〈妙中パイル織物〉鏡のように美しい「パイル織物」をより多くの人へ

服好きならば、知る人ぞ知る和歌山の繊維産業。なかでも「パイル織物」が盛んな地域として高野口が知られています。その中心的な存在である〈妙中パイル織物〉は、変遷する時代にあっても変わらぬ確かな物作りで、素材の魅力を発信し、この地の産業を牽引します。

歴史が培った高野口のパイル織物

 「パイル織物」という言葉だけでは、実際どんなものか想像がつきにくいかもしれませんが、実はとても馴染み深いファブリックです。例えば、電車のシート、あるいは国会議事堂で使用されるような高級椅子に張られた素材など、起毛した艶やかな織物を総称しています。これを得意とする〈妙中パイル織物〉は、昭和22年の創業。以来、高野口の繊維産業をリードしています。歴史についてお話いただいたのは、社長の妙中清剛さん。
「高野山のお膝元として知られる高野口は、江戸時代に農家の副業として始まった木綿織物の産地として成長します。ここで生まれた木綿織物は明治時代、紀の川上流の“川上ネル”として飛躍的に普及することになりました」

 明治初期に同地域が「パイル織物」産地として飛躍するきっかけは、先覚者である前田安助の功績が大きいといいます。ドイツの特産品であるシェニール織に近い「再織」という手法をこの地で確立し、大正、昭和と発展を続け、輸出品となるほどの代表的な産業になっていきました。
「発展のきっかけとなった再織も徐々に衰退し、それと同時に増えていったのが、今主流のパイル織です。創業以降、バブル崩壊くらいまでは常に右肩上がり。昭和40年代初期には、毛足の長い起毛素材のビーバーパイルが、毛皮の代替として非常に普及しました。納めたそばから発注があるような状態。我が社の社章にも、ビーバーが描かれているほどです(笑)」
 その後、自動車産業の発展とともに多く受注したのが、シートに使用される素材。通常、「モケット」と呼ばれて、起毛感や光沢ある見た目、そして上質な雰囲気が持ち味です。90年代以降は、自動車産業の斜陽によって減少傾向に。とはいえ現在も、電車のシートや映画館の座席、ホテルのロビーなど、高級素材としての役割は果たしています。
「阪急電鉄の車両のシートは、今も納入しています。これは細くて長い高級な天然素材、モヘア100%で作ったもの。聞くところによれば、路線の高級志向は、創業者、小林一三さんのこだわりによるものだそうです」

 こうした質の高い起毛素材は、現代にいたりその価値が再確認されることで、ファッションブランドにも使用されており、今では、ファブリック使いが人気のブランド〈ミナ・ペルホネン〉などからの仕事も受けています。
「パイル織物で、ジャカード織によるさまざま柄を織り込めるのは、長年培われたノウハウの蓄積。技術が評価されるというのは、ありがたいことです」
 常務で社長の甥である、妙中庄司さんは語ります。実際、事務所には、これまでアパレル関連で納入してきたサンプルたちがずらり。バリエーションの豊富さに圧倒されるとともに、確かな技術を目の当たりにします。
「現在、この技術は、アパレルやインテリアだけでなく、工業用途に加え、化粧用パフや洋服ブラシなど、さまざまな方面にも進出しています。可能性の高いファブリックですから、その特性をどう活かすかがポイントです」
 高野口パイルを束ねる協会理事長を長年務める清剛さんを筆頭に、無限の可能性から活路を模索しています。

高級ファブリックとして確立を

 〈妙中パイル織物〉で織り上げるパイル織物。広大な敷地の工場では、低速の織機がパイルを織り上げています。大きく分けて、ダブル織機と有線織機のふたつがあります。まず、ダブル織機では、二枚に重なるように織り上げた布の、それら上下をつなぐ縦糸をカッターで切り分けていくことで、それぞれ起毛した2面が仕上がるという製造法。これをジャカード織の機械と組み合わせれば、柄のある起毛素材を織り上げることができます。一方の有線織機では、起毛される柄の糸がループ状に織り上がり、そのループを刃のついたワイヤーでカットすることで起毛させるのです。

 いずれにしても、低速織機であるのに加えて、複雑な工程も経るために、生産量が少ないものでは、1ヶ月に300メートル程度、多いものでも1ヶ月に700メートル程度といいます。
「糸の設置も手間がかかります。横糸は4200本、縦糸は3000本の上下2枚分ですから、横縦合わせて1万本以上もボビンにセットします。1000メートル織るのも、10メートル織るのも同じ仕込みですから大変です。世界でもまれな妙中パイルならではの技術です」
 一枚を織り上げるのにも、多くの手間がかかることがわかります。
「仕上がった反物は、ケバにかかる糸クズなどを掃除するなどして、染め工程に入ります。パイル織物は、染めこそが大変といってもいいかもしれません。染める際にシワを作っていけないのです」

 大きな円筒状の台に、隙間を開けて職人二人がかりでロールしていきます。
「かつて、イタリアでパイル織物の染め加工を見たことがありますが、クシャクシャに染めてから、あとでシワを伸ばしていました。彼らはどうだい、最高だろ、と言う感じでしたが、日本でこの作業をしている我々からすると、まだまだな仕上がりでした(笑)」
 正司さんの言葉からは自信のほどが伺えます。このように丹精込めて作られるファブリックですが、やはり往時のような盛況とは程遠い状況において、新たな挑戦が急務となっているようです。
 大阪のデザインオフィス〈Creative Office 5Lira〉と協業して生産している自社ブランド〈Taenaka No Nuno(タエナカノヌノ)〉を立ち上げ、オンラインで小物の販売を進めるなど、新たな取り組みを進めています。ダブル織りを生かしたバッグやポーチなど、柄や風合いの魅力を生かした、パイル織物ならではの風情が身近に楽しめます。

 最後に同社の未来を担う、正司常務がヴィジョンを語ってくれました。
「これだけ手をかけて作っているパイル織物は、世界を見てもあまり類を見ません。高級ファブリックとしてのブランディングを進めて、〈妙中パイル織物〉の価値を高めていけたら、と考えています」

過去のアーカイブをもとにアレンジしたポップな柄使いに、〈妙中パイル織物〉の真骨頂が垣間見られます。この度のアイテムは、〈Taenaka No Nuno〉とのエクスクルーシブ。ベースとなるコットン×リネンの織地にアクリルの起毛が艶やか。ラインナップするのは、トートバッグ3型とクッションカバーの合計4型。それぞれ1点につき表裏2柄を使用しており、気分を変えて楽しめるところがポイントです。
 

■商品 ※3月3日(水)より販売開始

スクエアバッグSサイズ 10,780円
スクエアバッグMサイズ 14,300円
スクエアバッグLサイズ 19,800円
クッションカバー45角 14,300円
 

 

 

Photo_Kousuke Matsuki(image),Yuco Nakamura(item)
Text_Masashi Takamura

京の伝統と技を日常に。

 
京都ものづくり

 

この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする