シャンパーニュの祭典 - NOËL À LA MODE
【NM】大手ならではのこだわりとストーリーのある生産者

2020年ノエル・ア・ラ・モードは終了しました。
三越伊勢丹オンラインストアでのご注文受付も終了しました。

【NM】大手ならではのこだわりとストーリーのある生産者

NM(Negociant Manipulant/ネゴシアン・マニピュラン)とは農家からブドウを購入しシャンパーニュを造りあげるメゾンのこと。大手のほとんどがNMに属していますが、中でも強いこだわりが感じられる生産者を集めました。

CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD
シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド

CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド

三社のロスチャイルドファミリーが造る夢のようなシャンパーニュ

シャトー・ムートン・ロスチャイルドを有する〈バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド〉、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを有する〈ドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド〉、シャトー・クラークを有し金融業を主に営む〈バロン・エドモン・ド・ロスチャイルド〉と、ボルドーにて最高峰のワインを手掛ける三社のロスチャイルドファミリーが、一家のこれまでの功績と精神的価値を代表するシンボルとして造る夢のようなシャンパーニュです。
ボトルには1822年を起源とするロスチャイルド家の5人の兄弟の団結のシンボルとされる5本の矢が施され、ロスチャイルド家のモットーである調和、誠実、勤勉という銘が刻まれ、バックラベルには各社のオーナーである3名のサインが記載されています。
そのシャンパーニュは、フレッシュさ、純粋さ、フィネスを備え、ブリュット、ロゼ、ブラン・ド・ブランの3つが主要なラインナップです。使用するのは、グラン・クリュ、プルミエ・クリュの中でも選りすぐった畑のブドウのみ。ドザージュは控えめで、果実の純粋さをしっかり味わえ、爽やかな後味に魅了されます。
また熟成期間もすべて3年以上と長期にこだわり、すべての要素の一体感を高めてきめ細やかな泡を生み出しています。

商品一覧を見る

AYALA
アヤラ

AYALA アヤラ

数少ない女性醸造家による「オート・クチュール」なシャンパーニュ造り

エドモンド・アヤラ氏により、グラン・クリュ畑の広がるアイ村に1860年に誕生。150年以上の歴史を持つ、シャンパーニュ地方で最も歴史あるメゾンの一つです。1882年に創立された「グランド・マルク組合」の設立メンバーで、2005年に同じくアイ村で高い評価を得ているボランジェ・ファミリーの所有となってからも、常に人間的な規模の家族経営のメゾンとして、まさにオートクチュールのシャンパーニュ造りを守り続けています。シャンパーニュのメゾンでは数少ない女性のシェフ・ド・カーヴ、カロリーヌ・ラトリヴ氏が女性的なエレガントなタッチを加えています。

商品一覧を見る

Tsarine
ツァリーヌ

Tsarine ツァリーヌ

ロシアの皇帝「ツァー」に敬意を表して造られたシャンパーニュ

300年近い歴史を誇る、ランソン・ボワゼル・シャノワーヌシャンパーニュグループの代表的メゾン〈ツァリーヌ〉。上品で美しく、そして高い品質を常に追い求めるシャンパーニュのブランドであり、フランス人の食卓に欠かせない存在となっています。

商品一覧を見る

PERRIER-JOUET
ペリエ ジュエ

PERRIER-JOUET ペリエ ジュエ

情熱、記憶、直観を併せ持つ、メゾン初の女性醸造責任者

1811年、メゾン ペリエ ジュエはピエール・二コラ・ペリエ氏とローズ・アデル・ジュエ氏の結婚をきっかけに創業されたシャンパーニュ・メゾンです。
〈ペリエ ジュエ〉のシャンパーニュは、シャルドネ本来のエッセンスを紐解く花のような香りと複雑な味わいを持ちます。この名高いメゾンの不朽の伝統は、創立以来たった8名のセラーマスターにより、その技術・技能が継承されています。現セラーマスターのセヴリーヌ・フレルソン氏は、2020年10月に就任。これまで7代目セラーマスターのエルヴェ・デシャン氏が丁寧に育み紡いできたメゾンの伝統を守りながらも、セヴリーヌ・フレルソン氏が生み出す新しいスタイルが、〈ペリエ ジュエ〉の新たなる歴史の1ページを開きます。

商品一覧を見る

MUMM
マム メゾン

MUMM マム メゾン

1827年からの伝統と革新を継承

G.H.マムの物語は、1827年に始まりました。男爵と騎士の家系を持つマムファミリーの始まりは12世紀にまで遡ります。1761年にはすでに、ドイツのケルンにて、オーナーであったピーター・アーノルド・マム氏の名前を社名とする「P.A.マム」として、ワインの製造・販売を手がけており、ライン渓谷に所有する広大な畑で収穫されるブドウを使ってワイン造りを行っていました。
19世紀の初頭、ピーター・アーノルド・マム氏の3人の息子たち―ゴットリーブ氏、ジェイコブス氏、フィリップ氏―は、フランスのシャンパーニュ地方で生産されていた品質の高い発泡性ワインの将来性に注目しました。当時のドイツとフランスは友好関係にあったことから、3人はシャンパーニュ地方に新しく支社を設立したいという強い決意のもと、G.ハウザー氏を長とするオフィスをランスに設立しました。
1827年の創業当初より、常にパートナー企業に対しても高い品質を要求してきたメゾンの姿勢は現在にまで受け継がれています。この精神は、創業者ジョルジュ・エルマン・マム氏がモットーにしていた、最高のシャンパーニュだけを追求する姿勢にも反映されています。

商品一覧を見る

Alfred Gratien
アルフレッド グラシアン

Alfred Gratien アルフレッド グラシアン

匠の手によるシャンパーニュ

1864年創業の老舗ワイナリー。すべてのワインに対し今や希少となった樽発酵、樽熟成をして、マロラクティック発酵を一切行わず、シャンパーニュの伝統的スタイルを貫いています。このスタイルはシャンパーニュ全体でもわずか0.1%程度しかないオートクチュールシャンパーニュです。熟成期間をスタンダードキュヴェでも最低4年間設けることで果実味と酸味、フレーバーのハーモニーを作り出しています。

商品一覧を見る

ANGEL CHAMPAGNE
エンジェルシャンパン

ANGEL CHAMPAGNE エンジェルシャンパン

天使のシャンパーニュ

〈エンジェルシャンパン〉という名前には、「天使のように美しいほどの完成度を追求する」という生産関係者の願いが込められています。数十年の歴史の新進シャンパーニュのひとつでもあります。
優良なピノ・ノワールの産地として名高いモンターニュ・ド・ランスのプルミエ・クリュから丁寧に手摘みされたブドウを使用し、著名な醸造家であるエリザベス・サースレットの厳格な管理のもと、地下30メートルの特別にデザインされた貯蔵室で静かに保管され、ノンヴィンテージのブリュットの場合約30カ月の熟成を経た後に、「力強く個性的でありながらクリーミー」と評される味わいが完成します。
その味わいと印象的なボトルデザインをプロデュースするライアン・プラット氏の協力のもと2017年、日本でも販売を開始。2019年、英国のプロ向けコンクール「ソムリエ・ワイン・アワード」にて出品したシャンパーニュ3種類がすべてゴールドメダルを獲得するなど、日本のみならず世界各国で近年高い評価を受け、急速に注目されています。

商品一覧を見る

Nicolas Maillart
二コラ マイヤール

Nicolas Maillart 二コラ マイヤール

5ツ星生産者に最も近いグローワー

2003年に弱冠26歳にて父ミシェル・マイヤール氏の後を継いで以来、畑ではより自然でテロワールを意識した栽培に切り替えたり、醸造面では設備を一新して小樽の導入など改革を精力的に行っている生産者。本拠地はモンターニュ・ド・ランスのエキュイユ村。シャンパーニュ評論家のリチャード・ジュリン氏は「近い将来、5ツ星生産者になるだろう」と〈二コラ・マイヤール〉 を高く評価しています。

商品一覧を見る

Pommery
ポメリー

Pommery ポメリー

辛口シャンパーニュの先駆者

1836年、シャンパーニュの中心都市ランスに設立された〈ポメリー〉。マダム・ポメリーが1874年にシャンパーニュ史上初のブリュット(辛口)を造り出し、シャンパーニュ最大の醸造元へと発展させます。
地下30m、全長18kmにも及ぶ巨大なカーヴは2015年に世界遺産として登録され、毎年多くの観光客が訪れています。

商品一覧を見る

HEIDSIECK & Co. MONOPOLE
エドシック・モノポール

HEIDSIECK & Co. MONOPOLE エドシック・モノポール

230年をこえる歴史を持つシャンパーニュメゾン

1785年に創業した〈エドシック・モノポール〉は、1777年までその起源をさかのぼることができる歴史あるブランドです。1860年のブルートップ・ドライ・ブリュットのヒットにより、英国のタイタニック号にも正式採用されました。

商品一覧を見る

Vranken Diamant
ディアマン

Vranken Diamant ディアマン

ダイヤモンドの名を冠したプレステージシャンパーニュ

〈ディアマン〉はヴランケンポメリーグループの誇る最高位のプレステージシャンパーニュブランド。最良のブドウのみを使用し、ダイヤモンドのカットをイメージした高級感のあるボトルカットが特徴です。グループの最高醸造責任者ドミニク・ビシャール氏の経験と知識、そして秀でた感性によって生み出されました。

商品一覧を見る

BILLECART SALMON
ビルカール サルモン

BILLECART SALMON ビルカール サルモン

家族経営ならではの少量逸品主義を貫くシャンパーニュ・メゾン

1818年、ニコラ・フランソワ・ビルカール氏と妻であるエリザベス・サルモン氏によってマレイユ・シュル・アイ村に設立。7世代にわたり、良心的な家族経営を続けつつ世界的ブランドとしての地位を確立してきたメゾンです。
「妥協なき品質追求」「独自の手造り製法」「少量逸品主義」がモットーであり、ブドウは自社畑を含む計300ヘクタールの畑から供給されています。キレのいい酸を保つことを特に重視し、畑近くにプレスハウスを設置、収穫後すぐにプレスすることを徹底して行っています。

商品一覧を見る

JEEPER
ジーパー

JEEPER ジーパー

木樽熟成シャルドネがシグニチャーの、モダンで洗練されたシャルドネメゾン

ランス郊外ファヴロル・エ・コエミー村を拠点とするメゾン。年間生産本数は約30万本、樽熟成したシャルドネをシグニチャーとしています。自社畑は50ヘクタールで、うち5%がグラン・クリュ、10%がプルミエ・クリュ。そのサステナブルな環境作りで、フランス農水省の環境価値重視認定(HVE)で最高レベル3に認定されています。
ブランド誕生は1949年。第二次世界大戦当時の当主アルマン氏は従軍するも足を切断する大怪我を負います。畑に行くことができないアルマン氏の窮状を聞きつけたアメリカ軍が、彼に軍払い下げのJeepを贈ったことから〈ジーパー〉が誕生しました。
2009年に現当主のニコラ・デュボア氏が〈ジーパー〉を買収、その後〈シャトー・コス・デストゥルネル〉所有者のミシェル・レィビエ氏も経営に参画。モダンでユニークなブランドの再構築に取り組み、2014年に現在のスタイルが完成。ヨーロッパを皮切りに、海外展開を開始しました。日本では2017年より販売を開始しています。

商品一覧を見る

J. de Telmont
ジ・ド・テルモン

J. de Telmont ジ・ド・テルモン

希少なバックヴィンテージコレクションを有する家族メゾン

1912年、ダムリに設立された家族経営のシャンパーニュメゾン。1923年にパリ農業コンクールで初めて金メダルを獲得して以来数々のコンクールで賞を獲得し、確固たる地位を築いています。1959年にダムリに本拠地を移し、33ヘクタールの自社畑に加えて約40の契約農家と40ヘクタール分の契約を結んでいます。現在ビオロジックもしくはビオデナミの畑に転換中で、2023年から2024年にかけてすべての自社畑をビオロジック、ビオデナミに変更する予定で、契約農家にもビオロジックへの転換を依頼しています。
〈ジ・ド・テルモン〉の特徴は、1区画ごとに分けて収穫し、その後の発酵から熟成までも区画ごとに行うこと。そのこだわりの極みがバックヴィンテージの「エリタージュ・シリーズ」です。エリタージュ・シリーズは基本的に受注生産で6本単位でデゴルジュマン(澱引き)するため時間がかかります。各ヴィンテージには専用のラックがあり、210本まで減ったら販売を中止。残りはメゾンの歴史を伝えるためワイナリーで保管するという、まさにエリタージュ(伝統)の継承です。

商品一覧を見る

R&L Legras
R&L ルグラ

R&L Legras R&L ルグラ

世界のソムリエの心を掴む、熟成感と奥行きのある貫禄の味わい

〈R&L ルグラ〉は200年以上続く由緒あるシャンパーニュの造り手です。充実した醸造設備と伝統的な手法による本物志向のシャンパーニュ造りで知られ、世界各国のトップクラスのホテルやレストランでオンリストされてきました。長年、その生産量の大部分をフランス国内の星付きレストランへ納めていたため、国外に出ることは滅多になく、「プロフェッショナルのためのシャンパーニュ」と呼ばれるなど、非常に高い評価を獲得しています。
2000年からメゾンに参画したジュリアン・バルビエ氏が2005年から当主を務めています。拠点はシャンパーニュにおけるシャルドネの中心地、コート・デ・ブラン最北のシュイィ(グラン・クリュ)。シャルドネの潜在力を生かし新鮮味を基調とした、テロワールを表現するシャンパーニュ造りに徹しています。

商品一覧を見る

Lallier
ラリエ

Lallier ラリエ

緻密かつガストロノミックなシャンパーニュ

1906年にシャンパーニュのアイ村に創業。2004年からは〈ポメリー〉や〈ランソン〉で醸造長を歴任したフランシス・トリボー氏がワイナリーを買い取り、醸造と経営を引継ぎました。マルヌ出身のフランシス氏は、醸造学を首席で修めた才気にあふれる造り手で、すべての工程において彼自身が判断するクオリティの高いワイン造りを自負。グラン・クリュとプルミエ・クリュのピノ・ノワールとシャルドネのみに限定し、質の高さを追求しています。
醸造の拠点は2箇所。長く居を構えるアイ村のセラーと、そこから10kmほど離れたところにある2012年にフランシス氏自らがデザインし、最新設備を整えたコート・デ・ブラン、オジェのセラーです。

商品一覧を見る

Besserat de Bellefon
ベスラ・ド・ベルフォン

Besserat de Bellefon ベスラ・ド・ベルフォン

フランスの文化と伝統に寄り添った、美食家のためのシャンパーニュ

1843年に設立された、歴史あるメゾン。1930年に当時パリで人気のレストランからの要望により「食事すべてを通して楽しめるデリケートで軽やかな泡のシャンパーニュ」を実現させました。
マロラクティック発酵を行わず、独自のフレッシュなスタイルと自然な酸や甘味が熟成の先まで続く、繊細かつ深いシャンパーニュのスタイル。また、リキュール・ド・ティラージュの量を極めて少なくし、一般的なシャンパーニュよりおよそ30%ほど細かくクリーミーな泡に仕上げています。
ルーヴル美術館やオルセー美術館、伝統的なサント・ロペ・クラシック・ヨットレースなどのスポンサーも務め、フランスの文化や生活にフォーカスしたスタイルで注目を集めています。

商品一覧を見る

de Venoge
ドゥ・ヴノージュ

de Venoge ドゥ・ヴノージュ

シャンパーニュ 大通り33番地。いつも新しく、いつまでも美しく

1837年、エペルネに創設。早くからフランス内外の上流社会に溶け込み、19世紀アメリカにも進出。世界初のカラーラベル印刷&“ブラン・ド・ノワール”表記、また他にはないカラフェ型ボトルの採用など、メゾンを特徴づける進取の精神とこだわりが、ワイン造りの哲学としても脈々と受け継がれ、今もすべてのキュヴェは一番搾り果汁のみから造られています。
動画ではメゾン社長による各キュヴェのご紹介のほか、ワインテイスター大越基裕氏がトップキュヴェ「ルイ15世」を試飲。家庭料理とのペアリングもご提案しています。

商品一覧を見る

M.Hostomm
オストム

M.Hostomme オストム

シュイイ村 グラン・クリュを代表するメゾン

コート・デ・ブランの中心に位置するシュイイ村(グラン・クリュ)を拠点とする、4世代続くメゾンです。ブドウ園を守っている、自然に良い影響を与えているメーカーとして認められています。
2017年にはシャンパーニュ若手メーカーのコンクールで優勝。現当主のローラン氏はシュイイのテロワールを伝えることに情熱を傾け、ブルゴーニュ地方の樽を使って、ワインのミネラル感、酸味を守りながら、味わい深いシャンパーニュを造っています。
今回ノエル・ア・ラ・モードのために日本に30本しかない大変稀少なバックヴィンテージ、しかも1900年代最高の年といわれる1995年、1996年を特別に6本ずつご用意しました。

商品一覧を見る

Bauget Jouette
ボジェ・ジュエット

Bauget Jouette ボジェ・ジュエット

17世紀からシャンパンを造り続けてきた歴史ある醸造家

エペルネにあるボジェ・ジュエット社は1822年の設立以前、17世紀からシャンパン造りを家業としてきた歴史のある醸造家です。家族経営ゆえに、手摘みによるブドウの収穫から始まり、醸造・熟成方法にいたるまですべて昔ながらの製造方法が今も頑なに守られています。

商品一覧を見る

Canard-Duchene
カナール デュシェーヌ

Canard-Duchene カナール デュシェーヌ

世界50カ国以上の多くの人々から愛されるグランメゾン

ヴィクトール・カナール氏とレオニー・デュシェーヌ氏の愛が結んだ、両家の名を冠した「マリッジ・シャンパーニュ」。フランス国内ではプレミアム・ブランドとして知られ、世界中のシャンパーニュ愛好家にもその品質を高く評価されています。
年間400万本の生産量は、シャンパーニュの中でトップ10に入ります。フランス国内小売市場販売数ではシェア第2位を誇り、世界50カ国以上で愛されるインターナショナルブランドの一つです。

商品一覧を見る

JACQUESSON
ジャクソン

JACQUESSON ジャクソン

ナポレオンも愛した、リリース毎にセパージュが異なるシャンパーニュ

200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュのアイ村や本拠地のあるディジー村にある自社畑を中心とした52ヘクタールの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出しています。そのシャンパーニュは、ナポレオン皇帝からの寵愛をも獲得、皇帝自身の結婚式にも振舞われたという逸話を持ちます。かのジョセフ・クリュッグ氏は、創業前に〈ジャクソン〉のセラーで修行をした後、自身のメゾンを設立したという歴史もあります。
「ワインはセラーからではなく、畑から生まれる」という考えのもと、栽培責任者は収穫時にはすべての畑をくまなく見て回り、厳しく指示。栽培はリュット・レゾネで、ブドウの根が十分ミネラル分を吸収できるように土壌の手入れを怠りません。醸造においては、現在では珍しい旧式の垂直プレス機を使用し、より繊細でクリアな果汁を得るために丁寧に圧搾されます。自社シャンパーニュのために使用するマストは一番搾りのみ。
世界の頂点を極めたソムリエ達が選ぶ「世界No.1ソムリエが選ぶ2002年度ワイン・ガイド」においてNo.1メゾンの座を射止めて以来、数々の専門誌から高い評価を受けています。

商品一覧を見る

BOIZEL
ボワゼル

BOIZEL ボワゼル

心を満たす「フランスの宝石」

1834年から6世代にわたり受け継がれる、エペルネに位置するメゾン。メゾンの目指すシャンパーニュは「バランス」であり、エレガンスかつ繊細。映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック氏が愛したことでも知られています。

商品一覧を見る

Veuve Fourny &
Fils ヴーヴ・フルニ

Veuve Fourny & Fils ヴーヴ・フルニ

1856年の創業より、プルミエ・クリュだけで造るこだわり

シャンパーニュの聖地ともいわれるコート・ド・ブランのヴェルテュで1856年に設立されたシャンパーニュハウス。現在は5代目となる長男シャルル氏、次男エマニュエル氏、そしてマダム・フルニによって営まれています。
自社畑率75%、30カ所以上の小さな区画を所有し、残り25%は親族、または古くから契約を結ぶ、信頼する農家から調達しています。自社畑、契約畑も含めてすべてが一級指定畑。化学農薬を一切使用しない自然なブドウ栽培を行っています。

商品一覧を見る
こだわりとストーリーのある生産者商品一覧へ NOËL À LA MODE ノエル・ア・ラ・モード TOPへ
この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする