ご利用ガイドTOPへ戻る

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー三越伊勢丹グループの贈り物のしきたりとマナー

厄年

厄年

数え年で、男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳と、その前後の年3年間は、災難を避けるために厄を払う風習があります。最近はあまり気にしない人もいますが、先人の知恵として気をつけたほうがよい時期といえるでしょう。そのため厄が明けたらお祝いをする風習も残っています。

しきたりとマナー

厄年が終わったときに、親しい方や祈願してくださった方に内祝いを贈ります。日用品や食べ物が一般的です。地域によっては“厄除け=赤”ということから小豆を使ったお菓子が贈られます。

贈り方

  • ◎紅白ま結びののし紙

    <表書きの種類>
    厄除け内祝、内祝