ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

その他のお祝い

発表会・個展

これまで修練してきたことを公の場で披露するのが発表会や個展の場です。本人にとって記念の日なので、声を掛けられたり招待されたりしたら、喜んで伺いたい出来事であり、手土産などをいただくことも多いでしょう。

しきたりとマナー

お礼の気持ちを表すものなので、原則決まりはありません。ただし、流派などがある習い事の場合、それぞれの流儀などもあるため、先輩や周囲の方々に確認することをおすすめします。

贈り方

  • ◎紅白もろわな結びののし紙
    ◎赤胴ののし紙

    <表書きの種類>
    寿、松の葉、御礼

叙勲・褒章

叙勲や受章をすると、それを知った方々からお祝いのメッセージや品物がいっせいに届くことが多いといわれます。祝ってくださる気持ちに応えて、記念のパーティーなどを開くのもよいでしょう。

しきたりとマナー

お祝いの品をいただいた方へは、受章式が終わったところで挨拶状と記念品を贈るのが一般的です。祝賀パーティーを開く場合は、その席で記念品をお渡しします。お返しは半返しが目安とされ、扇子やふくさ、ふろしき、陶磁器などの記念品に“○○章受章記念・受章年月日・名前(本人のフルネーム)”などの文字入れをして贈るのがおすすめです。電話や祝電をいただいた方には礼状を送りましょう。

贈り方

  • ◎紅白もろわな結びののし紙

    <表書きの種類>
    受章記念、内祝、御礼、叙勲記念、〇章受章記念、〇章受章内祝

ギフト好適品

扇子、ふくさ、ふろしき、陶磁器、漆の丸盆、フォトフレーム、ブックマーカー、紅白最中、かつお節、カステラなどの食品