今年の母の日は、手元に残る一品を贈ろう。長く楽しめるフラワーギフトをイセタンマートがセレクト【2022年 母の日ギフト】

今年の母の日は、手元に残る一品を贈ろう。長く楽しめるフラワーギフトをイセタンマートがセレクト【2022年 母の日ギフト】メインビジュアル

母の日ギフトの定番といえば真っ赤なカーネーションですが、たまには違うものを贈りたいという人も中にはいるはず。そこで今年の母の日は思いきって、これまでとは違う変化球ギフトを選んでみませんか?

アートな日用品を提案するオンラインショップ「イセタンマート」では、注目の6人の作家にフォーカスして、その作品の中から、母の日ギフトにふさわしい、お花をモチーフにしたアイテムをセレクトします。ずっと手元に残り、使うたび眺めるたびに子どもの思いやりに触れ、お母さんの心を満たしてくれるラインナップです。ギフト選びの参考に、今すぐチェック!

※5月4日(水・祝)以降のご注文につきましては、5月8日(日)の母の日までにお届けできない場合がございます。予めご了承ください。

ファッション好きなお母さんに贈りたい
<文福 Ringo>のブローチ

陶磁器と金属を使ってものづくりをする<文福 Ringo>。作品の多くは、植物や果物、生きものをモチーフとし、その優しさあふれる佇まいに癒やされます。今回は、母の日らしいお花モチーフに加え、春にぴったりの小鳥などのモチーフをあしらったブローチをピックアップ。普段使いのしやすい控えめな大きさで、Tシャツやバッグなどに付けて、いつもの着こなしを簡単にブラッシュアップできます。働くお母さんなら、通勤のジャケットやシャツに飾っても素敵です。

作家からのメッセージ

イヤリングやピアス・ネックレスなど、重さが気になる、着けているだけで疲れてしまうという方にも、軽くて日常に負担なく着用できるブローチなら贈りやすいと思います。私自身も実際に、四つ葉とシロツメ草のブローチを母にプレゼントしました。華やかすぎず、そっと寄り添い彩ってくれるラッキーアイテムの四つ葉が、感謝の気持ちを込めた贈り物にぴったりだと思って選びました。

一点物の味わいを届けたい
<POTTERY STUDIO K>の陶器のお花

神奈川出身の陶器作家・金子 ひとみさんが、移住先の長野にアトリエを構え設立した<POTTERY STUDIO K>。イベントへの出店をはじめ、展示会や個展などにも参加して、幅広く活動するアーティストです。土から形づくり色を施された陶器の作品たちは、一つひとつ表情が異なります。母の日に贈るなら、和装にも合いそうなお花のピアス&イヤリングを。さまざまなお花を組み合わせた陶器のリースは、玄関などに気軽に飾れます。

作家からのメッセージ

お花の好きな母へ贈るギフトは、もちろん生花も良いけれど、想いと共に壁に咲き続けるリースをプレゼントしたいなと思いました。遠方に住んでいる母にはなかなか会いに行けないので、この陶器のリースを贈ることで、『いつでもお母さんを思っているよ』という気持ちも一緒に届けたいです。

感性を刺激する、アーティスティックな
<安原ちひろ>のフラワー雑貨

<安原ちひろ>トートバッグ

イラストレーター・テキスタイルデザイナーとして活動する安原 ちひろさんの作品は、カラフルだけど派手すぎない、ほっこりとした可愛らしいイラストが印象的。どこかノスタルジックなムードを纏っていて、バッグやポーチなどの日用品は、年齢を問わず取り入れられます。日常から頻繁にやりとりのある身近なお母さんにも、贈りやすいプライス感がGOOD◎。アートを嗜むお母さんであれば、お花の絵をプレゼントするのもおすすめです。

作家からのメッセージ

私自身は花好きの母に、一年中いつでも部屋の中で眺めて楽しめる、花の原画を母の日に贈りたいです。 一輪の花を描いた小さな絵なので、毎年一つずつ贈って、数年後には花束のように、作品で部屋を彩ってもらえたら嬉しいなと思っています。皆さんにも、生花店で相手を想いながら花を選ぶように、心にぴったりフィットする一枚を選んでもらえたら嬉しいですね。

温かなメッセージとともに贈る
<kokageya>のフラワーアイテム

  • <コカゲヤ>フラワー雑貨

    <kokageya/コカゲヤ>
    左:A4キャンバスブーケ 17,600円 商品を見る
    右:木のプレートリース 10,450円 商品を見る

造形作家の荒良木 つつじさんが夫婦で立ち上げた、植物と小道具を扱う<kokageya>。祝い事のフラワーアイテムや、自然素材を用いたリースにランプシェード、オブジェなどを制作し、それらに合わせやすい古道具も取扱います。小さなお花を集めた華やかな作品が多く、イセタンマートにも心躍るアイテムが勢ぞろい。お手入れも不要なドライフラワーとプリザーブドフラワーを使用しているので、毎日忙しく過ごすお母さんにぴったりの贈り物です。

作家からのメッセージ

華やかな春色のブーケは、新しい季節の訪れをおうちの中でも感じていただけるような作品です。毎日を明るい気持ちで、穏やかに過ごしてもらいたいという気持ちを込めて贈るギフトにぴったり。また赤いリースも、いつもお世話になっているお母さんに向けた感謝のメッセージが添えられていて、母の日ギフトとして特にオススメしたい作品となっています。

ずっとそばに置いておける
<Honey Garden>のアーティフィシャルフラワー

<ハニーガーデン>リース
  • <ハニーガーデン>ブーケ

    <Honey Garden/ハニーガーデン>
    画像上
    左:アネモネのリース 14,850円 商品を見る
    右:ラベンダーとローズのドライ調リース 18,480円 商品を見る
    画像下
    左:アレンジメント 11,000円 商品を見る
    右:ソネングラス 春色 7,700円 商品を見る

伊勢丹新宿店でも取扱いが長く、多くのファンを持つ、フラワーデザイナー・滝沢 可奈子さんによる<Honey Garden>。造花で作り出される作品は、生花を学んだ滝沢さんらしい、いきいきとした表情が魅力です。造花は長く飾ることができ、さらに一つの作品として仕上げられているので、お花をどう飾っていいかわからないという人にも贈りやすい。特にリースが人気ですが、手軽に飾っておしゃれ見えのする、スワッグやソネングラスなども一押しです。

作家からのメッセージ

優しい雰囲気の水色のボックスを選んで、バラとラナンキュラスを合わせた作品は、お花の好きな人を想って作りました。甘さを感じさせない、どこか大人らしさを感じさせる仕上がりで、落ち着きのある年配の女性にも気に入ってもらえるんじゃないかなと思います。

みずみずしい感性で表現される
<munimu>のフラワーラグ

  • <しをり>フラワーラグ

    <munimu>アートラグ 各6,600円 商品を見る
    ※こちらのアイテムは観賞用のラグとなります。
    ※ラグ以外は参考アイテムとなります。

イラストレーター・しをりさんの作品は、見ているだけで明るい気分になれる、独特の色味が特徴です。さまざまな作家とのコラボレーションを精力的に行い、昨年からはラグの製作を開始。ハンドメイドで丁寧に作られるラグは、同じモチーフのものでも、一つずつ完成形が異なります。インテリアに取り入れやすい大きさで、写真や絵葉書と一緒に壁に掛けてもOK。穴開きタイプは中央に花瓶などを置くと、まるでひとつの作品のような仕上がりです。

作家からのメッセージ

こちらのラグは、チェストなどの上に気軽に飾ることのできるサイズ感がポイントです。お花を生けたフラワーベースやお気に入りのアクセサリーを置いたり、ときには壁に掛けてみたり。日常を、ほんのちょっぴり彩るアイテムとして、インテリア好きのお母さまへ贈ってみるのはいかがでしょうか。

■店頭イベント情報■

伊勢丹新宿店では、本記事でご紹介の作家<文福 Ringo><POTTERY STUDIO K><安原ちひろ><Honey Garden><munimu>の商品を下記の日程で販売いたします。

店頭会期:
□2022年4月27日(水)~5月8日(日)
伊勢丹新宿店 本館5階 センターパーク/ザ・ステージ#5

※掲載の情報につきましては、諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※本記事掲載の商品はイメージとなります。伊勢丹新宿店でのイベントでは、同様の商品のお取扱いがない場合がございます。
※数に限りがある商品もございます。品切れの際はご容赦ください。

※5月4日(水・祝)以降のご注文につきましては、5月8日(日)の母の日までにお届けできない場合がございます。予めご了承ください。
なお、伊勢丹新宿店でのイベントは、5月8日(日)まで開催しております。

こちらもギフトにおすすめ
花がなくても楽しめる“絵になる花瓶”を、イセタンマートがセレクトのTOPへ

花がなくても楽しめる“絵になる花瓶”を、イセタンマートがセレクト

詳しく見る