<MARLMARL/マールマール>妥協なきものづくりで子どもの成長に寄り添うアイテムを

出産祝いのギフトとして人気の「まあるいスタイ」をはじめ、洗練された印象のアイテムが揃う<MARLMARL/マールマール>。ブランド設立から9年にして、ベビーギフトブランドとして不動の人気を誇り、多くの人から選ばれる理由をデザイナーの本澤明日香さんのお話しから紐解いていきます。


<MARLMARL/マールマール>の商品はこちら

贈る人にも贈られる人にも喜びの連鎖をもたらすギフトを目指して

<マールマール>は、ギフトを通して贈る方、贈られる方のどちらの人も喜んでいただけることがものづくりの基本。贈る方がいいものをプレゼントできたと自信を持て、贈られた方が本当にいいものを手にでき嬉しいと満足をする。そういった喜びの連鎖をつくることに、<マールマール>はとても熱い想いがあります。

お子さんが可愛いものを身に着けていると、親御さんはその姿を見るたびに、そして、周囲の人から褒められるたびに幸せな気持ちになります。また、使いやすさから子育てをサポートできれば、もらってよかったという気持ちが湧いてくることも。<マールマール>のギフトが贈ってくださった方への感謝の気持ちを思い出し、伝えるきっかけになって欲しいからこそ、その喜びの連鎖を紡ぎ出すために必要なデザイン性と機能性を兼ね揃えたものづくりに一切妥協はしません。

デザイナーに許された時間の締め切り直前まで、ミリ単位で何度も修正するということも多々あります。


開発に困難を極めた多機能リュックが売り切れるほどのヒットに

これまでもっとも開発に苦労したのが「BFF+」という多機能ぬいぐるみです。「Best Friend Forever(ずっと友達)」というネーミングの通り、お子さんの成長に寄り添うような機能の豊富さが魅力です。ベビー期にはぬいぐるみとして、よちよち歩きの時期には転倒の衝撃から頭を守るヘッドガードに、左手にはおしゃぶりホルダーもついています。歩けるようになったら肩紐をつけてリュックにもなるのですが、このすべての機能とぬいぐるみとしてのかわいさを両立させることがとにかく大変でした。

なかなか満足できるクマの顔立ちに仕上がらず、最終的には8カ月ほどやり直しを重ねました。あまりに問題が山積みで成功の糸口を見つけ出せず、一時は、上司に白旗を上げたことも。製品撮影の当日まで手縫いで修正をかけ、それを工場に伝えて……と、何度となく繰り返される修正とギリギリの進行で工場の方を困らせることもありましたが、やった甲斐がありました! 仕上がった「BFF+」は、発売直後から品薄状態になる売れ行きで、シグネチャー・アイテムの「まあるいスタイ」に次ぐ、<マールマール>の“顔”として注目を集める存在になっています。



 多機能ぬいぐるみ BFF+ 4 bear almond 7,150円   商品を見る

記憶にも記録にも残る思い出になるタペストリーへの刺繍サービス

<マールマール>ではスタイなどに刺繍での名入れを行っています。名前の入った世界でたったひとつのギフトは特別感があると喜んでいただいています。プレゼントをする段階では、まだベビーの名前がきまっていないこともありますので、伊勢丹新宿店をはじめとする直営店では、刺繍であとから名前を入れるサービスも行っています。

また、現在、大変好評をいただいているのが、3月に発売したタペストリーへの刺繍です。新生児向けの肌着セットに入っている無地のタペストリーには、お名前だけでなく、日付も入れることができるので、アニバーサリー感が満点。肌着を身に着けたベビーとタペストリーを撮影した写真で、贈ってくれた方への喜びと「ありがとう」の気持ちを伝えられることができます。会いたくてもなかなか会えないことも多く、成長を実際に見せる機会が少なくなっている今、タペストリーをきっかけに撮影された写真が離れている人との気持ちをつなぐ架け橋になっているようで、とても嬉しく感じています。



取扱店舗:伊勢丹新宿店 本館6階 マールマール

<MARLMARL/マールマール>の商品はこちら
本澤明日香(ほんざわ あすか)
本澤明日香(ほんざわ あすか)

MARLMARLプロダクトデザイナー。文化服装学院卒業後、アパレルブランドのOEMメーカーにデザイナーとして勤務、その経験を活かしYomに入社。可愛いだけでなく機能性や長く使える工夫を大切にしながら、さまざまな商品開発を手掛けている。

ベビー・子供に関するご相談やサービスについてのご相談は三越伊勢丹リモートショッピングアプリ内チャットにてお問合せください。

この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする