過去から未来に向けて―ファッションの新しいスタンダードを発信するポップアップ「TIMELESS」をメンズ館で開催!【1月31日更新】

 

パンデミックを経験しファッションのあり方や存在価値が大きく変貌しつつある昨今、メンズファッションの潮流は、これまでの他者を意識したマインドから自分軸へとシフトしている。
そんな中、東京の“いま”を体現する編集ショップとして2022年春にリブランディングした伊勢丹新宿店 メンズ館6階 メンズコンテンポラリー。それから約1年、同ショップが模索してきた「タイムレスな価値観=新しいスタンダード」を表現したポップアップ「TIMELESS」がメンズ館1階 ザ・ステージに登場する。

“過去から未来へ”をテーマにした本ポップアップでは、1月25日(水)からの1週目は「再解釈したスタンダード」としてのヴィンテージ・トラッドウェアを、2月1日(水)からの2週目は「新しいスタンダード」としてのモダンウェアを展開。きっと「新しい自分」を発見していただける2週間となるだろう。

 

 

パンデミックを経験しファッションのあり方や存在価値が大きく変貌しつつある昨今、メンズファッションの潮流は、これまでの他者を意識したマインドから自分軸へとシフトしている。
そんな中、東京の“いま”を体現する編集ショップとして2022年春にリブランディングした伊勢丹新宿店 メンズ館6階 メンズコンテンポラリー。それから約1年、同ショップが模索してきた「タイムレスな価値観=新しいスタンダード」を表現したポップアップ「TIMELESS」がメンズ館1階 ザ・ステージに登場する。

“過去から未来へ”をテーマにした本ポップアップでは、1月25日(水)からの1週目は「再解釈したスタンダード」としてのヴィンテージ・トラッドウェアを、2月1日(水)からの2週目は「新しいスタンダード」としてのモダンウェアを展開。きっと「新しい自分」を発見していただける2週間となるだろう。

 

  • イベント情報
  • 「TIMELESS」ポップアップ
    • 開催期間:1月25日(水)~2月7日(火)
    • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 ザ・ステージ

 

  1. 1月25日(水)~1月31日(火):「再解釈したスタンダード」としてのヴィンテージ・トラッドウェア
  2. 2月1日(水)~2月7日(火):「新しいスタンダード」としてのモダンウェア

 

1月25日(水)~1月31日(火)
「再解釈したスタンダード」としてのヴィンテージ・トラッドウェア

<front11201>
Black Over Dyed 1950-60’s M-65 Fishtail Parka Full Set
39,800円

<Archéologie Studio>
Mathieu Matégot Modern Daybed ʻKyotoʼ
1,100,000円

<Archéologie Studio>
Chair From French Institute of Japan - Tokyo by Claudio Colucci
各41,800円

 

ポップアップ1週目は、<Archéologie Studio/アルケオロジー スタジオ>が演出する空間の中で、<front11201/フロント11201>のヴィンテージアイテムやヴィンテージファニチャーのほか、メンズ館6階のセレクトブランドを編集。タイムレスなヴィンテージ・トラッドウェアが集結する。

 

<フロント11201>

ブルックリン発のヴィンテージストア「FRONT GENERAL STORE」の日本店として代々木上原と神山町
にストアをオープン。良質なヴィンテージウェアをはじめ、ヴィンテージジュエリーやオリジナルアイテムを展開。ジェンダレスかつタイムレスなアイテムを提案している。

<アルケオロジー スタジオ>

19世紀の無銘のアンティーク家具からモダニズム初期の隠れた名作まで、簡単にはカテゴライズできないような国や年代を超えた家具を揃えるショップ。時代を経たからこそ生まれる、深い味わいのあるアンティーク&ヴィンテージ家具を中心に、モダンデザインのインテリア雑貨やアート作品を展開している。

 

2月1日(水)~2月7日(火)
「新しいスタンダード」としてのモダンウェア

 

2週目からは、中目黒に拠点にする<OUAT/オーユーエーティー>が登場。会期中は、オリジナルプロダクト「008」コレクションをご紹介するほか、<Omar Afridi/オマール アフリディ>とのエクスクルーシブアイテムも展開する予定だ。

 

 

今シーズンで8シーズン目となる「008」は、「007」を更にメタ視点で解釈した「META META CONSERVATIVE」をコンセプトに、<OUAT>のオフィスウェアを提案する。ヘビーコットンツイルを用いたメインピース、厚く柔らかなナイロンツイルで仕立てたミリタリージャケット、新色のブラックがラインナップに追加された「OFFICE BAG」が登場予定。

 

 

また今回、本イベントのために<Sabukaru Online/サブカル オンライン>が、最新の「008」とアーカイブモデルを用いて<OUAT>を再解釈したエディトリアルを製作。会場では、エディトリアルのビジュアルボードの展示、ならびに<サブカル オンライン>オリジナルプロダクトの「Sabukaru NylonTech Cap」と、東京を拠点とするイラストレーターJohnny Terror氏、Yamepi氏それぞれとのコラボレーションロングスリーブTシャツも数量限定で販売する。

 

 

さらに会場では、2022年秋冬で瞬く間に完売した<オマール アフリディ>の「PLEATED LEATHER HOODIE」を再販するほか、<OUAT>との1stコラボレーションの際に使用した、ジャーマンコーズで仕立てあげた同型も本イベント限定でリリースする。

 

<オーユーエーティー>

2019年にスタートした<オーユーエーティー>では、デザイナーの田村遼佑氏が訪れたさまざまな国から得たリファレンスとサンプル、カルチャーや空気感に着想を得たデザインと、モードな雰囲気を纏ったプロダクトを提案。インポート生地特有の素材感と日本の高い縫製技術により生み出された高品質なプロダクトは、そのどれもが数十年後にヴィンテージになりうるクオリティを備えている。

 

►MEN'S CREATORS & MEN'S CONTEMPORARY

►4名のバイヤーが語る、THE MOMENTSに込めた想いとファッションの未来

 

THE MOMENTS

服と出合い、選び、身にまとい、装う・・・。
ファッションにまつわる一連の動作に思いを馳せてみると
そこにはいつも、そのときの気分が隠れているはずです。

ファッションは、自己表現のためのツールである。
そう捉えることで、さらに身近なものになっていくのではないでしょうか。

自分らしさを自由な形で表現できるようになった時代だからこそ
ファッションももっと枠にとらわれないものへ・・・。
装うことで気持ちを明るく。足取りを軽やかに。いつもと違う自分に。
私たちを新しい場所へと導いてくれる可能性に満ちているのです。

わたしたちの気分を変え、自分軸を拡張し、
自分らしく世の中とリンクできるもの。
そのすべてがファッションであり、自分のスタイルになる。
この瞬間に寄り添った在り方と楽しみ方を提案していきます。

 

THE MOMENTS
□2023年1月25日(水)から
□伊勢丹新宿店 メンズ館1階 ザ・ステージ、メンズ館2階 メンズクリエーターズ、メンズ館6階 メンズコンテンポラリー

►「THE MOMENTS」に関する記事はこちら

 

【関連記事】
伊勢丹新宿店メンズ階6階 自主編集ショップ「メンズコンテンポラリー」をリブランディング。東京の“今”を体現するショップを目指して

 

Text:ISETAN MEN‘S net

Post by ISETAN MEN'S net

*価格はすべて、税込です。
*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

 

お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館6階 メンズコンテンポラリー
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら