【初心者おすすめ】迷ったらこれ! 伊勢丹で売れている日本酒ランキングを発表

(左から)<愛知/萬乗醸造>醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦、<新潟/八海醸造>八海山 大吟醸、<新潟/宮尾酒造>〆張鶴 純 純米吟醸、<山梨/山梨銘醸>七賢 スパークリング ハーフボトル、<香川/川鶴酒造>讃岐くらうでぃ

日本酒に興味はあるけれど、どうやって選べばよいかわからない…。そんなビギナーのために、伊勢丹オンラインストアの日本酒ランキングをご紹介(ランキング集計期間:2020年2月~2021年2月)。純米大吟醸、大吟醸、純米吟醸、スパークリング、にごり&低アルコールのカテゴリ別に、人気ベスト3の商品を発表します!

さらに、それぞれの日本酒についての解説と売れている人気の秘密を、和酒アシスタントバイヤー渡辺さんに教えてもらいました。

日本酒の人気ランキングをみる
プロが選んだ花見酒5選はこちら

【純米大吟醸】

「純米」とは、醸造アルコールを添加せず、米・米麹・水だけで造ったお酒という意味。「大吟醸」は、精米歩合(お米を表面から磨き、残った割合)が50%以下であることを意味します。精米歩合が低い(=磨きが高い)ほど、雑味の少ないすっきりとした味わいになっていきます。

フルーティな香りでワイングラスに入れて飲むとおいしいアイテムも多く、日本酒のカテゴリの中でもラグジュアリーなのが純米大吟醸。なかでも5,000円以下で買える純米大吟醸ベスト3がこちら!

1位 <愛知/萬乗醸造>醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦

<愛知/萬乗醸造>醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦

<愛知/萬乗醸造>醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦(720ml)2,134円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

ワイン造りがブドウから始まるように、酒造りは米作りから始まると考え、兵庫県黒田庄町に自らの田んぼを構える<愛知/萬乗醸造>。フランスにワイナリーを持ち、ワイン造りの観点を取り入れた日本酒造りを実践している酒蔵です。

「ビロードのようになめらかで、口にしたときにエネルギーを感じられる一本。和食はもちろん洋食にも幅広く合わせられ、ワイングラスでいただくのがおすすめです」(渡辺さん)

2位 <新潟/朝日酒造>久保田 萬寿 純米大吟醸

<新潟/朝日酒造>久保田 萬寿 純米大吟醸(720ml)4,004円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

日本一の酒蔵数を誇る新潟県を代表する<新潟/朝日酒造>。代表銘柄の「久保田 萬寿」は新潟酒らしい淡麗な酒質の中に、洗練された香りと深みのある味わいを備えています。

「とてもやわらかく、ふくらみのある味わいで、華やかな香りとのバランスが見事。キリッと冷やして、魚介の天ぷらや、生ハムを合わせた無花果などとお召し上がりください」(渡辺さん)

3位 <和歌山/平和酒造>紀土 純米大吟醸

<和歌山/平和酒造>紀土 純米大吟醸(720ml)1,540円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

若手蔵元を筆頭に、高いチーム力による酒造りを行う<和歌山/平和酒造>。日本酒だけでなく、クラフトビールや地元の梅を用いた梅酒なども造る、チャレンジ精神豊富な酒蔵です。

「コスパよく、日本酒の入口としてもおすすめしやすいです。フルーティですが旨みもたっぷりなので、チーズとの相性も抜群です」(渡辺さん)

【いまだ大人気!その理由は?】<旭酒造>獺祭 純米大吟醸45

<山口/旭酒造>獺祭 純米大吟醸45

<山口/旭酒造>獺祭 純米大吟醸45(720ml)1,650円(税込) ※販売期間:通年

日本酒を飲んだことがある人なら誰でも一度は聞いたことがある、圧倒的なネームバリューと人気を誇る銘柄「獺祭」。造るお酒はお米を50%以上磨いた「純米大吟醸」のみで、作業工程にしっかりと人が携わり、世界的に評価される安定した酒造りを続けています。

精米歩合によってさまざまな商品がある「獺祭」ですが、初めて飲むなら山田錦を45%まで磨いた「獺祭 純米大吟醸45」を。お米由来の繊細な甘みと華やかな香りが、「純米大吟醸のスタンダード」を教えてくれます。

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

【大吟醸】

「純米」が付かない「大吟醸」は、精米歩合が50%以下であるのに加え、味わいの調整のために醸造アルコールを添加したお酒のこと。純米大吟醸と同じくフルーティでありながら、キリリと引き締まったような印象のお酒も多いカテゴリです。それでは、5,000円以下の大吟醸ベスト3を見ていきましょう!

1位 <新潟/八海醸造>八海山 大吟醸

<新潟/八海醸造>八海山 大吟醸

<新潟/八海醸造>八海山 大吟醸(720ml)4,657円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

新潟らしい淡麗辛口スタイルでありながら味に深みがあり、料理に寄りそう旨みと、飲み飽きしない酒質を備える「八海山」。有名銘柄の一つということもあり、年末年始によく購入されるのだとか。

「口あたりは細かくまろやかで、上品な甘みがほのかに感じられます。まさに『きれいな味わい』と言える一本ですが、食中酒としていただいても料理に負けません」(渡辺さん)

2位 <広島/賀茂鶴酒造>賀茂鶴 特製ゴールド 純金箔入

<広島/賀茂鶴酒造>賀茂鶴 特製ゴールド 純金箔入(720ml)2,750円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

広島県内有数の米どころであり、名のある酒蔵が軒を連ねる西条。<賀茂鶴酒造>は、日本で最初の動力精米機を用い、吟醸、大吟醸酒の醸造技術を確立した歴史ある酒蔵です。

「ゴージャスな見た目で、花びらに象られた金箔が入っているため、お祝い事やギフトにぴったり。優雅な香りと芳醇な味わいを備えた逸品です」(渡辺さん)

3位 <新潟/北雪酒造>北雪 大吟醸 YK35

<新潟/北雪酒造>北雪 大吟醸 YK35(720ml)4,950円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

音楽演奏や超音波の振動を用いた熟製法、遠心分離機といった革新的な手法を用いる佐渡島の酒蔵<北雪酒造>。「YK35」とは、山田錦(Y)と熊本酵母(K)を用い、精米歩合35まで磨いたお酒を意味します。

「長期低温発酵でじっくりと造られた大吟醸。しっかり冷やしてワイングラスに注ぎ、芳醇な香りと深みのある味わいのハーモニーをご堪能ください」(渡辺さん)

【純米吟醸】

「純米吟醸」とは、米・水・米麹のみを使い、精米歩合が60%以下のお酒のこと。純米大吟醸や大吟醸よりもやや落ち着いた、バランスのよい酒質で、価格もリーズナブルなのも魅力です。それでは、2,000円以下で手に入る純米吟醸ベスト3をご紹介しましょう!

1位 <新潟/宮尾酒造>〆張鶴 純 純米吟醸

<新潟/宮尾酒造>〆張鶴 純 純米吟醸

<新潟/宮尾酒造>〆張鶴 純 純米吟醸(720ml)1,650(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

新潟酒のなかでも「淡麗旨口」を掲げる「〆張鶴」。きめ細やかな甘みを持つ軟水の井戸水を用い、スッキリしながらもお米の存在感のある酒質を実現しています。

「優雅な香りと純米ならではのまろやかで旨みのある味わい、スッキリとした後味が特徴です。口あたりがよく、飽きがこない一本で、リピーターの方も多いですね」(渡辺さん)

 

2位 <秋田/齋彌酒造店>雪の茅舎 純米吟醸

<秋田/齋彌酒造店>雪の茅舎 純米吟醸(720ml)1,650円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

個性的で良質な日本酒を生産する酒蔵が群雄割拠する秋田県。<齋彌酒造店>は、由利本荘市に蔵を構え、自社培養酵母と米の磨きにこだわった酒造りをモットーとしています。

「ほどよい香り、ふくよかな旨みと上品なのど越しを持つバランスの取れた味わいが人気。冷酒はもちろん、常温でもお楽しみいただけます」(渡辺さん)

3位 <新潟/青木酒造>鶴齢 純米吟醸

<新潟/青木酒造>鶴齢 純米吟醸(720ml)1,650円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

全国を代表する豪雪地帯である新潟県魚沼地方に位置する<青木酒造>は、同じく「淡麗旨口」派の酒造りを目指しています。

「お米本来の味を重視しながらも、軽くソフトな仕上がりで、飲み飽きしない一本。冷酒や常温もよいですが、ぬる燗まで温めてもおいしいですよ」(渡辺さん)

【日本酒スパークリング】

シュワシュワとしたガス感で飲みやすいスパークリング日本酒。微生物が生きた状態のもろみを瓶詰めした「活性にごり」と、瓶詰めした後のアルコール発酵によるナチュラルなガスを取り込む「瓶内二次発酵」、人工的に炭酸ガスを注入するタイプの3パターンがあります。そんなスパークリング日本酒から、1,000〜2,000円台とリーズナブルなベスト3商品をご紹介します!

1位 <山梨/山梨銘醸>七賢 スパークリング 山ノ霞

<山梨/山梨銘醸>七賢 スパークリング 山ノ霞 ハーフボトル

<山梨/山梨銘醸>七賢 スパークリング 山ノ霞 ハーフボトル(360ml)1,100円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

山梨県白州の名水と正面から向き合い、その魅力を最大限に引き出した酒造りを行う<山梨銘醸>。「七賢 スパークリング 山ノ霞」は、フルーティーな吟醸香が楽しめる瓶内二次発酵酒です。

「もろみを絞る工程で出る滓(おり=細かい米や酵母のような小さい固形物)をあえて残すことで、麹の甘みとまろやかな酸味を実現しています。ハーフサイズで手に取りやすく、プチギフトとしても人気です」(渡辺さん)

2位 <群馬/永井酒造>MIZUBASHO PURE 水芭蕉 ピュア

<群馬/永井酒造>MIZUBASHO PURE 水芭蕉ピュア ハーフボトル(360ml)2,970円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

シリーズ名のとおり、大自然を表現した美しい酒を醸す<群馬/永井酒造>。瓶内二次発酵を取り入れた本格的なスパークリング日本酒です。

「世界のトップシェフから『初めての食感』と絶賛された逸品。チェリーやライチを思わせるアロマがあり、泡はシルキー。前菜や白身魚とペアリングしてみてください」(渡辺さん)

3位 <新潟/八海醸造>八海山 発泡にごり酒

<新潟/八海醸造>八海山 発泡にごり酒(720ml)2,070円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

食中酒として愛される<八海山>のスパークリング日本酒。にごりが入っているためほんのりと甘く、後味はスッキリとした一本です。

「プチプチと弾ける泡が心地よい一本。さわやかな酸味があるため、濃厚な料理やスパイシーな料理、フルーツなどのデザートにも合わせられます」(渡辺さん)

【にごり酒・低アルコール日本酒】

目の粗い袋で搾ることで滓を残したにごり酒は、クリーミーな口あたりと甘みが魅力。また、最近注目が高まっている低アルコールは、水を加えてアルコール分を薄めたり、アルコール発酵を途中で止めたりして製造されています。日本酒に飲み慣れていない人にもおすすめのにごり酒・低アルコールベスト3は、2,000円以下でゲットできます!

1位 <香川/川鶴酒造>讃岐くらうでぃ

<香川/川鶴酒造>讃岐くらうでぃ

<香川/川鶴酒造>讃岐くらうでぃ(720ml)1,320円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

香川名物の「骨付鳥」に合うお酒というコンセプトで生まれたという<香川/川鶴酒造>の「讃岐くらうでぃ」。アルコール度数は6%と、サワーやビールとほとんど変わりません。日本酒とは思えないほどのクリーミーかつ甘酸っぱい味わいで、日本酒が苦手だという人にも好まれる1本です。

「ヨーグルトのような甘みと酸味のあるお酒。バーベキューやエスニック料理、揚げ物など、パンチのある味付けの料理と好相性で、ロックや炭酸割りでも楽しんでいただけます」(渡辺さん)

2位 <南部酒造場>花垣 純米にごり

<福井/南部酒造場>花垣 純米にごり(720ml)1,265円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

純米酒にこだわり、「目の届く量」を丁寧に手作りする<福井/南部酒造場>。「花垣 純米にごり」は、お米の甘みと旨みが光るアルコール度数14%の一本です。

「口あたりは絹のようになめらかなで、やわらかい酸が味わいを引き締めます。飲み頃温度は冷酒からぬる燗まで幅広く、ロックにしたりソーダで割ったりしてもおいしいですよ」(渡辺さん)

3位 <富山/桝田酒造店>満寿泉 Pero

<富山/桝田酒造店>満寿泉 Pero(720ml)1,430円(税込) ※販売期間:通年
※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

商品をみる

高い技術と先駆的な精神で富山県の酒造りを率いる<桝田酒造店>。「満寿泉 Pero」は、「ぺろっ」と飲めることからその名がついたアルコール度数12%の日本酒です。

「さらりと飲みやすく、食後酒としてもお使いいただけます。かわいらしい動物がカラフルに描かれたラベルなので、女性にも大人気のアイテムです」(渡辺さん)

いかがでしたか? バラエティ豊かな日本酒がそろう伊勢丹ですが、売れ筋の人気商品ならそのクオリティは間違いなし。ランキングを参考に、気になったお酒にチャレンジして、自分の好みの味わいを探ってみてください!

日本酒の人気ランキングをみる
プロが選んだ花見酒5選はこちら