おうちで観て、食べて楽しむアート!お歳暮時期に三越伊勢丹が紹介する「博物館・美術館コラボギフト」

おうちで観て、食べて楽しむアート!
お歳暮時期に三越伊勢丹が紹介する
「博物館・美術館コラボギフト」

冬のおうち時間、間近でじっくりアートを楽しみませんか?
お歳暮の時期に合わせ、今年も博物館・美術館のアートパッケージと
美味しいビール、クッキー、お煎餅などが入ったコラボレーションギフトが登場しました。
一部の作品に東京国立近代美術館東京国立博物館京都国立博物館
奈良国立博物館九州国立博物館の学芸員による、作品の解説も!
ぜひ、気になるアートをクリックしてみてくださいね!

東京国立近代美術館

1952年に開館。13,000点を超える国内最大級の作品を所蔵。「MOMATコレクション」では明治から現代の日本美術の歩みを知ることができます。今回コラボレーションした作品について、東京国立近代美術館 学芸員の大谷省吾さんに作品解説のコメントをいただきました。

大谷省吾さん

「小原古邨(祥邨)は、しばらく忘れ去られていた『知る人ぞ知る』画家でしたが、近年、海外から逆輸入されるかたちで再評価が高まっています。もともと四季の移ろいを題材にした花鳥画は、こうした季節の贈り物の意匠にふさわしく、この機会にあらためて多くの方々に、彼の魅力を知っていただけたら幸いです。」

〈ロイスダール〉×小原古邨 瑠璃鳥二羽と南天(雪中)

東京国立近代美術館 限定ギフト〈ロイスダール〉瑠璃鳥二羽(るりちょうにわ)と南天(雪中)(なんてん(せっちゅう))エクセレンスショコラ 5,400円

冬の叙情を添えて贈る、魅惑のチョコレート。小原古邨の叙情豊かな絵柄が映える限定缶に、多彩なチョコレートを詰め合わせました。香ばしいナッツや濃厚なチョコレートガナッシュなどが隠れた粒チョコレート、口どけのよいカードチョコレートなど贅沢な美味しさです。

学芸員・大谷省吾さんの作品解説
小原古邨(祥邨)は、日本画家・鈴木華邨に学び、とくに師の得意としていた花鳥画を受け継ぎました。その後、19世紀末から西洋で「ジャポニスム」の名のもとに日本美術、とりわけ浮世絵が人気をよぶと、日本では明治以降すたれつつあった浮世絵を輸出用に再興させようという動きが現れます。古邨はその原画を手がけ、人気を博しました。昭和に入ってから「祥邨」と号を改めてからの彼の作風は、より色彩の鮮やかさを増します。この作品でも鳥の青と南天の実の赤、葉の緑が、雪の白の中で映えるよう、巧みな構図がとられています。南天は「難を転ずる」という縁起物でもあり、季節の題材として好まれました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈麻布十番・あげもち屋〉×小原古邨 鷽二羽と紅梅

東京国立近代美術館 限定ギフト〈麻布十番・あげもち屋〉鷽二羽(うそにわ)と紅梅(こうばい) 花吹き寄せ3,240円

紀州の梅とザラメの絶妙な甘じょっぱさがやみつきになる「梅の花」をはじめ、人気の揚おかき6種類の詰合せ。初春にふさわしい、華やかな限定缶と個包装でお届けします。

学芸員・大谷省吾さんの作品解説
数多くの花鳥画を残した小原古邨(祥邨)は、題材としては伝統にのっとりながらも、細やかな自然観察に基づく精緻な描写と近代的な色彩や構図に特色を発揮しました。《鷽二羽と紅梅》で描かれている鷽と梅の組み合わせは、古くから天神様と結びつき親しまれた題材で、「鷽」と「嘘」が同じく「ウソ」と読むことから、各地の天満宮では毎年1月25日に、前年の凶をウソとして吉に変えようとする「鷽替え」の行事が行われます。そうした伝統的な題材をとりながら、この作品では新しい色彩感覚が目をひきます。青からオレンジへのグラデーションを背景に梅の花の鮮烈なピンクを散らして、高い装飾的効果をあげています。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮) 作品解説の動画を見る

〈ロイスダール〉×小原古邨 雉鳩と枝垂れ桜

東京国立近代美術館 限定ギフト〈ロイスダール〉雉鳩(きじばと)と枝垂(しだ)れ桜(ざくら)ロンジェ 3,240円

バターの香り豊かなクッキーを、枝垂れ桜が可憐な限定缶で。一つ一つ丹念にさっくりと焼きあげられたバラエティー豊かな美味しさが楽しめます。

学芸員・大谷省吾さんの作品解説
明治後半から昭和前期にかけて、花鳥画を題材とした木版画で海外を中心に人気を博した小原古邨(祥邨)ですが、古邨と称した明治期の作品よりも、祥邨と号を改めた昭和期の作品のほうが、より色彩の鮮やかさを増します。この作品におけるキジバトの青としだれ桜のピンクの対比も目を引きます。一方で、しだれ桜の花のひとつひとつ、まだつぼみの状態のものと、開いたものとが混じりあうさまが丁寧に描写されているところにもご注目ください。満開の一歩手前を描くことで、見る者の想像力をかきたてます。羽ばたくキジバトの姿もあいまって、生命の躍動する季節の到来を、見るものに感じさせてくれます。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮) 作品解説の動画を見る

〈千鳥屋〉×小原古邨 鶯と牡丹

東京国立近代美術館 限定ギフト〈千鳥屋〉鶯(うぐいす)と牡丹(ぼたん) チロリアン詰合せ 3,240円

博多あまおうや宮崎マンゴーなど、風味豊かなクリームがたっぷり。サクッと軽い食感で人気の銘菓チロリアンを、幻想的な雰囲気の限定缶に詰め合わせました。

学芸員・大谷省吾さんの作品解説
小原古邨(祥邨)が海外で高く評価されたのは、その精緻な描写力もさることながら、花鳥画という題材によって、日本ならではの四季の美しさを見事に表現したためと思われます。とはいえそれは、春夏秋冬それぞれの季節感にとどまりません。むしろ、春から夏、夏から秋といった、季節の移ろいの表現にこそ、作者の研ぎ澄まされた感受性を見て取れます。雪囲いされた冬牡丹を描いた本作では、闇を背景として雪が降り積もり、まだまだ冬深いことが強調されていますが、その雪囲いにふとウグイスが止まった瞬間をとらえることで、来るべき春が暗示されます。すると、冬牡丹の赤も、まるで闇夜を照らす灯台のともしびのように見えてくるでしょう。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

東京国立博物館

明治5年(1872年)に開館した、日本で最も伝統ある国立博物館。その収蔵品は国宝や重要文化財をはじめ、多岐にわたります。今回コラボレーションした作品について、東京国立博物館 学芸員の田沢裕賀さんに、四季花鳥図巻冨嶽三十六景 礫川雪ノ旦の作品解説コメントをいただきました。

田沢裕賀さん

「大切な人に、自分自身に、『贈る』習慣、そして季節ごとのご挨拶の中で、先人たちの美意識の詰まった作品とコラボができることを、とてもうれしく思っています。展示替えの多い当館では、展示室でなかなか見ることの難しい作品が数多くありますが、商品のパッケージとして身近に鑑賞していただける機会にもなっています。本物の作品の中にも沢山の思いが詰まっています。ぜひ、博物館でゆっくりとご観覧いただきたいと思います。」

〈アサヒ〉ジャパンスペシャル×葛飾北斎 冨嶽三十六景

東京国立博物館 限定ギフト〈アサヒ〉冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏・山下白雨(ふがくさんじゅうろっけい かながわおきなみうら・さんかはくう) ジャパンスペシャル×〈月揚庵〉さつまあげバラエティ詰合せ 5,500円

旨さと名画が並び立つ、オール国産原料の傑作。国産原料100%にこだわり、麦芽・ホップ・米いずれも数ある品種の中から選びました。上質な飲みごたえが楽しめる人気の「スーパードライジャパンスペシャル」と、芳醇な香りと贅沢な余韻が魅力の「スーパードライジャパンスペシャル 香り芳醇」をセットに。大胆な構図で描かれた北斎の浮世絵ラベルが映える、ギフトだけの特別限定醸造ビールと、風味豊かでプリッとした食感の鹿児島〈月揚庵〉のさつまあげを詰め合わせました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈サントリー〉ザ・プレミアムモルツ×歌川国政 市川鰕蔵の暫(碓井荒太郎貞光)・三代歌川豊国 五代目松本幸四郎の幡随長兵衛

東京国立博物館 限定ギフト〈サントリー〉市川鰕蔵(いちかわえびぞう)の暫(碓井荒太郎貞光)(しばらく(うすいあらたろうさだみつ))・五代目松本幸四郎(ごだいめまつもとこうしろう)の幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ) ザ・プレミアム・モルツ×〈伊藤ハム〉薩摩麹いも豚 ハム・ソーセージ詰合せ3,240円

豪胆な役者絵を眺め味わう、天然水醸造のコクと香り。華やかな香りと深いコクが魅力の「ザ・プレミアム・モルツ」と、爽やかでフルーティな味わいの「香るエール」。それぞれの缶には、歌川国政と三代歌川豊国(歌川国貞)が描いた、迫力ある役者絵を大胆にあしらいました「ザ・プレミアム・モルツ」と、もっちりとした「薩摩麹いも豚」の旨みを堪能できるハム・ソーセージなどの詰合せです。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈キリン〉一番搾りプレミアム×東洲斎写楽 三代目大谷鬼次の江戸兵衛

東京国立博物館 限定ギフト〈キリン〉三代目大谷鬼次(さんだいめおおたにおにじ)の江戸兵衛(えどべえ) 一番搾りプレミアムファミリーセット 3,300円

華やかな香り、贅沢な麦の旨みを迫真の表情とともに。100年にわたる〈キリン〉のホップ栽培の歴史が育んだ、東北産第一等品ホップ「IBUKI」をふんだんに使用した華やかな香りと、麦の美味しいところだけを搾る一番搾り製法で引き出した旨み。これらを見事に調和させた「一番搾りプレミアム」をギフト限定で、ファミリーギフトでご用意しました。この贅沢な味わいを、写楽の粋な浮世絵の中から重要文化財「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」をあしらった限定デザインでお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈志ま秀〉×狩野探幽 新三十六歌仙図帖

東京国立博物館 限定ギフト〈志ま秀〉新三十六歌仙図帖(しんさんじゅうろっかせんずじょう)クアトロえびチーズサンド3,240円

「新三十六歌仙図帖」から選んだ8歌人の優雅な姿をあしらった4種類の味のえびチーズサンドの詰合せ。限定木箱でお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈メリーチョコレート〉×酒井抱一 四季花鳥図巻

東京国立博物館 限定ギフト〈メリーチョコレート〉四季花鳥図巻(しきかちょうずかん) ミルフィーユ 3,240円

何層にも重ねたサクサクのパイとなめらかなクリーム、チョコレートが奏でる幸せなハーモニー。食感も楽しいミルフィーユを、趣のある限定缶でお届けします。

学芸員・田沢裕賀さんの作品解説
江戸琳派の絵師、酒井抱一の描く四季花鳥図巻です。花の匂い香る、春のあたたかな風まで感じられそうな空気感まで表現しています。細い枝ぶりと細かな花を優美に描き、鳥はあっさり描きながらも透き通るような羽の一枚一枚まで見えてくるようです。鳥の動きを追うように、見る者の視線を誘導しています。酒井抱一は、江戸琳派の祖として、現代まで評価の高い絵師です。尾形光琳の絵画に傾倒し、光琳の表現を自らの画風にも落とし込んでいきました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈モロゾフ〉×葛飾北斎 桔梗に蜻蛉

東京国立博物館 限定ギフト〈モロゾフ〉桔梗(ききょう)に蜻蛉(とんぼ) プレミアムチョコレートセレクション 3240円

柚子やチェリーの果実風味をはじめ、味わいも香りもバラエティー豊かに楽しめるチョコレート。缶には繊細な花鳥画をあしらいました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈赤坂柿山〉×葛飾北斎 冨嶽三十六景 礫川雪ノ旦

東京国立博物館 限定ギフト〈赤坂柿山〉冨嶽三十六景 礫川雪ノ旦(ふがくさんじゅうろっけい こいしかわゆきのあした) おかき詰合せ冬 3,240円

降り積もった雪を模した冬限定「ひとくち白砂糖」、看板商品「ひとくち慶長」など人気おかきの詰合せ。風情ある冬景色で彩った限定缶入りです。

学芸員・田沢裕賀さんの作品解説
海外でも知られる葛飾北斎が描いた冨嶽三十六景のうちの一枚です。現在の東京都文京区小石川の朝の情景で、冨嶽三十六景シリーズのうち、唯一雪景色を描いています。当時新来の絵具であるベロ(ベルリアンブルー)と白の濃淡で雪が積もった様子を表す一方で、富士山を眺める女性たちの襟や袖元の赤が、一際鮮やかな対比を見せています。富士山に向けて指をさす女性が見つめる先には、雪化粧をした富士山と空高く舞う鳥を見ることができます。澄んだ冬の空気と、何処かあたたかさも感じられる作品です。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈浅草今半〉×歌川広重 六十余州名所図会 江戸 浅草市

東京国立博物館 限定ギフト〈浅草今半〉六十余州名所図会 江戸 浅草市(ろくじゅうよしゅうめいしょずえ えど あさくさいち) 牛肉佃煮詰合せ 3,240円

国産牛肉をすき焼風の味わいで柔らかく炊きあげた「牛肉すきやき」、歯触りのよい「牛肉れんこん」など3種の牛肉佃煮。浅草の名所絵が粋を添えます。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈梅の丸長〉×喜多川歌麿 名所腰掛八景 梅ヶ香

東京国立博物館 限定ギフト〈梅の丸長〉名所腰掛八景(めいしょこしかけはっけい) 梅ヶ香(うめがか) 紀州梅干はちみつ入 3,240円

完熟肉厚の南高梅を塩分約5%で仕込み、紀州有田産みかん蜂蜜でまろやかに漬け込みました。匂い立つような美しさを放つ限定缶でお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈錦松梅〉×葛飾北斎 冨嶽三十六景 凱風快晴

東京国立博物館 限定ギフト〈錦松梅〉冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 凱風快晴(がいふうかいせい) 会津塗容器入 3,300円

鰹節・白胡麻・しいたけ・きくらげ・松の実など、こだわり抜いた山海の幸をしっとりと仕上げた伝統の江戸前ふりかけ。ご飯のお供のほか、麺に和えるのもおすすめ。北斎の名作「凱風快晴」や風雅な絵柄をあしらった器に詰め合わせました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈鎌倉ハム富岡商会〉×狩野永徳 檜図屏風

東京国立博物館 限定ギフト〈鎌倉ハム富岡商会〉檜図屏風(ひのきずびょうぶ) 熟成布包みロースハム(国産豚肉使用) 5,400円

国産豚ロースをスパイス入り調味液に7日間以上漬け込み、熟成後に布で包んでスモーク。深みを増した格別な味わいを国宝「檜図屏風」が描かれた特製化粧箱でお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈信玄食品〉×尾形光琳 風神雷神図屏風

東京国立博物館 限定ギフト 〈信玄食品〉風神雷神図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ) 鮑と帆立の一口摘美(つまみ)5,400円

選び抜いた天然鮑と帆立を使用。塩だれに漬け込んで旨みを引き出し、柔らかな食感に仕上げました。尾形光琳による重要文化財「風神雷神図屏風」の限定缶でお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈愛国製茶〉×東洲斎写楽/喜多川歌麿 浮世絵

東京国立博物館 限定ギフト〈愛国製茶〉東洲斎写楽 喜多川歌麿 浮世絵(とうしゅうさいしゃらく きたがわうたまろ うきよえ)静岡銘茶詰合せ 3,240円

色鮮やかで香りよくまろやかな掛川煎茶と、爽やかな香りと渋みがほどよく調和した川根煎茶。浮世絵の名作、東洲斎写楽による重要文化財「市川男女蔵の奴一平」(左)、喜多川歌麿による「婦女人相十品 ポッピンを吹く娘」(右)とともに、粋なひとときをどうぞ。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈山本海苔店〉×歌川広重 名所江戸百景

東京国立博物館 限定ギフト〈山本海苔店〉名所江戸百景(めいしょえどひゃっけい)日本橋江戸(にほんばしえど)ばし・日本橋雪晴(にほんばしゆきばれ) 海苔詰合せ 3240円

九州有明海産の一番摘み海苔を丹念に焼きあげた焼海苔と味付海苔。缶には〈山本海苔店〉創業の地、日本橋の名所絵をあしらいました。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈甚助〉×歌川国政 市川鰕蔵の暫(碓井荒太郎貞光)

東京国立博物館 限定ギフト〈甚助〉市川鰕蔵(いちかわえびぞう)の暫(碓井荒太郎貞光)(しばらく(うすいあらたろうさだみつ)) 讃岐うどん「華やぎ」 3,240円

役者絵の隈取を思わせる紅麹の赤みで華やかさを添えた北海道産小麦の手延うどんと、天然真昆布の風味豊かなうどん。瀬戸内産いりこつゆでどうぞ。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

京都国立博物館

明治30年(1897年)開館。平安~江戸時代の京都の文化財を主に収蔵。特別展はもちろん、さまざまなテーマの特集展示も見ごたえ十分です。今回コラボレーションした作品について、京都国立博物館 学芸員の山川暁さんに百鳥文様友禅染打掛の作品の解説のコメントをいただきました。

山川暁さん

「今回の企画を通じてより多くの方に文化財の魅力が伝わることを願っております。また、作品の魅力を感じにぜひ京都国立博物館にお越しください。」

〈京洛 辻が花〉×百鳥文様友禅染打掛

京都国立博物館 限定ギフト〈京洛 辻が花〉百鳥文様友禅染打掛(ひゃくちょうもんようゆうぜんぞめうちかけ) 京茶漬と京野菜お吸物最中詰合せ 3,240円

鳳凰や孔雀をはじめとする百羽もの鳥が色とりどりに描かれた友禅染の婚礼衣装。目を見張るほどの華やかさを、限定箱と個包装にデザインしました。「京茶漬」は梅や紅鮭の上品な味わい。はまぐり形・梅形最中入りの「お吸物」は、ふぐやゆばなどを京野菜とともに味わえ、うち一つには金箔をあしらうという贅沢さ。新年のお祝いの席や、おもてなしにもぴったりです。

学芸員・山川暁さんの作品解説
『枕草子』にも「山は、おぐら山。かせ山。三笠山。…」と並べあげられるように、同じ種類のものを集めた「もの尽くし」は、日本人が好む趣向です。「百」はたくさんを意味する言葉ですから、通常は「百花百草図」といっても、実際には百もの植物は描かれていません。しかし、この振袖に表現されるのはきっちり百羽の鳥。しかも表地に九十九羽、裏地に表現された丹頂鶴一羽を加えて百羽です。このきまじめさの背後には、やはり近代の科学的な思考が反映されているのだと思います。写生に基づく図鑑のような鳥の表現も、それを裏付けているのではないでしょうか。最もおめでたい丹頂鶴を裏地に隠すのは、これが着用者だけに宛てられたメッセージだから。振袖を誂えたご両親から、嫁ぐ娘さんへ、末永い幸福を願って描いてもらったのだと思います。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈ユーハイム〉×岸駒 虎図

京都国立博物館 限定ギフト〈ユーハイム〉虎図(とらず) 抹茶バウムクーヘン 3,240円

京都〈丸久小山園〉の宇治抹茶を贅沢に使い、一層一層丹念に焼きあげたバウムクーヘン。外側は、ホワイトチョコでコーティング、濃厚な抹茶の風味をチョコの甘みがまろやかに包みます。コーヒーや紅茶はもちろん、日本茶にもよく合います。伝統の製法で仕上げた美味を岸駒筆の迫力ある虎図をあしらった限定缶でお届けします。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

奈良国立博物館

仏教美術に関する文化財を主として収蔵。例年秋には「正倉院展」を開催し、多くの人々が訪れます。明治28年(1895年)開館。今回コラボレーションした作品について、奈良国立博物館 学芸員の谷口耕生さんに作品解説のコメントをいただきました。

谷口耕生さん

「美味しいお菓子とともに奈良博絵画の逸品をご堪能下さい!」

〈本髙砂屋〉×千手観音二十八部衆像

奈良国立博物館 限定ギフト〈本髙砂屋〉千手観音二十八部衆像(せんじゅかんのんにじゅうはちぶしゅうぞう) エコルセギフト 3,240円

細密な仏絵の限定缶で贈る人気のエコルセ。やさしい甘さの「キャラメル」、香り高い「スカイベリー」、風味のよい米粉生地の「抹茶」のセットです。

学芸員・谷口耕生さんの作品解説
千手観音は、千本の手と、その手のひらにある千の眼によって、多くの人々に救いの手を差し伸べ、見守ってくれる観音さまです。本図のように42本の手に表すのが一般的ですが、これは合掌する手を除く40本それぞれが25の世界の人々を救済することから、合わせて千の役割を果たすといいます。千手観音を取り巻く二十八部衆は、慈悲深い貴人、怒りをあらわにする鬼、たくましい武人などその姿はさまざま。個性豊かな表情を浮かべながら観音を守護しています。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈ゴンチャロフ〉×狩野元信 扇面画帖

奈良国立博物館 限定ギフト〈ゴンチャロフ〉扇面画帖(せんめんがじょう) 焼菓子詰合せ 3,240円

ロールクッキーとチョコレートがハーモニーを奏でる「コルベイユ」など、自慢の焼菓子のセットです。缶には「扇面画帖」より華麗なる3種の絵柄をあしらいました。

学芸員・谷口耕生さんの作品解説
アルバムのような折り本に合計60面の扇面を貼り集めたものです。各扇面は金地に濃厚な極彩色を施した着色画や水墨画が多くを占め、画題も山水や花鳥、道釈人物、名所絵などバラエティー豊かです。各扇に添えられた鑑定書や、画中に押捺された印章により、狩野元信や秀頼、松栄、永徳など狩野派一門の画家が絵筆をとったと考えられます。さらに各扇面の賛者には南禅寺を中心とする五山の著名な禅僧が関わるなど、扇面画帖を代表する名品として知られています。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

九州国立博物館

かつて海外との窓口であった九州で、歴史的視点からアジア諸地域との交流により築かれてきた日本文化を紹介。今回コラボレーションした作品について、九州国立博物館 学芸員の畑靖紀さんに束帯天神像、川畑憲子さんに菊蒔絵手箱の作品解説のコメントをいただきました。

学芸員の畑靖紀さん

束帯天神像
「この作品には、海を渡って長崎に来た中国人の僧によって、道真公が梅と松を愛した逸話が書かれています。実際に中国に行くことはなかった天神さまの姿を描く絵のなかで、これほどこの限定ギフトにふさわしいものはないでしょう。」

学芸員の畑靖紀さん

菊蒔絵手箱
「満開の菊花を描いた華やかな蒔絵手箱がモチーフとなっています。お菓子をいただかれた後も、小物を収めるお箱としてお使いになると素敵だと思います。」

〈松井老舗〉×束帯天神像

九州国立博物館 限定ギフト〈松井老舗〉束帯天神像(そくたいてんじんぞう) 長崎カステラ五三焼 3,240円

卵黄5・卵白3の割合で、国産蜂蜜や水飴も加えてしっとりコク深く焼きあげた五三焼のカステラ。菅原道真公が描かれた限定木箱入りです。

学芸員・畑靖紀さんの作品解説
学問の神様として親しまれる菅原道真(845~903)は、平安時代の名高い学者として広く知られています。日本の歴史のなかでは、中国・唐時代の先進的な文化を学ぶために派遣されていた遣唐使を廃止した人物としても重要です。その道真が、生前にこよなく愛した樹木が、この絵にも描かれている梅と松。とくに梅の木は、左遷された道真を慕い、一夜にして都から大宰府に飛んできたという逸話があります。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)

〈村岡総本舗〉×菊蒔絵手箱

九州国立博物館 限定ギフト〈村岡総本舗〉菊蒔絵手箱(きくまきえてばこ) 極上小城羊羹・有平糖詰合せ 3,240円

すっきりとした甘さの小倉羊羹と、今も直火炊きで手づくりされる飴「あるへいと」。延命長寿の象徴とされた菊の意匠が見事な限定缶でお届けします。

学芸員・川畑憲子さんの作品解説
手箱は、もとは貴人が手近な品々を収めた箱で、蒔絵や螺鈿によって豪奢(ごうしゃ)に飾られた手箱は、神々のための調度として奉納されました。この手箱の全面に描かれる菊は、中国から渡来した花で、延命長寿(えんみょうちょうじゅ)を象徴する吉祥文様として、古くから工芸品の意匠として好まれてきました。金銀の蒔絵(まきえ)で華やかに飾られたこうした手箱は、室町時代以前の遺品が少なく、大変貴重な作例です。

商品を見る(三越のお歳暮) 商品を見る(伊勢丹のお歳暮)
この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする