【365日きねんび】今日は何の日? 10月30日は初恋の日

10月30日は『初恋の日』

1896年(明治29年)の10月30日、島崎藤村が「文学界」46号に「こひぐさ」の一編として初恋の詩を発表したことから、藤村ゆかりの宿の長野県小諸市の老舗旅館「中棚荘」が制定し、一般社団法人 日本記念日協会に登録されました。

誰もが経験する初恋。それは私たちの心に深く刻まれ、甘酸っぱい経験となり、忘れることのない思い出となっているのではないでしょうか。初めての経験だからこそ、その時の会話や出来事の一つひとつが、大きな意味を持って記憶に残る、特別な経験。

あなたはどんな初恋をしましたか? 今でもその時のことを覚えていますか? 今日はその時のことを思い浮かべながら、6人のキュレーターがおすすめする商品をご覧ください。

 

リ・スタイル 佐藤 安花里が選ぶ、初恋の勇気やときめきを呼び起こすアイテム

Curator 佐藤 安花里  Instagram(@akarino082) リ・スタイル ショップスタイリスト
佐藤 安花里

セシリー バンセンのブラウスとシャルロット シェネ MIRAGE EARRING

〈CECILIE BAHNSEN/セシリー バンセン〉のブラウス

私の初恋なんて犬も食わない。大人になると、自分の好きなもの、好きだったものへ、素直になれないときがある。大人のためのフリルやパフスリーブは、そんな自分に「本当は好き」と言う勇気をくれる。

商品を見る

〈Charlotte Chesnais/シャルロット シェネ〉のイヤリング

「初恋はもう忘れました。」
人間は忘れる生き物だけれども、素敵なアクセサリーを見てドキドキしてしまうのは止められないはず。あたたかいイエローゴールドと滑らかな曲線は、私たちが忘れていたものを思い出させてくれる。耳の先まで、ときめきを忘れないで。

商品を見る
 

リ・スタイルTOKYO ショップスタイリスト上野山 絢美が選ぶ、多くの感情を知ったあの頃の想いがよみがえるアイテム

Curator 上野山 絢美 Instagram(@________au__) リ・スタイルTOKYO ショップスタイリスト
上野山 絢美

イェンスのプルオーバーとアメヤエイタロウのスイートリップ

〈Jens/イェンス〉のプルオーバー

初恋、シンプルで、無垢な想い。袖を通し、鏡越しにもう一人の私を見つめ、あの頃の思いが蘇る。

商品を見る

〈Ameya Eitaro/アメヤエイタロウ〉 スイートリップ「有平糖」

多くの感情を知った。ヨーグルトやホットミルク、パンにも。甘いだけじゃない、炭酸水に入れても。

商品を見る
 

アクセサリー担当 奈良 優子が選ぶ、気分があがる初恋ジュエリー

Curator 奈良 優子 アクセサリー担当
奈良 優子

アーカーのハートパヴェネックレスとイーエム littleemblem ルビーピアス

〈AHKAH/アーカー〉のハートパヴェネックレス

社会人になって初めてのボーナスで購入した思い入れのあるファーストジュエリー。しばらく「いいなぁ」と眺め続け、意を決して購入した、まさに私の「初恋」です。パヴェセッティングのダイヤモンドの輝きが絶妙で、着用すると驚くほど肌にすっと馴染み、単品でも重ね付けでも活躍するアイテムです。購入してから長い年月を得た今も、私のスタメンアイテムです。

商品を見る

〈e.m./イーエム〉 ルビーピアス(シングル)

情熱の象徴ともいわれるルビーをダイヤモンドで取り巻いたピアス。着用するだけで気分があがるルビーならではの鮮やかなレッドはまるで「恋の炎」。こちらのピアスにはキャッチにもルビーが一石付いています。お守りジュエリーとしてもおすすめです。

商品を見る
 

デジタル担当 アシスタントマネージャー 松岡 歩が選ぶ、初恋の恥ずかしいようなそわそわした心地を思い出したいジャケット

Curator 松岡 歩 Instagram(@ayumumatsuoka) デジタル担当 アシスタントマネージャー
松岡 歩

ドルモア 別注アンサンブルとニットマーセライズジャケット

〈DRUMOHR/ドルモア〉の別注アンサンブル、ニットマーセライズジャケット

初恋の一瞬で燃え上がって、どうしようもないあの感じ。相手と一緒にいる年月が長いと、なかなか思い出せなかったりします。「気持ちは装いから」とは言えど、かちっとしたジャケットは何だか恥ずかしい。でも、いつものニットにラペルがあるだけで気分は変わります。これを着て、前から気になっていたあのお店に行って、久しぶりに二人でそわそわしたいです。

別注アンサンブルを見る
ニットマーセライズジャケットを見る
 

リビング 新規開発担当 渡邉 駿が選ぶ、初恋の言葉から思い出すリンゴと時計

Curator 渡邉 駿 リビング 新規開発担当
渡邉 駿

ITTALA ティーマのプレート(レッド)とモヘイムの掛け時計

〈iittala/イッタラ〉 ティーマシリーズのプレート(レッド)

小学生のころ、担任の先生の趣向で、いろいろな詩の暗記と朗読を行っていて、その中の一つに島崎藤村の「初恋」という詩がありました。いまだにその詩に出てくる「林檎」というフレーズが頭に残っていて、やっぱり初恋と言えば真っ先にリンゴと赤い色を連想します。

商品を見る

〈MOHEIM/モヘイム〉 掛け時計

当時携帯電話を持っていなくて、意中の相手と何時ぴったりに電話するからと約束をして、時計の前でジャストタイムまでスタンバイ…。家の固定電話なので、2~3コールして出ないと、親が出るんじゃないかとドキドキした記憶、そんな時計との思い出、あると思います。

商品を見る
 

三越伊勢丹スタッフ 浅見 朋子が選ぶ、やっぱり甘酸っぱいのが初恋の味

Curator 浅見 朋子 三越伊勢丹スタッフ
浅見 朋子

八天堂/ハッテンドウ デニッシュリンゴ詰合せとアメヤエイタロウの板あめ 羽一衣

〈八天堂/ハッテンドウ〉 デニッシュリンゴ詰合せ

オーブントースターで焼くことで皮がサクサクとなり、中にはとろっとしたカスタードとシャキシャキのリンゴが。ごろっと存在感のあるリンゴがまるで“アップルパイ”のよう。ルーマニア製のはちみつを使用し、上品な甘さがお口に広がります。

商品を見る

〈Ameya Eitaro/アメヤエイタロウ〉 板あめ 羽一衣 ストロベリー

さくさくとした食感とはかない口どけが特徴です。幅広い世代に人気のストロベリーは可愛らしいピンク色。甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。

商品を見る
 
 

あわせて読みたい▶
リ・スタイルTOKYO ショップスタイリスト 上野山 絢美 Select Item「黒がすき」
デジタル担当 アシスタントマネージャー 松岡 歩 Select Item「ふたつでひとつ」のセットアップがスタンダード!
リビング 新規開発担当 渡邉 駿 Select Item Form Follows Function.「形態は機能に従う」

 
 
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改訂、変更させていただく場合がございます。
 
この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする