[菓遊庵:旬歳時記]中秋の名月

[菓遊庵:旬歳時記]中秋の名月のメインビジュアル

9月21日は「中秋の名月」。中秋とは、文字通り秋の半ばを意味し、名月とは、その日の満月のことです。日本では明治初頭まで、カレンダーは月の満ち欠けを基準にした太陰暦でした。そのため、毎月1日の新月から月が満ちて15日は満月になります。これが十五夜と呼ばれるゆえんでもあります。現在は太陽暦なので、中秋の名月はその年によって月日が変わり、今年は9月21日(火)です。稔りの秋に輝く満月は豊穣の象徴でもあり、収穫した里芋を供えることから「芋名月」とも呼ばれています。現在、一般的に飾られているのは月見団子とすすきの穂。月見団子は里芋と同様のお供え物で、秋に収穫した米を粉にして団子にしたもの。すすきの穂は魔除の力があるとされ、飾ることで無病息災を願います。

三越・伊勢丹各店 食品フロア[菓遊庵] お取扱い店舗

■2021年9月1日(水)~9月21日(火)

日本橋三越本店・銀座三越・札幌三越・仙台三越・名古屋栄三越・星ヶ丘三越・広島三越・高松三越・福岡三越・新潟伊勢丹

※営業日、営業時間は店舗によって異なります。係員にお問い合わせください。

京都<塩芳軒>

京都<塩芳軒>古都の名月の画像
京都<塩芳軒>古都の名月 (15粒) 756円

高さのある箱の蓋を開けると、コロコロと真ん丸な白い和三盆糖が15粒。その蓋を引っ繰り返し、中に入っていた和三盆糖を積み上げて手のひらサイズのかわいらしいお月見団子を模しました。口溶けの良い和三盆糖の風情あるお菓子です。

島根<三英堂>

島根<三英堂>移り月の画像
島根<三英堂>移り月 (1本入/180g) 756円

古来より日本人には独特な月に対する敬愛の気持ちが、名月を待ち焦がれる思いとなっております。月が移ろって満月になる様子を、朝汐羹と錦玉羹の棹菓子に表現いたしました。

東京<塩瀬総本家>

東京<塩瀬総本家>月見饅頭 の画像
東京<塩瀬総本家>月見饅頭 (9個入) 1,404円

塩瀬の代表的な一口サイズの薯蕷饅頭を、中秋の名月にちなんで月見うさぎとすすきのデザインで仕上げました。山芋の皮の食感と甘さを抑えたこし餡のハーモニーをお楽しみください。

京都<俵屋吉富>

京都<俵屋吉富>糖蜜ボンボンの画像
京都<俵屋吉富>糖蜜ボンボン 名月うさぎ (12個入) 972円 

「お月見」をモチーフの糖蜜ボンボン。「満月」「白うさぎ」「桔梗・ススキ」をモチーフに3種類の糖蜜ボンボンをつくりました。

東京<新宿中村屋>

東京<新宿中村屋>月餅 中秋の名月の画像
東京<新宿中村屋>月餅 中秋の名月 562円

胡麻の風味が香る黒胡麻餡で、もちっとした求肥を包んだ月餅にはうさぎが餅をついている絵柄。白胡麻餡でカスタード風味の黄身餡を包んだ月餅には、仲良くお月見をするうさぎの絵柄が入っています。家族や大切な方とお楽しみください。

京都<中村藤𠮷本店>

京都<中村藤𠮷本店>兎菓子の画像
京都<中村藤𠮷本店>兎菓子 (抹茶) 1,404円

抹茶をふんだんに使用した和三盆糖の干菓子、『兎菓子』は宇治に縁があるといわれる、かわいらしい兎の形で、お口の中でふわっととろけます。優しい甘みで、お茶請けにぴったり。

石川<まめや金澤萬久>

石川<まめや金澤萬久>まめやの型ぬきバウムの画像
石川<まめや金澤萬久>まめやの型ぬきバウム お月見うさぎ 594円

型ぬきしながらお召しあがりいただたくバウムクーヘン。ほっくりとした栗がほのかに香る平焼きバウム。切りぬきに沿ってそっと型ぬきすると、四角いバウムクーヘンの中から月を見上げるうさぎの親子が登場します。