名店の「ぼた餅」「おはぎ」を食べくらべ

ぼた餅 イメージ

今年のお彼岸は3月17日(水)〜3月23日(火)。ご先祖様にお供えする「ぼた餅」「おはぎ」は、小豆の赤い色に魔除けの効果があると信じられ、邪気を払う食べ物とされてきました。冬の寒さが少しずつ和らいでくる頃の風物詩。老舗・名店が他店に負けじと作った「ぼた餅」「おはぎ」を取り揃えました。甘さ、大きさ、香り、食感など、それぞれの個性をぜひ食べくらべてお楽しみください。

道明寺粉の独特の弾力感

<榮太樓總本鋪>おはぎ

<榮太樓總本鋪>おはぎ(こし・つぶし・抹茶・きな粉) 各270円(各1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号C-5
[販売期間]2021年3月16日(火)〜2021年3月23日(火)

江戸菓子らしいしっかりとした甘さ。ふた口で食べきれるようなやや小ぶりなサイズ。餅米の代わりに道明寺粉を使い、独特の弾力感を生んだおはぎです。
※画像はこし・つぶしです。

北海道が生んだおいしさ

<サザエ食品>おはぎ

<サザエ食品>おはぎ(こし・つぶ・きな粉・ごま) 各195円(各1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号C-5

北海道のおいしさを全国に伝える名店<サザエ食品>が十勝産小豆100%にこだわって手作りしたおはぎをご紹介。4種類ともほどよい甘さに仕上げています。

甘さを控えた自然な風味

<京菓子處 鼓月>おはぎ

<京菓子處 鼓月>おはぎ (こし・つぶ・きな粉の詰め合わせ) 648円(1箱)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号B-5
[販売期間]2021年3月17日(水)〜2021年3月23日(火)

国産米を使用した道明寺餅の自然な風味を活かすため、甘さを控えめにした粒餡とこし餡。粘りがつきすぎない、歯切れの良さを大切にして仕上げています。

個性豊かな4種の美味

<菓匠花見>おはぎ

<菓匠花見>おはぎ(こし・つぶ・きな粉・ごま) 各216円(各1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号A-5
[販売期間]2021年3月17日(水)〜2021年3月23日(火)

口の中でさらりと溶ける「こし餡」、甘さの中に豆の風味が感じられる「粒餡」、広がる香りと餡の風味が響き合う「きな粉」「ごま」をご用意しました。

後を引く、ほどよい甘み

<森八>ぼた餅

<森八>ぼた餅(こし・つぶ) 各184円(各1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号A-5
[販売期間]2021年3月17日(水)〜2021年3月20日(土・祝)

こし餡、粒餡ともに<森八>の地元・石川県で収穫されたもち米と能登大納言小豆を贅沢に使用しました。ほどよい甘みが後を引く、やや小さめのぼた餅です。

色とりどりのおはぎ

<KITAYA六人衆>おはぎ彩々

<KITAYA六人衆>おはぎ彩々 1,296円(5個入)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号B-5
[販売期間]2021年3月17日(水)〜2021年3月21日(日)
[販売個数]各日20セット限り

カラフルでかわいらしい見た目に心惹かれるセット「おはぎ彩々」。自家製のこし餡と粒餡、ココナッツやずんだ、ナッツ、花のしぼりなど変わり種のおはぎに古代米「黒米」を使用した数量限定品です。

※価格はすべて税込です。
※記事掲載日時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。また、商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。
※画像はイメージです。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする