いま注目したい〈イッタラ〉のリサイクルガラスコレクション

〈イッタラ〉のリサイクルガラスコレクション

〈イッタラ〉のリサイクルガラスコレクション

個性的でありながらシンプルでぬくもりを感じるデザイン。何種類も集めたくなるカラーバリエーション。数々の魅力でファンを惹きつける〈iittala/イッタラ〉は、フィンランドのイッタラ村で1881年に誕生したガラス工房。今回は、「資源を大切に使う」という北欧らしいコンセプトで作られるプロダクトの中からリサイクルガラスを使ったコレクションをご紹介します。

リサイクルガラスでも〈イッタラ〉のクオリティはそのまま

リサイクルガラス

リサイクルガラスを使用する背景には、原材料はもちろんのこと、原料を加工する際の燃料など、さまざまな環境負荷を減らすという目的も。プロダクトとしてのクオリティを下げることなく、環境への配慮も実現しています。異なるシリーズでも、コーディネートしやすい点も〈イッタラ〉の魅力。お手持ちのラインナップにリサイクルガラスコレクションを加えてみてはいかがでしょうか。

しっくりと手になじむ、使い続けたくなるタンブラー

タンブラー

イッタラ〉ラーミ タンブラーペア(リサイクルエディション) 3,520円 商品を見る

ロンドン・東京・パリの3拠点で活躍するデザイナー、ジャスパー・モリソン氏がデザインを手がけるコレクション「ラーミ」に、〈イッタラ〉のガラス工場のリサイクルガラスを100%使って作られたタンブラーが登場。「ラーミ」とは、フィンランド語で“フレーム(枠)”を意味する言葉。朝食からディナーまでテーブルを居心地のよい空間に演出してくれます。

“露のしずく”がきらめく「カステヘルミ」

カステヘルミ

イッタラ〉カステヘルミ キャンドルホルダー(リサイクルエディション) 2,420円 商品を見る

「カステヘルミ」は、フィンランド語で“露のしずく”。朝日を浴びて、連なる真珠のようにきらめく朝露にインスピレーションを得て、1964年にオイバ・トイッカ氏によってデザインされたコレクションです。しずくのモチーフがガラスの美しさをいっそう際立たせます。リサイクルエディションとしてタンブラーやキャンドルホルダーなどがラインナップされていますので、晩秋の夜を素敵に演出するアイテムとしても活躍しそうです。

マスターピースにリサイクルエディション

マスターピース

イッタラ〉アルヴァ・アアルトコレクション ベース 160mm(リサイクルエディション)29,700円 商品を見る

フィンランドを代表する近代建築/デザインの巨匠、アルヴァ・アアルト氏により1936年に発表された「アルヴァ・アアルト コレクション」。中でも、流線型のフォルムが印象的なベース(花瓶)は、〈イッタラ〉のアイコンともいえるデザインです。今回は、リサイクルエディションとして、 ベースとキャンドルホルダーが仲間入りしました。

リサイクルコレクションの楽しみ方のひとつに“カラーの個体差”があります。原材料となるリサイクルガラスの混合バランスによって新たなカラーが誕生するため、ブルーやグリーン、ナチュラルなアースカラーなど完成品のカラーはさまざま。リサイクルガラスならではの“一期一会”をお楽しみください。

〈イッタラ〉リサイクルコレクション商品はこちら

〈イッタラ〉リサイクルコレクション商品はこちら

 
〈イッタラ〉商品商品一覧はこちら

※価格はすべて税込です。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする