ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

結婚

結婚

自分が選んだ新たな人生の幕開けの晴れがましい日は、大勢の方々から祝福を贈られる日でもあります。これまでお世話になったお礼と、新たな家族とともに歩む「今後もよろしくお願いいたします」の気持ちを込めて、ごあいさつしたいものです。

しきたりとマナー

披露宴に参列してくださった方々には引出物を贈ります。メインの品物に両家の姓が入ったのし紙をつけます。ただし、引出物はあくまで祝宴の主催者がお客さまに贈るお土産が本来の意味です。そのため、相手やご祝儀の額などに関係なく、一律同じものを贈ります。結婚のお祝いのお返しとして、披露宴に出席していない方に贈るのであれば、挙式後1ヵ月以内に内祝を贈ります。披露宴に参列くださった方の中で、特にお礼を贈りたい方がいる場合、新婚旅行のお土産を贈るのもよいでしょう。

贈り方

  • ◎紅白ま結びかあわび結びののし紙

    <表書きの種類>
    内祝、御礼、お礼

    <名入れ>
    新姓名、新姓のみ

Q&A

    • お祝い返しにお茶を贈ってもよいでしょうか?
    • 日本茶、コーヒー、紅茶などは多くの方が愛飲しているものなので結婚祝いのお返しとしても失礼になることはありません。ただし、お茶は弔事のイメージをもたれる方もいるので、その点を考慮しましょう。

ご購入はこちらから

  • 【三越オンラインストアでご購入】

  • 【伊勢丹オンラインストアでご購入】