NAMACHEKO/ナマチェコの画像

お気に入り
NAMACHEKO/ナマチェコの画像

取り扱い店舗

(商品の取り扱いは、各店舗にお問い合わせください)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1

上記取り扱い店舗は伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越を表示しております。
その他の店舗についてはお問い合わせください。

NAMACHEKO/ナマチェコ

NAMACHEKO/ナマチェコのブランド紹介画像

<ナマチェコ>はイラクのクルド人自治区で生まれ、スウェーデンで育った兄妹デュオ、ディラン・ルーとレザン・ルーによって2016年に立ち上げられた、ベルギーに生産拠点を持つメンズウェアブランドです。彼らはキルクークでクルド人として生まれ、8歳と4歳の時に両親と共にスウェーデンに移住することとなります。
独学でパターンメイキングを学んだ兄妹の背景には、元来ファッションではなく水道や道路建設などのインフラに関する土木工学を学んできた経験があり、それらは彼らのルーツでもあるクルド自治区の環境がリンクしています。伝統を重んじながらも制限のあるイラクの環境と、それに相反するように個々の自由な独創性を重視するスウェーデンの環境や文化の違いは、彼らが成長していくなかで多くの多角的概念をもたらすこととなります。
「二面性」「文化的アイデンティティ」は<ナマチェコ>の表現する強く揺るがないコアとして、シンプルでありながらも独創性を追求したディテールに落とし込まれて表現されています。
<ナマチェコ>の世界観はアートへの関心も高く、その根底にはあくまで現実社会のリアリティに対する共感と反映にその重点を置きます。社会的環境に対して率直な対話を個々に行うことで彼ら自身のアイデンティティをそこに確立し、次第にコレクションの制作を独自に始めることに繋がりました。兄妹はこれをショートムービーの形式で展示することを決め、パリのマレ地区の小さなギャラリーで展示したものが彼らのファーストコレクションとなりました。このコレクションはパリのセレクトショップThe Broken Armのオーナーの目に留まり、同店での独占販売として最初のローンチを果たすこととなります。
<ナマチェコ>の提案する新しい感性は多くの共感を生み、17秋冬ファーストコレクションから生産では<ラフシモンズ>や<ドリス ヴァン ノッテン>、<シャネル>の生産を行うアントワープのGYSMANS CLOTHING INDUSTRYが担当しています。立ち上げから1年余りという短期間で、現在では世界の厳選されたトップリテイラーのみで展開されています。