過酷な暑さに負けず、気持ち良く着こなせる「夏の黒~い服」

暑いからと、毎日同じようなスタイルになりがちな夏服は、代わり映えせず味気ないもの。本企画では、夏らしい暑さに積極的に向きあうための「気持ちよく着こなせる"夏の黒"」にフォーカス。伊勢丹新宿店メンズ館のイメージコンサルタント関川晃彦が、厳選した”涼しい黒”とは?

真夏の黒の取り入れ方と着こなすコツは?

黒を夏に楽しむためのポイントは、すばり素材感に強弱をつけて着こなすこと。光沢感のある素材とマットな素材を合わせたり、機能性に富んだ化学繊維と天然素材を組み合わせたり、ソフトな素材とハードに見える素材を織り交ぜたり、素材感のギャップをつけると、全身黒のコーディネートでも表情が豊かになるはずだ。

また、黒は他の色とのバランスを取る繋ぎ役、他の色を引き立たせるバランサー役として、実に効果的だ。

夏のアウター的な着こなしにちょうどいい

スズキタカユキ〉シャツ 15,400円
□伊勢丹新宿店メンズ館6階=メンズコンテンポラリー

商品を見る

フレンチヴィンテージ風のスタンドカラーシャツとしてはありそうでなかった黒で半袖のリネンシャツは〈suzukitakayuki/スズキタカユキ〉のもの。フロントは比翼仕立てで、ボタンを閉じて着ればシンプル&ドレッシーに、前を開けて着れば一つひとつ表情が違うボタンがアクセントになる羽織アイテムとして活躍するだろう。

アンティークの匂いがある〈スズキタカユキ〉ならではの一枚は、黒を選ぶことでモードな着こなしに振ることもできる。

洗濯してもすぐ乾くって、この時期にありがたい


ノンネイティブ〉パンツ 39,380円
□伊勢丹新宿店メンズ館6階=メンズコンテンポラリー

商品を見る

〈nonnaitive/ノンネイティブ〉の8分丈カーゴパンツは、様々な機能性を備えたクールマックスを採用し、薄いが引き裂き強度の高いリップストップ生地という最強コンビで、穿くと涼しさが実感できる。

「6ポケットあるので、日頃手ぶら派の男性はバッグ代わりにも使えますよ」(関川)

肌離れの良いTシャツって重宝するんです

 

ミノトール〉Tシャツ 8,800円
□伊勢丹新宿店メンズ館6階=メンズコンテンポラリー

商品を見る

〈MINOTAUR INST./ミノトール インスト〉のTシャツは、ボディにペットボトルを原料としたポリエステル素材を使用。ウィズコロナ時代に注目されるサステナブルなアプローチに加え、東京の街で採取された音のデータを波形で表現したグラフィックデザインに注目したい。

寝苦しい夜から卒業。その秘密はウール素材でした

タニ〉Tシャツ9,790円、ボクサーパンツ6,160円
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=肌着・ナイティ・靴下・ハンカチ

〈タニ〉商品一覧を見る

ウールは「呼吸する繊維」といわれるほど多彩な機能性を発揮する天然素材で、欧米では通年で快適に着ることができるマテリアルとして多くの人々に愛用されている。

この〈tani/タニ〉の肌着は、上質なオーストラリアメリノウールと植物由来の再生繊維テンセルを混紡することで、滑らかなシルキータッチとともに、肌あたりの優しいフィット感を実現。蒸し暑い夏の夜、サラッとした着心地で、汗による不快なべたつきを軽減している。

関川 晃彦
せきがわ あきひこ●伊勢丹新宿店メンズ館カテゴリースぺシャリスト。2007年の入社以来、同2階=メンズクリエーターズ、3階=デザイナーズでの販売、売場責任者を経て現職。最新モードからヴィンテージ、ドレスまで幅広いジャンルをカバー。学生から企業経営者、アーティストといった幅広いお客さまへのスタイリングを実施。高いものでも安いものでもいいものはいい。色々な目線からおすすめをご紹介している。国家資格接客技能士(メンズファッション販売)1級、パーソナルカラーアナリスト。

 

関川晃彦セレクトの商品記事を見る

 

Photo:MITUKOSHI ISETAN
Text:Makoto Kajii

*価格はすべて、税込です。
*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする