革新的アウターにこだわり!〈ヘルノ〉からサステナブルラインが登場

革新的アウターにこだわり!〈ヘルノ〉からサステナブルラインが登場

レインコートで創業し、撥水などの機能性とデザイン性を融合させたスマートな佇まいのアウターが世界中で愛されるイタリアのラグジュアリーアウターブランド〈HERNO/ヘルノ〉が、10月21日(水)から初のザ・ステージイベントを開催。会場では2020年春夏に発表された、サステナブルなアイテムを集約したライン「Globe(グローブ)」にフォーカス。土に還るエクスクルーシブ素材の「ファスト5ディグレーダブル」や再生ナイロンの「エコニール®」、植物由来染色の「オニベジ®」で仕立てたダウンアウター、リサイクルウールのコートなど、現代のニーズにマッチしたアイテムがラインナップされています。素材やデザインだけでなく、モノづくりの思想までがラグジュアリーな〈ヘルノ〉の魅力に触れられるポップアップショップです。

 

「ファスト5ディグレーダブル」×ダウン

「ファスト5ディグレーダブル」は、廃棄後に微生物などによって水と二酸化炭素に完全に分解するまでわずか5年といわれている〈ヘルノ〉のエクスクルーシブ素材。サステナブルなプロダクトは再生素材が主流ながら、「捨てること」に着目したアイテムです。「サステナブルだからではなく、いいと思ったモノがサステナブルだった」という逆説的な魅力を体験するのに最も近い素材といえます。

〈ヘルノ〉ダウンブルゾン
〈ヘルノ〉ダウンブルゾン 130,900円[三越伊勢丹限定色] 
商品を見る
〈ヘルノ〉ダウンブルゾン
〈ヘルノ〉ダウンブルゾン 107,800円
商品を見る

「エコニール®」×ダウン

「エコニール®」はアウターからバッグまで、幅広く使用されていることで知られる再生ナイロン。素材のクオリティを落とすことなく繰り返しリサイクルが可能なためラグジュアリーブランドも積極的に採用している循環型の繊維です。〈ヘルノ〉は中わたも羽毛布団からのリサイクルしたダウンを一部に使用しています。

〈ヘルノ〉ダウンコート
〈ヘルノ〉ダウンコート 132,000円
商品を見る

「リサイクルウール」×コート

「リサイクルウール」の元となるのは、本来であれば廃棄物となっていたものを再利用し、新たな価値を生み出したアップサイクルなウール。メランジエフェクトをかけたニュアンスのある色味やニットを着ているかのようなやわらかな着心地は、リサイクル素材であることを忘れ、あえてこの素材を選びたいと思わせる引力があります。

〈ヘルノ〉ダウンコート
〈ヘルノ〉コート 130,900円
商品を見る

「オニベジ®」×ダウン

「オニベジ®」は植物由来染色の再生ナイロンで、「オニ」はオニオンのこと。写真のダウンアウターは玉ねぎの外皮をベースにオリーブの実で染色を施しています。他にもインディゴ、竹炭などから抽出した成分と合わせ、ナチュラルなカラーシェードを生み出しています。中わたもリサイクルダウンを一部使用しています。流行に左右されない普遍的なスタイルも魅力です。

〈ヘルノ〉メンズダウンコート
〈ヘルノ〉メンズダウンコート 151,800円
商品を見る

創業時から〈ヘルノ〉が抱くサステナブルへの想い

〈ヘルノ〉の本社横を流れるのは、ブランド名の由来にもなったエルノ川。鳥のさえずりさえ聞こえてくる自然豊かな環境でレインコートからブランドをスタートさせました。外壁を植物におおわれた本社は周囲の長閑な景観と調和をなし、敷地内に建てられている工場はソーラーパネルや低消費型機械を導入するなど必要エネルギーの削減に努め、現在はエネルギーの自給自足に成功しています。アウターに使用されているダウンの一部は、社長のクラウディオ・マレンツィの母親の出身地、ロメリーナ渓谷に敬意を表し、同地から調達。ナイロン製ダウンの製造地の一部がイタリアではなくルーマニアであることを公表しているのも倫理的であることの一環です。

〈ヘルノ〉の本社

2020年に誕生したサステナブルライン「Globe(グローブ)」

これまでもエコサステナブルなプロダクトを展開してきた〈ヘルノ〉にあって、「Globe(グローブ)」はそれらとは一線を画す新しいライン。今後はエコサステナブル基準を満たすアウターウェアでコレクションを構成することを目指している〈ヘルノ〉の新たな第一歩ともいえます。ライニングに縫い付けられたタグにはプロダクトについての説明が明記され、それも〈ヘルノ〉が考える企業としてのコミットメントを伝えるための試みのひとつです。

〈ヘルノ〉のイベント展開商品はこちら

HERNO Globe POP UP
□10月21 日(水) ~27日(火)
□伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ

HERNO
1948年、北イタリアに位置するマジョーレ湖畔の町レーザで誕生。自然豊かな雨の多い地でレインコートからブランドをスタート。1950年代終わりにはカシミヤコートを手がけ、1968年に日本市場へ参入。現在はラグジュアリーアウターウエアブランドとしてダウンやゴアテックス素材まで拡充し、伝統とモダニティが融合したコレクションは世界中を魅了し続けています。

ISETAN MEN'S NETの記事はこちらから

〈ヘルノ〉のブランドページを見る(婦人)

〈ヘルノ〉のブランドページを見る(紳士)

この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする