<ヘルノ>機能性に特化したコレクション「Laminar(ラミナー)」のポップアップを開催

<ヘルノ>機能性に特化したコレクション「Laminar(ラミナー)」のポップアップを開催のメインビジュアル

<ヘルノ>が機能性に特化したコレクション「Laminar(ラミナー)」のPOP-UPイベントを開催。会場では、2021年秋冬のコレクションから、ダウンコートやブルゾンなど高機能素材をイタリアンクラフトマンシップで仕立てた<ヘルノ>の新作のアーバンスポーティアウターウェアを幅広く取り揃えます。

HERNO LAMINAR POP-UP

■9月25日(土)~10月5日(火)
■伊勢丹新宿店 本館4階 センターパーク/ザ・ステージ#4

機能性に特化したラミナーコレクション

「Laminar(ラミナー)」コレクションは、2012年、<ヘルノ>とゴア社とのパートナーシップにより誕生。サルトリアの職人技が光る、機能性に特化したコレクションは、アクティブなスポーツの世界にインスパイアされ、アーバンコンテンポラリースタイルを実現しています。目指したのは本格的スポーツの領域ではなく、日常生活における少しだけスポーティなシーン。アーバンアウターウェアをテーマにかかげ、<ヘルノ>の長い歴史で培われたサルトリアの技術とゴアテックスをはじめとした機能性素材、ニーズの一歩先を見出す確かなリサーチ力と革新性により、幅広い層から支持を得ています。

2021年秋冬ラミナーコレクション

2021年秋冬ラミナーコレクションでは、“ラミナー クチュール エンジニアリング”をキーワードに、ハイパフォーマンスと優れたスタイルを融合させ、どんな天候もものともせず、一日のあらゆるシーンに寄り添うアウターウェア・ジャージーやニット素材の軽衣料、スニーカーで構成されています。貴重な製造ノウハウ、たゆまぬ革新的なファブリックの研究、プロダクションプロセスの進化により、命が吹き込まれた折衷的なコレクションでもあります。

<ヘルノ> 花柄ダウンコートのモデル画像

<ヘルノ>ダウンコート 170,500円
※店頭のみのお取り扱いとなります。(9月25日(土)~展開予定)

花柄のダウンコート。ホワイトがベースカラーとなり、軽やかな印象に。止水ジップ付きポケットが配され、インナーカフも付属し、袖口からの風の侵入を防ぎます。フードは取外し可能。

<ヘルノ>ロングダウンコートのモデル画像

<ヘルノ>
ロングダウンコート 228,800円
※店頭のみのお取り扱いとなります。(9月25日(土)~展開予定)
スニーカー 31,900円 商品を見る

シルクタッチのストレッチナイロン素材のロングダウンコート。撥水・防風・透湿性を備え、コートの上部をカバーするフラットなヨークが前後につき、デザインに動きをもたらしています。両サイドには止水ジップ付きのスリットが深く入り、ロング丈でも歩きやすい。

これまで数シーズンにわたり、オフィチーナ テッシレと名付けられた社内のテキスタイル部門が、よりハイテク化した新素材の開発に取り組み、ブランドの独自性を確固としたことで、今季、ニットとスウェット類の新たな提案によって、軽衣料が充実。

<ヘルノ>ブルゾンの画像

<ヘルノ>ブルゾン 126,500円 商品を見る
※店頭では10月上旬~中旬頃展開予定となります。

多くのファブリックには、インナーメンブレンがボンディングされ、撥水や防風といった機能を持ち、コーティングされた止水ジップ・ラバーライズドボタン、伸縮性のあるウインドプルーフカフなど、ラミナーらしいディティールもしっかり備えています。

<ヘルノ> ダウンコートの画像

<ヘルノ>ダウンコート 185,900円
※店頭のみのお取り扱いとなります。(9月25日(土)~展開予定)

GORE-TEX INFINIUM™の新作ダウンコート。やや高めのスタンドカラーに、フロントはジップ開閉、フロントと背面の上部のみキルティング仕様、背面下部はフラットなデザイン。バックのウエスト位置には取り外し可能なLaminarロゴ入りバックベルトが配され、ウエストマークをすることでスタイルアップが叶います。上半身はシェイプの効いた細身で、下半身は裾に向かって広がるシルエット。

<ヘルノ> スニーカーの画像

<ヘルノ>スニーカー 31,900円 商品を見る

昨年登場した<ヘルノ>初のスニーカー「Laminar Assoluto(ラミナーアッソルート)」に、グレイッシュなベージュが美しいウィメンズ新色のトープが登場。

伊勢丹新宿店メンズ館5階の<ヘルノ>でも、ラミナーの新作を展開中。

<ヘルノ>ダウンブルゾンの画像

<ヘルノ>ダウンブルゾン 140,800円
※店頭のみのお取り扱いとなります。(10月上旬~中旬頃展開予定)
<ヘルノ>ダウンブルゾン 137,500円
※店頭では9月25日(土)~展開予定となります。
※オンラインストアでは10月中旬頃展開予定となります。

ラミナー誕生のストーリー

2012年、コレクション誕生後、初お披露目となったイタリアのメンズファッション見本市「ピッティ」では、クラシコの世界ではタブーとされる化繊系素材を用いた「ラミナー」コレクションが、業界に大きな衝撃を与え、このコレクションの大成功を機に、今ではメンズのみならずウィメンズでも多くのブランドにおいてテック系素材が採用されています。コレクション名の「Laminar(ラミナー)」は、物理学における流れの最適化という現象、ラミナー フロー(層流)に由来しています。層流は滑らかに流れている状態を指し、荒れていることの反対を意味します。ゴアテックスといった複雑な素材を新たに扱うためには製造フローの最適化が必要となったことにちなんでこのコレクション名が誕生しました。

コレクションヒストリー

2012年:ゴアテックスとの協業により誕生。
サルトリアの世界に最先端のテクノロジーと都会的なエッセンスをもたらし成功を収める。
2017年:第35回アメリカズカップとのライセンスによるカプセルコレクションを発表。
2018年:2018年春夏メンズ ラミナーコレクションで自転車に特化したカプセル
コレクション「Laminar Bike」を発表。アスレジャーブームの先駆けとなる。
2019年:2019年秋冬コレクションにおいて、ヘルノオリジナルファブリックによるアウターを初めて発表。メンズは「SARTORIAL ENGINEERING」、ウィメンズは「COUTURE ENGINEERING」のキーワードをあらたに掲げ、ソリッドカラーのゴアテックスだけの世界から、織や柄といった選択肢を一気に増やし、コレクションの可能性を広げる。
2020年:イタリアの山岳シューズブランド「SCARPA(スカルパ)」と コラボレーションし、ブランド初となるスニーカーを発表。