就職」が同じ時期です。どちらを重んじればいいですか?
    • 子どもが義務教育中や、そのまますぐ上の学校に進学するのであれば、入学を重んじることが多いようです。卒業して社会人になるような場合には、新しい世界に進むことに対し、就職祝いとして励ましの気持ちを込めた贈り物をするといいでしょう。