<ザ・コンランショップ>が選ぶ
<カール・ハンセン&サン>特集

<ザ・コンランショップ>が選ぶ<カール・ハンセン&サン>特集のメインビジュアル

デンマークのブランド、<CARL HANSEN&SON/カール・ハンセン&サン>は百年以上に渡り、高い技術とクラフトマンシップ、上質な素材を用い、デニッシュモダンの巨匠や新進の著名デザイナーと協働し、生涯に渡り長く使える、高い品質の家具を生み出してきました。伝統的な作成技術とデニッシュモダンの継承を重視してきた、<カール・ハンセン&サン>のコレクションをご紹介します。

<ザ・コンランショップ>のために作られた革張りの「Yチェア」

デンマークのデザイナー、ハンスJ.ウェグナーの代表作CH24「Yチェア」の、シートがレザーになった<ザ・コンランショップ>別注モデル。滑らかな曲線を描くフレームや特徴的なY字形の背もたれといった、Yチェアを象徴する優美なフォルムはそのままに、シートに上質でしなやかなレザーを採用することで、このチェアにさらなる上品さと落ち着きをプラスしています。<ザ・コンランショップ>別注のYチェアのために選ばれたレザーは、高級感のあるセミアニリン仕上げの牛革で、柔らかな風合いを残しつつ、汚れや摩耗への耐性もあり、ペーパーコードに比べ、お手入れも簡単です。また、シートのカラーは、木製フレームと美しく調和するようにと考え抜かれた五色からお選びいただけます。ペーパーコードのYチェアとは一味違った魅力を持った、<ザ・コンランショップ>だけの特別なコレクション。ダイニングや書斎など、さまざまなシーンにフィットする使い勝手の良さをぜひご体感ください。

シンプル美と機能性を兼ね合わせた
「CH78 チェア」

  • シンプル美と機能性を兼ね合わせた「CH78 チェア」の画像

    カール・ハンセン&サン
    CH78 ママ・ベアチェア オークオイル グリーン
    (幅84×奥行80×高さ106cm 座面の高さ40cm)
    557,700円 商品を見る
    CH78 チェア ファブリッククッション
    (幅36.5×奥行8×高さ12cm)
    24,200円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館5階 ザ・コンランショップ

同じく、ハンスJ.ウェグナーが手掛けた、「CH78」は1954年にデザインされ2020年に<カール・ハンセン&サン>から再び登場しました。彼のデザインした、熊が手を広げているようなアームのラウンジチェアは「ベアチェア」シリーズとして親しまれ、「CH78」は温かみのある曲線の特徴から「ママベア」の愛称で知られています。彫刻のように美しいフォルムの背もたれは、人間工学に基づいたデザインで、ハンスJ.ウェグナーが大切にしてきたシンプルな美と機能性を兼ね合わせています。背中から首まで包み込み、弾力性のあるクッションがしっかりと体を支えてくれるので、プライベートな時間を豊かにしてくれます。

無駄のない美しいデザインで空間に溶け込む「BM1160 ハンティングテーブル」

  • 無駄のない美しいデザインで空間に溶け込む「BM1160 ハンティングテーブル」の画像

    カール・ハンセン&サン
    BM1160 ハンティング テーブル
    ウォルナット オイル ブラス
    (幅210×奥行82×高さ72cm)
    642,400円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館5階 ザ・コンランショップ

「BM1160 ハンティングテーブル」はデンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンが1950年に発表しました。ハンティングロッジをテーマに制作され、野生み溢れる木材のイメージからその名がつけられました。装飾を出来る限り削ぎ落とした無駄のない美しいディテールと、細身な天板、安定感を生み出す二本の支柱は、デモクラティック・デザインの先駆者であるボーエ・モーエンセンならではのデザイン。お部屋に圧迫感を与えず、空間に馴染んでくれます。そして家具職人でもあったボーエ・モーエンセンが細部にもこだわりを見せた、ほぞ継や木製のくさびには高いクラフトマンシップが垣間見えます。

折りたためる機能性と北欧らしいシンプルなデザインが特徴の
「MG501 キューバチェア」

  • 折りたためる機能性と北欧らしいシンプルなデザインが特徴の「MG501 キューバチェア」の画像

    カール・ハンセン&サン
    キューバチェア ナチュラルペーパーコード
    (幅61×奥行79×高さ76cm 座面の高さ39cm)
    133,100円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館5階 ザ・コンランショップ

1997年に発表された「MG501 キューバチェア」はモーテン・グッドラーによるデザイン。シンプルなデザインと、細かいところまで配慮されたディテールの美しさは北欧モダンの伝統が反映されています。程良く体を支えフィットしてくれる背と座面のペーパーコードは、熟年の職人の技がおりなすもの。折りたたんで持ち運べるので、お部屋の定位置だけでなく、別のお部屋や、庭やベランダなどさまざまなシーンで寛げ、場所を問わずリラックスできます。

生活シーンに合わせてフレキシブルに伸長できる「CH002 ダイニングテーブル」

「CH002 ダイニングテーブル」はハンスJ.ウェグナーにより1982年に発表されました。都会のコンパクトな住空間のためにデザインされた伸長式のテーブルは、空間や人数、食事や作業など、さまざまな場面に合わせてフレキシブルに使用できます。おうちで過ごすことが多くなり、お食事以外にリモートワークなどテーブルの活躍が増えた昨今にもおすすめです。ハンスJ.ウェグナーが追求した機能性とシンプル美が反映されたテーブルは、どんなスタイルにもフィットしてくれます。

軽快さと優雅さを兼ね備えた
「OW149 コロニアルチェア」

  • 軽快さと優雅さを兼ね備えた「OW149 コロニアルチェア」の画像

    カール・ハンセン&サン
    OW149 コロニアルチェア
    オーク オイル ブラックレザー
    (幅65×奥行69×高さ85cm 座面の高さ46cm)
    370,700円 商品を見る
    OW149F コロニアルフット スツール
    (幅60×奥行40×高さ46cm)
    205,700円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館5階 ザ・コンランショップ

家具デザイナー、オーレ・ヴァンシャーの代表作「OW149 コロニアルチェア」は1959年に発表されました。美しい曲線と、細いラインのフレームが特徴的なコロニアルチェアは、ミニマリストであり、機能主義者と評価されたオーレ・ヴァンシャーならではのデザイン。後ろ脚を少しカーブさせることにより椅子に安定感と優雅なシルエットを創り上げ、計算された構造のフレームは、華奢なフォルムながらも耐久性に優れています。軽快さと優雅さを兼ね備えたデザインは空間に圧迫感を与えず、上質な空間を演出してくれます。クッションが外せるのでお手入れが容易なのも嬉しいポイント。