触れることで学ぶ、学ぶことで知る。「think good」イベントには、明日につながる出逢いや発見があります。

 

出会う・使う・つながる 日本のものあわせ

「日本のものあわせ」のコンセプトのひとつに「伝統技法を日常に」があります。現代的で若き新しい感性と日本に根付く技法が融合してクリエーションされた、日常使いできるアイテムが揃います。作品はすべて大量生産品ではなく、ひとつひとつが丁寧に作られたものたちです。

ものあわせ

<ニワカヤマ工場>吊り編みカットソー16,500円(綿100%/フリーサイズ(婦人M~L対応)

化学薬品は使用せず、伝統的な天然灰汁発酵建で藍染をした洋服を作っている和歌山県の<ニワカヤマ工場>。日本に僅かしか残っていないという吊り編み機で編まれたやわらかで独特な風合いのカットソーに、藍染でランダムな模様を描いています。

ものあわせ

<彫金師 史郎>
風舞い ネックレス(K18・K14・K10・Pt900・SV999)66,000円(大)52,800円(中)
風舞い 指輪77,000円(K18・K14・K10・Pt900・SV999)

日本古来の伝統技法である鍛造、錺彫刻、杢目金を主にしながら、西洋のデザインを取り入れ、シンプルでも奥深いアクセサリーを製作している<彫金師 史郎>。花、樹、空、水、風、情景などをデザインモチーフにした作品は、身に着けているだけで自然の音が聞こえてくるかのようです。

 

出会う・使う・つながる 日本のものあわせ

□9月15日(水)~9月28日(火)21日(火)・最終日は午後6時終了
□銀座三越 7階 GINZAステージ
※<ニワカヤマ工場><彫金師 史郎>は9月22日(水)から出展いたします。

 
     

MORE/MORE

伊勢丹新宿店に初登場も含め約60ブランドが集結する「MORE/MORE」は、NEUTRAL(様々な感情がある中でも自分らしく中立した気持ちでいたい…)/BRUSH(生活をよりよく…)/LINK(周りとの繋がり…)をキーワードにライフスタイルを提案するイベントです。アクセサリーをメインにコスメやインテリア雑貨など幅広いラインナップを展開。きっと「自分の好き」に出会えるはずです。

MOREMORE

MORE/MORE

□9月28日(火)~10月3日(日)最終日午後6時終了
□伊勢丹新宿店 本館6階 催物場

 
 
      

Andrè & Isetan

パリの伝説的なセレクトショップ、コレットでもピックアップされ、数々の世界的なブランドともコラボレーションをしてきたアンドレ・サライヴァ氏。今回の伊勢丹新宿店のイベントではアンドレ・サライヴァ氏が生み出したシグネチャーキャラクター「Mr.A」の一点物アートピースや描き下ろしの限定作品などを展示販売。グラフィティアーティストのリーダー的存在であるアンドレ氏の刺激的な感性に触れることができます。

アンドレサライヴァ

※写真はイメージです。

Andrè & Isetan

□9月25日(土)〜10月17日(日)
□伊勢丹新宿店 本館2階 イセタン ザ・スペース

 

日本のお茶をフランスアンティークで楽しむ

イベントのテーマは「日本のお茶をフランスアンティークで楽しむ」。キュレーターの清水敏男氏がセレクトしたアール・ヌーヴォーやアール・デコの器や版画、漆芸家の村瀬治兵衛氏の作品が心地よく調和し、現代的なお茶の時空が出現します。ハイブリッドで新しい「お茶」をお楽しみください。

tea

ジョルジュ バルビエ作「突風」L’Air 1925年 275,000円(版画)
村瀬治兵衛作 欅水指275,000円(欅/幅16.8×高さ15.4cm)
村瀬治兵衛作 欅鉈削ぎ茶器297,000円(欅/幅6.2×奥行6×高さ7.6cm)
つちやまり作 色絵茶碗「陶の植物誌」44,000円(陶器/幅10.6×高さ6cm)

Autumn in Paris 2021
上質なアンティークでフランスを感じる清水敏男の眼 × 村瀬治兵衛の漆

□9月15日(水)〜9月28日(火)
□伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/茶道具

 
                    

<バウム>・<カルデサックジャポン>プロモーション

<カリモク家具>の端材で製作された繰り返し使用できる商品パッケージの木製パーツが人気の<バウム>と、青森ヒバで製作したライフスタイルグッズをラインアップする<カルデサックジャポン>。暮らしに心地良いナチュラルアイテムの競演です。

バウム

<バウム>
ハイドロ エッセンスローション7,150円(150mL)商品を見る
モイスチャライジング オイル8,800円(60mL)商品を見る
<カルデサックジャポン>ヒバチップ詰め放題1,650円(M)3,300円(LL)

<バウム>・<カルデサックジャポン>プロモーション

□9月22日(水)~10月5日(火)
□伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション

 

68回 日本伝統工芸展

日本の優れた伝統工芸の保護と育成を目的に、公益社団法人 日本工芸会が毎年開催する国内最大級の公募展。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸7部門の一般公募作品より厳正な鑑審査を経て選ばれた入選作と重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作を含む約600点を一堂に展覧いたします。

日本工芸会

日本工芸会総裁賞
染織=風通織木綿着物「青海」(ふうつうおりもめんきもの「おうみ」)
小林佐智子

 

第68回 日本伝統工芸展

□9月15日(水)~9月27日(月)最終日午後6時終了
□日本橋三越本店 本館7階 催物会場[入場無料]

 
 
     
           

長坂真護展
Still A Black Star/We Are Same Planet
~私たちは繋がっている~

2019年からアトリエを日本橋に構える美術家のMAGO氏が日本橋三越本店で展覧会を開催。世界最大級の電子機器の墓場といわれるガーナのスラム街、アグボグブロシーの電子ゴミを使ったアート作品を制作、販売いたします。「スラム街をエコタウンに変える」取り組みである「サステナブル・キャピタリズム(持続可能な資本主義)」を掲げるMAGO氏の作品とそのストーリーをご覧ください。

MAGO

働く For You 660,000円(30×30cm)

 

長坂真護展
Still A Black Star/We Are Same Planet
~私たちは繋がっている~

□10月13日(水)~10月24日(日)最終日午後6時終了
□日本橋三越本店 本館7階 催物会場     

 
      

重要無形文化財「鍛金」保持者 玉川宣夫特集

新潟・燕の伝統的金属工芸技法である木目金技法を新たな表現で昇華し、制作活動を続ける重要無形文化財「鍛金」保持者 玉川宣夫氏の作品特集。花瓶や香炉、酒器等10余点を展覧いたします。

玉川宣夫

木目金花瓶2,750,000円(直径14×高さ14.5cm)

 

重要無形文化財「鍛金」保持者 玉川宣夫特集

□9月15日(水)~10月19日(火) 最終日午後5時終了
□日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン

       

<月之>オータムバッグコレクション

和装にも洋装にも合わせやすいバッグを深川の工房で一点一点製作している<月之>。今回のオーダー会ではお客さまがお持ちのきものや帯をリメイクしてバッグをお作りいたします。思い出の品が、いつも身近なデイリーアイテムに生まれ変わります。

月之

実際にお客さまからオーダーがあった、お母さまから受け継いだ思い出の七五三の帯をリメイクしたバッグ。こちらのお客さまは母親、姉妹のそれぞれに1点ずつ製作いたしました。

※オーダーバッグのお渡しは約3カ月後となります。

 

<月之>オータムバッグコレクション

□10月13日(水)~10月19日(火)
□日本橋三越本店 本館4階 華むすび
※オーダーの承りは、各日午後1時~午後5時となります。

          
         

<白田のカシミヤ>ニットウェアオーダー会

宮城県加美町で職人が手横編み機とリンキング縫製機を使用し、てしごとでニットウェアを編んでいる<白田のカシミヤ>。使用するカシミヤ糸は、日本国内で紡績されたもので、やわらかく、上質。今回のオーダー会ではセーターやカーディガンなど、着丈や袖丈をお客さまのサイズに合わせてお作りいたします。

白田のカシミヤ

白田のカシミヤ

白田のカシミヤ

<白田のカシミヤ>パターンオーダースタンドカラーカーディガン198,000円(レディスSサイズ~メンズLLサイズ対応/カシミヤ100%)

※お渡しは約6週間後となります。

 

<白田のカシミヤ>ニットウェアオーダー会

□10月14日(木)~10月17日(日)
□日本橋三越本店 本館2階 オーセンティック クロージング

 
 

 

 
           
メインページへ
think good〜次代へつなぐ〜