一つひとつに個性アリ。柏餅コレクション

<榮太樓總本鋪>柏餅

5月5日(水)は、端午の節句。その日に欠かせないのが、柏餅です。新しい芽が出るまで古い葉が落ちないことから、「家系が絶えない」として重宝されてきた柏の葉。縁起のよい柏の葉で包んだ柏餅を食べることで、子どもたちの健やかな成長や家系の繁栄を願います。シンプルなようでいて、その素材や風味は各店ごとにさまざま。この時期だけの味わいとして、楽しみにしている人も多いでしょう。そこで今回は、思わず食べ比べたくなる個性豊かな柏餅をピックアップ。おいしい柏餅を頬張って、子どもも大人も、健やかに過ごしていきましょう。

二度蒸しの、歯ごたえともっちり感

<KITAYA六人衆>柏餅

<KITAYA六人衆>柏餅 195円(1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号B-5
[販売期間] 2021年4月13日(火)〜2021年5月5日(水・祝)

きめ細やかな上用粉と、北海道産の大粒小豆を使用した柏餅。もっちりした食感と、生の柏葉のかぐわしい香りが楽しめます。二度蒸しならではの、しっかりとした歯ごたえもポイント。「こしあん」「つぶあん」「みそあん」の3種類で登場です。

ブランド米による上新粉を使用

<森八>柏餅

<森八>柏餅 206円(1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号A-5
[販売期間]2021年4月16日(金)〜2021年5月5日(水・祝)

<森八>の柏餅は、石川県の豊かな自然が育んだブランド米「ひゃくまん穀」を用いた上新粉を使用。北海道産小豆を使った「こしあん」と、味噌を加えた「みそあん」の2種類です。こだわりの素材が生み出す上品なおいしさを、ぜひ味わって。

歯切れよく、やわらかな食感

<宗家 源 吉兆庵>柏餅

<宗家 源 吉兆庵>柏餅195円(1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号A-6横
[販売期間]2021年4月13日(火)〜2021年5月5日(水・祝)

<宗家 源 吉兆庵>の柏餅は、甘さ控えめの「こしあん」と、風味豊かな「つぶあん」の2種類。「こしあん」は歯切れのよいやわらかな食感の生地、「つぶあん」はよもぎを練りこんだ香り高い生地が魅力です。丁寧に仕上げたふたつの味わいを、ぜひ食べ比べてみてください。

国産の上新粉が生む、上品なコシ

<菓匠花見>柏餅

<菓匠花見>柏餅 216円(1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号A-5
[販売期間]2021年4月13日(火)〜2021年5月5日(水・祝)

<菓匠花見>の柏餅は、国産の上新粉を使用した歯切れのよい生地が特徴。上品でさらりとした口当たりの「こしあん」、生地によもぎを使った味わい豊かな「つぶあん」、塩気と甘みのバランスが絶妙な白味噌ベースの「みそあん」の3種類が楽しめます。

ハレの日にふさわしい、3種の味わい

<榮太樓總本鋪>柏餅(こし・小倉・味噌)

<榮太樓總本鋪>柏餅(こし・小倉・味噌) 各303円(各1個)

※取扱い:日本橋三越本店 本館地下1階/柱番号C-5
[販売期間]2021年4月15日(木)〜2021年5月5日(水・祝)

文政元年(1818年)創業の<榮太樓總本鋪>からは、口当たりなめらかな「こし」、餅によもぎを練りこんだ「小倉」、白あんに味噌を加えた「味噌」の3種が登場。伝統ある豊かな味わいとともに、端午の節句を晴れやかに楽しんでください。

今回ご紹介したのは、柏餅コレクションのほんの一部。店頭では<鶴屋𠮷信><とらや><たねや><サザエ食品>にも柏餅が登場します。生地や餡の多彩な組み合わせを楽しみながら、ぜひお好みの味わいに出会ってくださいね。

 
端午の節句にぴったりのかわいらしいお菓子はこちら

※価格はすべて税込です。
※記事掲載日時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。また、商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。
※画像はイメージです。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする