【ミツコシ★レストラン探訪】<特別食堂 日本橋>に選べるフレンチが登場!

試食風景

レストラン担当者が実食レポートでお届けする【ミツコシ★レストラン探訪】シリーズ。レポーターは、自称“今の社内で一番、三越のレストランで食べている男”こと、レストラン担当の明内バイヤーです。「<特別食堂 日本橋>の春のオンリー・エムアイメニューのフレンチプレートをご紹介します。外食がしにくくなっている状況の中ご来店くださるお客さまへ感謝をこめて、豪華な食材や名物料理を手軽に楽しんでいただける内容になっております。<東京會舘>の味を楽しむチャンスですよ!」。では、早速レポートへ!

【前菜】食欲を刺激してくれる、フレッシュサーモンのマリネ

ノルウェー産サーモンマリネキャビア添え

まずは前菜の「ノルウェー産サーモンマリネキャビア添え」。「サーモンというとスモークのイメージがありますが、こちらはフレッシュのサーモン。色合いも華やかで春らしい気分が広がりますね」

サーモンマリネを試食

「う〜ん、生だけれどお刺身とはちがって爽やかな酸味がいい!マスタードソースも生クリーム、玉ねぎ、レモンジュースなどが調和して、バランスが見事!キャビアの塩気と合いますね。食べるほどに食欲がわいてきました(笑)」

【スープ】春の旬、ハマグリの旨みをしみじみと

ハマグリのスープ

続いては「ハマグリのスープ」。「ハマグリ!春を感じますね〜。フレンチのスープとしてはめずらしいのではないでしょうか」

スープを試食

「うーん、ハマグリの旨みがきいてる。玉ねぎをスライスしてバターでソテーしたものと、ハマグリの出汁だけでつくられたシンプルなスープですが、優しくも深い味わい。まさに滋味、といった感じです。沁みるなあ〜」

【メイン】ホワイトアスパラ、仔牛フィレ、イセエビがワンプレートに

メインのプレート

そしてメインディッシュ。「クリスマスメニューでも好評だった、サラダ、魚料理、肉料理がワンプレートになったメインディッシュです。 “手軽に短い時間で、でもしっかりおいしいお料理を楽しみたい”という方にぴったりですよ」

メインのプレートを試食

「おお!フレッシュのホワイトアスパラ!春になると一度は食べたい方も多いのではないでしょうか。ボイルの加減もばっちり!うれしいですね〜」

メインのプレートを試食

肉料理は「仔牛フィレ肉のパイ包み焼」。「こちらは<東京會舘>のシグネチャーディッシュのひとつ。本来はフィレを丸々一本で作るのでパーティーでしかお目にかかれないのですが、今回はアレンジして1人前のサイズで楽しめます!」

肉料理を試食

「う〜ん、パイ包みならではの絶妙な火加減!仔牛フィレ肉が柔らかく食べやすいですね。香ばしいパイ皮とソースとの調和もたまらない!」

魚料理を試食

続いては「イセエビのテルミドール」。「こちらも<東京會舘>伝統のメニュー。中の身をカットしてソテーして殻に戻し、モルネソースをかけて焼きあげています。ソースの隠し味にマスタードが入っているのがポイントだそうですよ。」

メインのプレートを試食

「う〜ん、プリプリのイセエビとクリーミーで香ばしいソースがうまい!中の身がカットされているので食べやすいなあ。結婚式などでよく出会うお料理ですが、こうして普段の食事にじっくり味わうのも贅沢でいいですね」

【デザート】花びらを閉じ込めたホワイトピーチのゼリー

デザート

しめくくりのデザートは「ホワイトピーチのゼリー」。「おっ!エディブルフラワー(食用花)を透明なゼリーに閉じ込めて、下には白桃のムースが。目でも春を感じてうきうきしてしまいますね」

デザートを試食

「甘すぎずさっぱりした味わいで、するっと食べられますね!ゼリーとムースは、形が崩れない硬さを保ちつつ、口どけもよいぎりぎりの柔らかさを模索して作っているんだとか。美しさとおいしさを追求する料理人の心づかいが隠れた一皿です」

明内さんと伊藤調理長

実食レポートを終えた明内バイヤー。「ごちそうさまでした!<東京會舘>の味わいがぎゅっとつまった贅沢なコースでした。じつは今回は新しい試みもあるんですよね?」。「はい。お客さまにより自由にお好みのスタイルで楽しんでいただけるよう、デザート以外のお料理は“オードブル+メイン”“スープ+メイン”“メインのみ”も選べるようになっています」と伊藤調理長。なるほど、小食でコース全品だと持て余してしまう方や、お酒と楽しむメニューだけ食べたい方にも嬉しい心づかいです。 「もともとお席がゆったりしている<特別食堂 日本橋>ですが、現在はさらに席数を減らし、安心して過ごしていただけるよう対策しています。ぜひこの機会に<東京會舘>の味を楽しみに来てください!」明内バイヤー、伊藤調理長、ありがとうございました!

<東京會舘>の味を堪能できる「春の伝統フレンチプレート」

春の伝統フレンチプレート

<特別食堂 日本橋>春の伝統フレンチプレート 9,460円(1人前)

※取扱い:日本橋三越本店 本館7階/<特別食堂 日本橋>
[販売期間]2021年3月3日(水)〜2021年3月16日(火)
※フルコースの他、オードブルなし(8,140円)、スープなし(9,240円)、オードブル、スープなし(7,700円) の3パターンもご用意いたしております。

※価格はすべて税込です。
※画像はイメージです。
※記事掲載日時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。また、商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする

関連する特集

もっと見る >