京都〈漆芸舎 平安堂〉| 今、知りたい。日本のよいものを巡る旅 vol.2

京都〈漆芸舎 平安堂〉| 今、知りたい。日本のよいものを巡る旅 vol.2

今、知りたい。日本のよいものを巡る旅 vol.2 京都〈漆芸舎 平安堂〉

三越伊勢丹がご紹介している日本各地の“よいもの”には、それぞれのストーリーがあります。連載記事『今、知りたい。日本のよいものを巡る旅』は、そうしたアイテムの製造過程や生産者にまつわるエピソードを多くの方に知っていただきたい、という思いから始まりました。2回目となる今回は、日本の伝統的な修復技法“金継ぎ”を行う、京都府の〈漆芸舎 平安堂〉です。なかなか見ることのできない、繊細な技の世界をお楽しみください。

 

欠けた器が、漆でよみがえる京都〈漆芸舎 平安堂〉の技。

欠けた器が、漆でよみがえる京都〈漆芸舎 平安堂〉の技。

“金継ぎ”という言葉をご存じですか?“金継ぎ”というのは、陶器や磁器の割れや欠け、ひびなどを漆で接着し、そこに金粉、銀粉、色漆などを施して新たな景色を生み出す修復技法のことです。今回、取材させていただいた京都・大徳寺東門の向かい側にある〈漆芸舎 平安堂〉は、日本古来の伝統的技法で修復を手がける工房です。近年では、海外からも注目される技の魅力や特徴などについて、工房の代表を務める、漆芸修復師・清川廣樹氏にお話を伺いました。

 

天然素材で修復する、サステナブルな“漆芸”

天然素材で修復する、サステナブルな“漆芸”

“漆芸”とは、うるしを使う工芸全般を指しますが、その技法は、芸術作品を生み出すだけでなく、 建築、仏像、漆器、古美術品などを修復する“金継ぎ”にも使われます。欠損部分の修復に漆の接着性を役立てる技法は、「身近な天然素材を使用する」「ひとつのものを長く使い続ける」という点で、サステナブルの観点からも注目されています。自然と寄り添う日本の暮らしならではの文化・美意識といえるでしょう。

修復によって加えられる新たな美しさ

修復によって加えられる新たな美しさ

こちらの写真は、清川氏が“金継ぎ”で修復した作品です。清川氏は、たとえバラバラになってしまった器でも、ひとつひとつの個性に合わせて“金継ぎ”をデザインするといいます。和食器のみならず、欧州の器も“金継ぎ”の技法で修復することが可能だそうです。もともとの美しいデザインを生かし、新たな装飾で魅力を引き出すことは、思うほど容易ではありませんが、清川氏の感性と巧みな技術が、新たな景色と命を吹き込むのです。

 

日本産漆のみを使用した“金継ぎ”による修復の手順

日本産漆のみを使用した“金継ぎ”による修復の手順

1. 成形
割れ・欠け部分を整え、自然素材の糊で割れた部分を接着します。糊で接着した部分を整えてから、継ぎ目を粗い漆のパテで埋めます。

2. 研ぎ
パテの部分をやすりで整えます。次に、1度目より滑らかな漆のパテで表面を整え、やすりで磨きます。

3.塗り
黒漆で表面を防水加工。(これを2度繰り返します。)弁柄漆で金蒔きの下準備をします。

日本産漆のみを使用した“金継ぎ”による修復の手順

4.仕上げ
金蒔きなどの仕上げを施し、漆止めで金蒔き部分を固定します。

金蒔きなどの仕上げを施し、漆止めで金蒔き部分を固定します。

清川氏からのメッセージ〜“割れ”や“欠け”も歴史〜

清川氏からのメッセージ〜“割れ”や“欠け”も歴史〜

最後に清川廣樹氏からのメッセージをご紹介します。 「縄文時代から受け継がれてきた漆文化は、手間暇をかけて、ものを大切にする日本文化を表しています。“割れ”や“欠け”も、そのものが紡ぐ歴史と受け止め、つくり手や使い手の気持ちを次の時代へ受け継ぐ…そんな精神性も“金継ぎ”の魅力です。」

故人から預かり大切にしている陶磁器などを残念ながら割ってしまった、どうにか修復できないかなど、お困りの方はぜひ下記日程で行われるご相談会に足をお運びください。京都〈漆芸舎 平安堂〉清川廣樹氏が、ご依頼・ご相談を承ります。

■イベント情報

京都〈漆芸舎 平安堂〉清川廣樹氏の金継ぎのすすめ~傷ついた器に新たな景色と命を~
清川廣樹氏の金継ぎ作品の販売をいたします。
会期:2020年11月18日(水)~24日(火)
場所:日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニング 

金継ぎご相談会(事前予約制 10月25日(日)からご予約を承ります)
2日間限定で、清川廣樹氏による金継ぎご相談会を開催いたします。
(陶器・磁器・ガラス・漆器など)
会期:2020年11月22日(日)・23日(月・祝) 各日 午前10時30分〜午後5時
場所:日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニング

ご予約・お問い合わせ:
日本橋三越本店 本館5階=ギャラリー ライフ マイニング
TEL.03-3274-8935(直通)

 
※価格はすべて税込です。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品・イベントの情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする