「みんなでゲームして遊ぼうよ!」
デジタル疲れの大人も楽しめる、テーブルゲームで素敵なおうち時間を。

「みんなでゲームして遊ぼうよ!」デジタル疲れの大人も楽しめる、テーブルゲームで素敵なおうち時間を。

おうちで楽しむ家族の時間と言えば、やっぱりゲーム。でも最近は、ちょっぴりデジタル疲れ…という方は、大人もお子さまも楽しめるテーブルゲームで遊んでみてはいかがですか?
夢中になって遊びながら、パズル的な要素で思考回路が刺激されたり、自由な発想や創造力、鋭い観察力が養えたり。お子さまの成長にもつながるゲームたちは、その奥の深さで大人の心もきっと満足させてくれます。
みんなで笑って、会話が弾んで、家族の絆も深まって。そんな素敵な時間をお過ごしください!

まずはひとりでチャレンジ!恐竜を上手に逃がせるかな? パパは横からさりげなくヒントを…

恐竜アイランド
恐竜アイランド 3,278円(対象年齢:6歳から/対象人数:1人から)

まずはお子さまがひとりでも夢中になれる、こちらのゲームを。肉食恐竜の赤いT-Rexから緑の草食恐竜を守るために、それぞれが同じ島に入らないように島の形を合わせていくパズルゲームです。島の形だけが示されたチャレンジ問題は全80問。そして、それぞれ正解は1通りだけ。大人だって十分に楽しめますが、パパママはそっと見守りながら、さりげなくヒントを与えてみては?

◎百貨店玩具アドバイザーからのメッセージ◎
「じっくり考えながら答えを導き出すパズルゲームは、集中力を養うのにも役立ちます。80問とボリュームたっぷりなのも嬉しいポイントです。後半になると歯ごたえある問題で、大人の方もお楽しみいただけます。」


遊び方は動画こちら

 
 
 

次は家族で勝負。先にたどり着くのはパパ?ママ?それとも…。チーズをめぐる可愛い頭脳戦!

コリドール・キッズ
コリドール・キッズ 5,720円(対象年齢:5歳から/対象人数:2〜4人)

頭を使った対戦系ならこちらがおすすめ。戦略的思考回路を育むフランス生まれのゲーム「コリドール」のキッズ版です。自分のターンで、自分のネズミを1マス進めるか、フェンスを置いて相手の進路を邪魔するかを選択しながら、向かい側に置いてあるチーズまで一番早くたどり着いた人の勝ち。特に男の子が好きそうなこのゲーム、パパとの勝負は熱くなること間違いなしです!

◎百貨店玩具アドバイザーからのメッセージ◎
「自分の駒の位置、相手の性格やフェンスの数などを把握しつつ戦略的に進めていくことはもちろん、本能のままにコマを動かしても楽します。刻一刻と変化する状況を見極めて最善の一手を探しましょう。」


 
 
 

対戦系の次は“みんなで協力”系。言葉のバトンを親子でつないで、楽しい物語を創作しよう!

イマジダイス
イマジダイス 2,915円(対象年齢:4歳から/対象人数:2〜12人)

対戦系にちょっと飽きたら、趣の違う“みんなで協力”系はいかがですか? 12個のサイコロを振り、最初の人が出た絵の中からひとつを選んで、その絵から連想する話を創作。次の人も残りの中から絵を選び、その絵と前の人の話をつなげて話を展開。それを繰り返し、みんなで物語を創作していくゲームです。勝ち負けがないから兄弟姉妹でケンカにならない、なんてメリットもありますよ。

◎百貨店玩具アドバイザーからのメッセージ◎
「自分がイメージしたお話を次の人がひっくり返すところが醍醐味です(笑)。ゲーム中に録音して、後から文字に起こしてみれば、世界に一つだけの小説も作れちゃいます!」


 
 
 

家族みんなが無言で集中!? 最後はいちばんシンプルな、フランス生まれの“間違い探し”を!

ディファレンス・ジュニア
ディファレンス・ジュニア 1,980円(対象年齢:5歳から/対象人数:2〜6人)

頭を使って遊んだ後は、なんだかシンプルな遊びが恋しくなるもの? それならこちらのフランス生まれの“間違い探し”がおすすめです。お題のカードと手元のカードの“間違い”を2箇所見つけた人は「ディファレンス!」と言い、その間違いを説明。正解なら、次はそのカードがお題に。それを繰り返しながら、手元のカードが早く無くなった人の勝ちとなる、観察力がカギのゲームです。

◎百貨店玩具アドバイザーからのメッセージ◎
「シンプルなルールだけに年齢に関係なく盛り上がります。違いを見つけてもそれを言葉にすることは、小さなお子さまには意外と難しかったりするので、言語化能力を育むことにも役立ったりします。」


 
 
 

百貨店玩具アドバイザーからの“お子さまとゲーム”にまつわるアドバイス

 

クロージング&アクセサリーⅠ
計画担当マネージャー 西山裕慈

「多くのゲームには「目的」があり、その目的を達成出来るかどうかで勝敗などが決定しますが、勝敗を左右する要素に「偶然性」がどこまで入ってくるのかも面白いポイントです。 偶然性が低いものは、「論理的思考力」「戦略性」「想像力」「数学的ロジック」などを働かせる必要があるので、対象年齢も高くなる傾向があります。一方で偶然性の高いタイプのものは、運の要素が重要になってきます。
お子さまと盛り上がるコツは…
❶お子さまが得意そうな・興味のありそうなタイプのゲームを選んであげること
❷ルールに固執しすぎず、柔軟に遊び方をカスタマイズしてあげること
そして何よりも
❸大人の方ご自身が楽しむこと
ですね。ゲームの中には「イマジダイス」のように、勝ち負けのない、協力して目的を達成していくものもありますので、是非いろいろとお試しいただけると、遊びの選択肢が広がり、おうち時間が充実したものになると思います。」

 
 
 

みんなのエチケット!遊んだ後には、きれいに手を洗って、可愛いタオルでよく拭いて。

〈ソープトピア〉リキッドソープ
〈ソープトピア〉リキッドソープ 3,960円(355mL)

遊んだ後は、きちんと手を洗うことも忘れずに。こちらは、髪も顔も身体もハンドもこれ1本の、マイルドなアロエジェルで洗い上げるリキッドソープ。「ビューティ&ザ・ビーチ(ジャスミン、オレンジなどの香り)」「L.A.スクウィーズ(レモン、ラベンダーの香り)」など、香りは5種から選べます。


 
 
〈キッピス〉くまタオル各種
〈キッピス〉くまタオル各種 660〜3,300円(綿100%)

北欧のデザインらしく、淡いブルー地に白い「くま」が大胆にデザインされた可愛らしいタオルシリーズ。無撚糸を使用しているためボリュームがあり、手触りも柔らかくてフカフカ。手洗いタイムが楽しくなりそうなタオルです。


 
 
 

手を洗った後は、お待ちかねのおやつタイム! 食べ終わったら、ゲームをもう1回?

〈泉屋〉リングターツサンドアイス
〈泉屋〉リングターツサンドアイス 2,916円(バニラ・チョコ×各/計6個)

〈泉屋東京店〉のシンボルマークである浮き輪をかたどった、昔ながらのおなじみのクッキー「リングターツ」に2種のアイスをサンド。創業90周年を迎えた老舗による、どこか懐かしいシンプルで贅沢な味わいです。おいしく食べてひと休みしたら、さぁもう1回、ゲームをスタート!


 
 
 
 

お子さまのためになったり、家族の意外な一面が見られたり、大人の方がハマってしまったり…。 頭を使うテーブルゲームで、楽しい家族時間を!

この記事のお気に入り登録数: 3
シェアする

関連する特集

特集一覧 >