水のソムリエが指南! 美容と健康をサポートする
水の飲み方・選び方【中級編】

水のソムリエが指南! 美容と健康をサポートする水の飲み方・選び方【中級編】

健康あってこその毎日。食には気を配っていても、水には無頓着だったりしますよね。「水を飲む」、そんな日常に不可欠な行為を、今見直してみませんか?【初級編】に引き続き、“水のソムリエ”山中亜希さんにご登場いただき、今回はお料理の用途例も詳しくうかがいました。
“水のキホン”をご紹介した【初級編】はコチラから

Q. 女性はとくに白湯を飲むとよいと聞きますが、
白湯に適した水はありますか?

「ズバリ、軟水です! 白湯は一度沸騰したものを冷ますということなので、硬水を沸騰させた場合、せっかく水に含まれているミネラルが沈殿してしまい吸収しづらくなってしまいます。カラダに悪いわけではないですが、使うのは軟水がいいと思います。

ちなみに日本の水道水もほとんどが軟水なので、水道水を白湯にしてもいいとは思いますが、その場合は一度浄水器にかけてから沸騰させた方がいいと思います。

ちなみに硬水の場合は、沸騰させずに40度~50度ほどに温めて飲めばミネラルも同時に摂取できます」

まろやかな味わいで飲みやすい
九州大学との共同研究で天然の抗酸化物質が確認された鹿児島県の天然水。鹿児島の桜島・高隈山地エリアで湧き出る自噴温泉水をそのまま封入しました。飲みやすい超軟水で、ほのかに甘みが感じられます。

<アクアセレクション>
トロロックス 天然抗酸化水

<アクアセレクション>トロロックス 天然抗酸化水 227円(500ml)
□伊勢丹新宿店本館 地下2階 ビューティアポセカリー

商品を見る

Q. 炭酸水もブームですが、食前、食中、いずれの水も、どんなことに気をつけて飲んだらいいですか?

「炭酸水は胃酸を出やすくするので、食前や食事中に飲んでも問題ありません。食前なら10分前までに。ただ、飲みすぎは逆効果なのでコップ一杯程度にしましょう。

スープやおみそ汁などの汁物がある場合は、無理して水を飲む必要はありませんが、水分が少ない食事の場合は、水を飲むことで嚥下や吸収を助けることになるので、食中に一緒に飲むとよいでしょう」

すっきりおいしい炭酸水
フランス中部ロワール地方で採水される炭酸水。ほどよい炭酸の強さで、爽やかな口あたりです。クセが少なく、炭酸水に慣れていない人にも飲みやすい味。

<アクアセレクション>
サンブノワ(炭酸入り)

<アクアセレクション> サンブノワ(炭酸入り) 152円(500ml)
□伊勢丹新宿店本館 地下2階 ビューティアポセカリー

商品を見る

Q. 調理に相性のいい水を教えてください。

「水には、ものを溶かしたり抽出したりする性質がありますが、軟水の方が香りやタンニンなどの成分を抽出しやすいという特徴があります。ですので、香りが大事な緑茶やウィスキーの水割りなどは軟水が向いています。 ただ蒸留水など硬度ゼロの水だと香り立ちが少なくなるので、硬度15以上の軟水がおすすめです」

北海道の大自然に育まれたフレッシュな軟水
美容ミネラルともいわれる「シリカ」をはじめ、ミネラル類をバランスよく含んだ天然アルカリイオン水。まろやかな軟水(硬度26.4)だから、和食や緑茶におすすめ。赤ちゃんの粉ミルクの調乳にも安心してお使いいただけます。

<アクアセレクション>
プラスイ

<アクアセレクション> プラスイ 162円(500ml)
□伊勢丹新宿店本館 地下2階 ビューティアポセカリー

商品を見る

お料理ごとにお水を使い分けると、もっとおいしい!

白米を炊く → 軟水
白米を炊く場合もお米に適度な水分が含まれ、もっちりとした味わいになるので軟水がおすすめです。

リゾット・ピラフ → 中硬水
お米の芯を残したいリゾットやピラフは、硬度が200~300ぐらいの中硬水で炊くとよいでしょう。

煮込み → 中硬水
少し硬度が高め(硬度300程度)のものを使った方が、煮崩れしにくくなり、肉のアクが出やすくなります。

パンケーキ → 炭酸水
焼く前の生地に炭酸水を入れると、ふわっと仕上がります。

肉料理の仕込み → 炭酸水
肉を炭酸水に漬け込むと繊維の分解が進み、柔らかくなります。

天ぷら→ 炭酸水
天然の炭酸水が湧く地域では、その炭酸水を使った天ぷらが有名です。衣がサクサクになりますよ。

お弁当のごはん → 炭酸水を少しだけ
お米を炊くときに炭酸水を少し入れておくと、ごはんが冷えても、もっちり感が残るのでお弁当のごはんに使う時におすすめです。ただ、硬度の高い炭酸水だとお米が黄色くなってしまうことがあるので、硬度の低いものを使うといいでしょう。

教えてくれた人

山中亜希(やまなか・あき)

山中亜希(やまなか・あき)
アクアソムリエ。2004年、ミネラルウォーター専門店<AQUA STORE>の立ち上げと同時にイタリアにてアクアソムリエの資格を取得。2008年より、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「AQUADEMIA」を開校し、校長に就任するとともに、「AQUA STORE」のディレクターとしても活動。ミネラルウォーターの正しい知識・情報の普及のために、セミナーや講演、企業へのコンサルティング業務などを行っており、海外からもセミナーの講師として招聘されている。

ビューティアポセカリーでには、思わず飲み比べしたくなりそうな多種多様の水がラインナップ。 上手に選び、使い分けて、健やかな毎日を!

<アクアセレクション>ラインナップはこちら。

この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする