【ミツコシ★レストラン探訪】新館地下1階に、トマトメニューがそろい踏み

試食風景

レストラン担当者が実食レポートでお届けする【ミツコシ★レストラン探訪】シリーズ。今回のレポーターはスリムな外見とは裏腹に、わんこそばなら3桁は食べられるという健啖家、アシスタントフロアマネージャー塚本が初登板。日本橋三越本店の食品フロアでは4月上旬、旬を迎えるトマトの食をピックアップしていますが、レストランも連動して一推しトマトグルメをご紹介します。「今回は新館地下1階のレストラン3ショップのメニューを実食します!ばっちりおなかを空かせてきましたよ〜(笑)」。それでは早速レポート、お願いします!

<イータリー>ストラッチャテッラチーズと甘〜いダッテリーノトマトに感激!

スパゲット・イータリー

<イータリー>スパゲット・イータリー 1,980円(1人前)

※取扱い:日本橋三越本店 新館地下1階/イータリー
[販売期間]2021年4月1日(木)〜2021年4月30日(金)

スタートは赤、白、緑の色彩がぐっと食欲をそそるパスタ。イタリアの食文化や伝統を体感できるイタリアンレストラン<イータリー>の一皿です。この3月に改装を終えてリフレッシュオープンしたばかり。メニューは、定番のトマトのパスタに、初めてメイド・イン・ジャパンのフレッシュチーズを合わせたスペシャルな新作です。チーズにフォークを入れた瞬間なんと!

ぐぐっと伸びるチーズ

「見てください!このもっちり感!群馬県の水と緑に恵まれた牧場で、絞りたての牛乳を使い近くの工房で製造しているフレッシュチーズで、日本ではまだ珍しいストラッチャテッラというチーズ。イータリー・ジャパンのチーズ部門で責任者を務めた方が製造に携わっていて、本場イタリアの製造方法を再現しているそうです。わらび餅のような食感とヨーグルトのような乳酸発酵の酸味が特徴なんですよ」と、一口ぱくり。

おいしさを噛みしめる塚本さん

「う〜ん、ボーノ!塩味は薄く、酸味が爽やかなので、トマトソースのパスタと一緒に口に含むととてもマッチしますね。パスタも小麦の旨みがしっかり感じられておいしい!そしてこのごろっと入っているトマトは、ダッテリーノトマトといって南イタリア・チレント原産のトマトで、とっても甘い。シンプルな素材の味わいが引き立っていて、飽きがこない、何回でも食べたいパスタです」

タッテリーノトマトのアップ



<広味坊>トマトで爽やかさを増す酸辣湯麺

トマトの酸辣湯麺

<広味坊>トマトの酸辣湯麺 1,760円(1人前)

※取扱い:日本橋三越本店 新館地下1階/広味坊
[販売期間]2021年4月1日(木)〜2021年4月30日(金)

続いては繊細で独創的な中国料理が人気の<広味坊>のメニュー、酸辣湯麺のスペシャル版。「程よい酸味と辛さがクセになる酸辣湯麺に、キムチを加えてアレンジした期間限定メニューです!」

トマトの酸辣湯麺を試食

「トマトの酸味が加わってすこしマイルドになりますね!キムチの役目がすごく大きい。酸味と辛さをどっちも引き出せています!辛いものが苦手な方でも食べやすいかもしれません」



<たいめいけん>のノスタルジックなチキンライス

<たいめいけん>チキンライス

<たいめいけん>チキンライス 1,760円(1人前)

※取扱い:日本橋三越本店 新館地下1階/たいめいけん
[販売期間]2021年4月1日(木)〜2021年4月30日(金)

ラストは洋食の銘店<たいめいけん>のチキンライス。「たいめいけんと言えばオムライスが名物ですが、今回はあえてチキンライスをご紹介します。実は隠れたファンも多いメニューなんですよ」

チキンライスを試食

「ああ、ほっとするなあ。ケチャップの酸味がとがっていなくて、チキンの旨みとトマトのコク、マッシュルームの風味がとてもバランスがいい。シンプルな食材だからこそ、プロの技でおいしくなるというのがよく分かります。大人にこそ味わっていただきたいチキンライスです!」

塚本さん。実はレストラン担当になったのはごく最近。「大きな声では言えないですが、担当になるまで店内のレストランがこんなにおいしいとは知らなかったです(笑)。長年働いていても、お客さまがご利用される場所なので、そんなに行く機会がなくて。こうして実際に自分が食べて、心から美味しいなあ!と思うので、ぜひまだ利用したことのないお客さまに来ていただきたいです」。塚本さん、ありがとうございました!



※価格はすべて税込です。
※画像はイメージです。
※記事掲載日時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。また、商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。

この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする

関連する特集

もっと見る >