ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

贈り物のマナー

のしと水引

のしは、祝儀袋やのし紙などの右上にある飾りです。“のし”とは“のしあわび”が省略されたもの。かつては、実際にのしあわびを重ねたものを、紙で包んで用いていました。水引は、奉書紙で包んだ贈りものを結ぶためのものです。包みを止めるだけでなく、結び方によって贈り主のこころを表現する役割もあります。

しきたりとマナー

現在では、のしは印刷され略式になっていますが、中央に描かれた黄色い部分が、実際ののしあわびのなごりです。のしは清浄をあらわし、品物と合わせて贈主のこころも表現します。弔事の場合は「生臭物(なまぐさもの)を忌み嫌う」ことから使わず、慶事と一般の贈答のみに使われます。水引も現在では、あらかじめ印刷されたものを使うことが多くなっています。慶事か弔事かなど、場合によって結び方が変わります。

豆知識

“のし”のいわれ/“のし”はのしあわびの略で、その名のとおり「鮑を薄く長くはぎ、引き伸ばして乾かしたもの」です。古来、鮑は貴重な食料で、神事のお供え物として用いられました。日本の贈りもののルーツは、神へのささげものとして新鮮な肴を供えることにあったといわれています。
乾燥した鮑は栄養価が高く、長持ちすることから“保存食”として“不老長寿の印”と重宝がられ、贈答品の代表的なものでした。鮑以外のものが贈答品に用いられるようになっても、鮑は添えられ、それが現在の小さなのしに変化したと考えられます。

水引の結び方/水引の由来は、遣隋使の時代までさかのぼるともいわれています。平安時代にはすでに使われていたという説もありますが、現在も使われている結びが考案されたのは室町時代です。室町期の古文書には“元結”と記されています。
現在使われている結びのうち、江戸時代までは“ま結び”“片わな結び”“もろわな結び”の3種類しかなく“あわび結び”が明治以降に採用された結びです。結び目が複雑にからみ合って容易にほどけないことから、いつまでも末永いお付き合いを願う心を込めて、慶事と弔事の双方に用いられます。結び切り”は結ぶ方法であり、本来の名称は“ま結び”ということになります。“花結び”“蝶結び”と呼ばれている結び方は、本来は“もろわな結び”と呼ばれるものです。