【カタログ請求受付中】
2022ラン活!おすすめ人気ランドセル6選

<br>

2022年度ご入学に向けて、いよいよ「ラン活」が盛り上がってきました。どんなランドセルにしようかなと、具体的に探し始めた方も多いのではないでしょうか。
今回は、ランドセルのスペシャリストである、三越伊勢丹バイヤーの森田が、「まずおすすめしたい!」という6ブランドを厳選しました。いずれも独自の機能性や世界観を持ったブランドです。三越伊勢丹のランドセルカタログにも掲載されているので、4月の販売開始に向けて要チェックです!

6年間使い続けるための品質とデザイン「ロイスター」

6年間使い続けるための品質とデザイン「ロイスター」

ロイスター(Loistar)は、今シーズンで9年目を迎えた、三越伊勢丹のプライベートブランドです。年々お客さまの声を取り入れながらアップデートし、2022年度はベーシックなものからデザイン性の高いものまで幅広いスタイルのランドセルをラインナップしています。
製作は、国内にランドセル専用の自社工場を持つ「榮伸」が手掛けており、6年間の使用に耐えうる丈夫さや使いやすさ、そして飽きのこないデザインにこだわっています。生産工場と直接企画させていただいているので、高い品質にもかかわらず比較的お求めやすい価格も魅力のひとつです。
たとえばこちらの「クラリーノキューブランドセル」は見た目はシンプルで重厚感があり、必要な機能はすべて備わっています。ランドセルの側面にヘリ(凹凸)のないキューブ型で<ロイスター>では多くのモデルでこのキューブ型を採用。外寸はコンパクトだけど、内寸は大きくとれることが特徴です。また重さを気にされる方が多いので、しっかりとした作りながらできるだけ軽量であることも大切にしています。

ベーシックだけど、ディテールで差がつく「トリコテ」

ベーシックだけど、ディテールで差がつく「トリコテ」

トリコテ(TRICOTÉ)は、ニットの素材開発に特徴があり、テキスタイルにこだわったアイテムを展開するライフスタイルブランドです。今回、2022年度ご入学に向けて、初めてランドセルをデザインしていただきました。
ちょうどデザイナーさんのお子さまが小学校に上がるというタイミングだったこともあり、思い入れもひとしおで。たとえばポイントカラーとなる前締めは手間のかかるコバ塗り(革の裁断面をなめらかにコーティング)をしてあったり、波をイメージした刺しゅうが施されていたり、オリジナルの鋲がつけられていたり、かぶせ裏のグラフィックデザインはそれぞれのカラーに合わせられていたりとすごくディテールにこだわって作られています。

センスが光るフレンチスタイル「アニエスベー」

センスが光るフレンチスタイル「アニエスベー」

アニエスベー(agnès b.)は、フレンチ・カジュアルを代表するパリのブランド。そのDNAが、かぶせの裏のボーダー柄や、星型の鋲など、ブランドのアイコン的なモチーフで表現されたキューブ型ランドセルです。ブランドロゴは側面に箔押しされています。三越伊勢丹オリジナルとしては、今回初めてのモデルとなりますが、非常にかわいいデザインに仕上がっているなと感じました。
カラーも絶妙で、通常よく使われる人工皮革のクラリーノではなく、異なるカラーバリエーションを持つ「タフガードライト」を使用。手にとっていただくと、クラリーノに比べてよりマットな質感も感じていただけるはず。一見シンプルなデザインに程よくアクセントを取り入れたランドセルは、ブランドのファンの方はもちろん、そうでない方も使っていただきやすいのではないでしょうか。

 

アクティブ&スポーティなデザイン「クロスター」

アクティブ&スポーティなデザイン「クロスター」

クロスター(CROSTER)は、もともとアウトドアのバッグなどを作っているメーカーにルーツを持ち、百貨店向けのランドセルを手掛けています。それらのノウハウを活かし、他のメーカーとはひと味ちがったランドセルをデザインしているブランドです。
三越伊勢丹オリジナルの「クラッチカラーランドセル」も、そんな<クロスター>らしいこだわりが詰まったランドセルです。最大の特徴は素材感にあるのですが、これは実際に見てもらわないとなかなか伝わりませんね。人工皮革に特殊な表面加工を施し、まるでジャージーのウェットスーツ素材のようにざらりとした手ざわりと光沢感があって、すごく傷が目立ちにくいのです。特に男の子に人気の高いブラックをベースに、かぶせの裏側は小マチと同色のカラーを取り入れました。サイドから見える小マチのカラーがアクセントになっています。

 

日本のランドセルメーカーの草分け「大峽製鞄」

日本のランドセルメーカーの草分け「大峽製鞄」

大峽製鞄(オオバセイホウ)は、1935年創業と日本のランドセルメーカーの草分け的な存在で、私立、国立の多くのランドセルを手掛けてきました。職人による手縫いが多く取り入れられ、しっかりとした強度が特徴です。デザインはあえてクラシカルに残されており、通常は昔ながらの「ベーシック型」で作られていますが、三越伊勢丹オリジナルではコンパクトかつ容量が大きい「キューブ型」も作っていただきました。
素材へのこだわりも強く、コードバン、ヨーロピアンカーフ、牛革、クラリーノといずれも選りすぐりの素材を幅広くラインナップ。他のブランドではクラリーノのランドセルが主流ですが、<大峽製鞄>では牛革をはじめとした天然皮革が人気を集めています。中でもコードバンは最も高価であり、6年間状態が良く使用できるということが一番の魅力です。

 

時代をこえるクラシックなデザイン「五十嵐製作所」

時代をこえるクラシックなデザイン「五十嵐製作所」

五十嵐製作所(イガラシセイサクショ)は、1948年創業と、こちらも老舗のランドセルメーカーです。東京・浅草を拠点に、手間ひまを惜しまない手しごとにこだわって作られています。いまのランドセルは比較的丸みをおびたデザインが主流ですが、昔ながらの端正なカタチは、大人の方には懐かしく、いま見ると新鮮な印象。金具などのパーツもクラシカルなものが採用されていますが、中のポケットはラウンド型で出し入れしやすくなっているなど、細部はより使いやすく進化してます。
牛革も素材を厳選しており、堅牢で発色性に優れた牛革「ビトリア」を使用。美しい牛革はとても貴重なものです。

 

ランドセルカタログのご請求のすすめ

ランドセルカタログのご請求のすすめ

2022年度ご入学に向けた、三越伊勢丹のランドセルカタログ。実は3年ぶりのカタログとなります。
今回改めて感じたのは、オンラインでも商品はご覧いただけるのですが、3世代で一緒にランドセル選びをするときにカタログというのは必要なんだなということ。とくにお子さまに選んでいただく際には、やはりカタログがあるといいですよね。ぜひカタログをご請求いただき、お子さまと一緒にご覧いただけるとうれしいです。

ランドセル選びの第一歩として、三越伊勢丹おすすめのブランドはいかがでしたか? ここでご紹介した以外にもさまざまなブランドが、それぞれ創意工夫をこらしたランドセルを発表しています。三越伊勢丹のランドセルオンラインサイトでは、過去最大の品揃えで皆さまのラン活をサポートします!

 
 

伊勢丹新宿店では、お客さまに安心してお買い物を楽しんでいただけるように、ご来店の他チャット接客サービスとテレビ電話接客サービスのご案内をさせていただきます。

おうちde 伊勢丹forランドセル

ご自宅でテレビ電話(zoomアプリ)を使用して、ランドセル選びのご相談を承ります。テレビ電話を利用できるインターネット環境やデバイスをご用意可能で、ランドセルの選び方について販売員に直接相談したい場合などにおすすめです。(同環境のもと、3世代でテレビ電話によるご相談も承ります。)

利用方法

伊勢丹新宿本店ベビー子供公式LINEをお友達登録

予約ページで会員登録&予約日時選択(質問へのご回答)

公式LINE上で予約の確認、見てみたいポイントなどの事前ヒヤリング(テレビ電話のご案内)

テレビ電話スタート

  • ※事前に伊勢丹新宿本店ベビー子供公式LINEにてご連絡させていただきますので、お申し込みの前に必ずLINEのお友達登録をお願いいたします。
  • ※ご予約前に、テレビ電話が可能なインターネット環境とデバイスのご用意・ご確認をお願いいたします。
  • ※事前にお使いのデバイスにzoomアプリのダウンロードをお願いいたします。
  • ※ご利用にあたっての通信費はお客様のご負担となります。
  • ※ご予約時間に10分以上遅れた場合はキャンセルとさせていただきます。
  • ※ご利用時間は40分間となります。ご延長はできませんので、お時間内でご検討頂きますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。
 

伊勢丹新宿店Baby&Kids公式LINE

森田浩二
森田浩二
クロージング&アクセサリーⅠ マーチャンダイザー
2008年入社以来、子供の領域で販売から売場責任者、バイヤーを担当。現在はランドセルの商品開発を中心にイベントやプロモーションの企画に携わる。休日は時間があれば登山を楽しむなど、自然と触れ合うのが趣味。
この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする