今年買うなら“クリアレンズ”。バイヤーおすすめジャパンブランドのサングラス

この夏買うなら“クリアレンズ”、バイヤーおすすめ!ジャパンブランドのサングラスのメイン画像

紫外線が気になる季節が到来。UV対策としても、ファッションのアクセントとしても夏に欠かせないサングラスは今季、“クリアカラーのレンズ”に注目!

伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/アイウェアでセレクトする約20ブランドのなかでもバイヤーがおすすめするのは、近年注目が高まる3つのジャパンブランドのサングラス。日本人のフェイスラインにフィットする設計、細部にこだわりを秘めたパーツなど、めがねの産地として世界に誇る福井県鯖江市の職人による確かな技術が落とし込まれたジャパンメイドならではのその魅力。今回は美の感性が随所に光る、ユニセックスで使えるサングラスをご紹介します。

「ISETAN Leaf」のアイウェア商品一覧を見る

マスク着用でも表情が見える、クリアカラーのレンズがトレンド!

マスク着用が必須の日常が続くなか、サングラスをかけると顔のほとんどが覆われて表情が分かりにくい…。そんなお悩みを解決してくれるのがクリアカラーのレンズ。薄い色付けにより目元が透けることで表情が見え、話す相手に明るい印象と安心感を与えてくれます。またレンズの変更も可能なので、透明のレンズに入れ替えてオールシーズン使うことができるのもおすすめポイントです。

\サングラス初心者におすすめ/
<アイヴァン>の「Kate」

アイヴァンサングラス画像
<アイヴァン>Kate OCH 30,800円 
□伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/アイウェア
※店頭のみのお取り扱いとなります。

<EYEVAN / アイヴァン>は“着る眼鏡”がコンセプトのアイウェアブランド。<アイヴァン>の数あるボストンシェイプのなかでも、60年代のムードに、80年代のビッグシルエットをMIXしたようなヴィンテージ風スタイルをベースにしたモデルの「Kate」。ブラウン系のカラーは洋服にも合わせやすいためサングラス初心者の方にもおすすめです。耳にかける部分には滑り止めが付いており、汗をかいてもズレ落ちにくいという細部のパーツに宿る気遣いもポイント。

 
アイヴァンサングラスのディティール画像

世界中から収集したヴィンテージのアイウェアをデザインソースに、隠れた細部にまで装飾をあしらう<アイヴァン>。職人によるハンドメイドと最新の機械によるマシンメイドを組み合わせ、約400もの工程を経て丁寧に仕上げられています。テンプルに埋め込んだメタル芯の表裏には、クラシックカーのパーツからインスパイアされた柄が施されており、よく見ると緻密な彫りが刻まれているのが分かります。高度な技術を持つ鯖江の職人だからこそ実現できる、美しいデザインのサングラスです。

 

\クラシックだけど今っぽい/
<アヤメ>の「TPC」

アヤメンサングラス画像
<アヤメ>TPC(ミルキーホワイト) 44,000円 
□伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/アイウェア
※店頭のみのお取り扱いとなります。

2010年にデザイナー 今泉悠氏が立ち上げた<ayame / アヤメ>。“温故知新”をテーマに、古きよきデザインを踏襲しながら、オリジナリティ溢れるアイウェアを展開するブランドです。ボストン型をベースに、上リムを多角形のようにカクカクさせた、フレンチヴィンテージを代表するクラウンパント型のモデル「TPC」。ブリッジにメタルを用いたコンビネーションフレームは、鼻筋がすっと通りすっきりした印象に。ライトベージュのフレーム×ダークグリーンのレンズという一見個性のある佇まいですが、絶妙なニュアンスカラーなので肌馴染みがよく、普段使いにぴったり。男性はもちろん、やや小さめのサイズ感なので女性にもおすすめです。

 
アヤメサングラスのディティール画像
アイヴァンサングラスのディティール画像

ぱっと見では分かりづらいディテールにまでこだわっている<アヤメ>。チタン素材のノーズパッドに配されたブランドロゴと溝は、サングラスが鼻からずれ落ちるのを防止する役割を担っています。また、日本人の鼻にフィットするよう小さめのパッドを使用。個々に合わせて調整が効く、快適な着け心地が魅力です。

   

\虜になるかけ心地/
<イークエ・エム>の「COTTON CANDY」

イークエ・エムサングラス画像
<イークエ・エム>COTTON CANDY 37,400円 商品を見る
□伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/アイウェア
□三越伊勢丹オンラインストア

“ありのままの自分を優美に魅せる”をコンセプトに、デザイナー Eque.M(イークエ・エム)が自身の名前を冠したブランド。魅力的な輝きを放つアセテートと、洗練されたチタンを使用し、すべて福井県鯖江市で手作りしています。ミニマルなデザインに仕上げられたモデル「COTTON CANDY」は、とても軽量で耳や鼻に負担がかからず、かけ心地の良さを体感できます。ピンク系のレンズは顔色を良く見せる効果があり、明るく健康的な印象を与えます。

 
イークエ・エムのディティール画像

注目すべきはその造形美。鯖江が長年培ってきた高度なチタン加工技術で、フレームの細さとリムの美しい曲線を生み出しています。他にも接続部分をシームレスな見た目にする、極細のフレームを丁寧に磨き上げるなど、熟練した職人だからこそ成せる技で作られたアイウェアは見るたび、使うたびに愛着が湧くはず。

 

これだけは知っておきたい、サングラスの基礎知識

サングラスのパーツの知識
サングラス選びの際に知っておくと便利! 各パーツの名称や役目をお教えします。

サングラス説明図

①ブリッジ:左右のレンズ枠を繋ぐところ。全体の強度にも関係がありますが、サングラスの中央に位置するため全体のイメージを左右する重要な部分。また、その取りつけ位置(高さ)もフロントのデザインバランスの中で重要です。
②先セル(モダン):テンプルの先の耳当て部分。
③フロント:顔の前面にかかる部分の総称。サングラスの型はフロントのデザインで区別されます。
④リムロック:フロントがメタル及び、コンビネーションタイプのリムを止めている部分のこと。この部分のネジを緩めてレンズの取り外しを行います。
⑤蝶番(ヒンジ):フロントとテンプルとの接続部分。サングラスを折りたたむための「ちょうつがい」の役割を果たすもので、多少抵抗のあった方がよいです。
⑥ヨロイ:フロントフレームとテンプルを繋ぐ部分。
⑦ノーズパッド:メガネを支える鼻あて部分。
⑧リム:左右のレンズをそれぞれはめている部分のこと。また、この部分がなく、レンズに直接フレームを取り付けているものをリムレスタイプといいます。
⑨テンプル:フロントから耳にかける部分。メガネを支えるパーツで、形状や角度によりフィット感を左右する重要な役割を持っています。


\バイヤーが解説!/
サングラスの上手な取り扱い方


サングラスは非常にデリケートな製品。快適にフィットしていても、使い方によっては型崩れが起きてしまいます。そうなる前に知っておきたい、基本の取り扱い方やお手入れ方法をイセタンリーフのバイヤーが紹介します。

■取り扱い方
・掛け外しは必ず両手で
両手で左右のテンプル部分を持って、顔に対して真っすぐ掛け外ししてください。片手で行なうと曲がってバランスが崩れる、テンプルが開いてズレ落ちるなどの原因になります。

・置くときは上下逆に
サングラスを外して机の上などに置くときは、支える点が多くなるように、テンプルを開いたまま上下逆に置いてください。テンプルの開け閉めによるネジの緩みを防ぐ効果もあります。

・折りたたみは左のテンプルから
サングラスやメガネのほとんどは、左のテンプルから折りたたむ仕様になっています。右からたたむと左のテンプルが浮いた状態になり歪む原因に。ネジの緩みを防ぐため、ケースに入れるとき以外はできるだけ折りたたまないようにしましょう。

・持ち歩くときはメガネケースに入れる
メガネ拭きを敷いてから、レンズを下向きにしてメガネケースに入れます。レンズを上向きにすると、ケースのフタを閉めるときの勢いでレンズに衝撃が加わる可能性があるので避けましょう。

■お手入れについて(洗い方・拭き方)
【サングラスの洗い方】
・汚れがついたら水洗いする
サングラスのフレームは、整髪料や化粧品の影響で白く濁って艶がなくなることがあります。その際は、薄い中性洗剤で落とし水洗いしてください。プラスチックフレームは変色や劣化の原因にもなりますので、お湯の使用を避けましょう。

・汗や海水は水で塩分を洗い流す
スポーツやレジャーで汗をかいたり、海水に濡れてしまったときは、なるべく早めに塩分を落としてください。塩分が付着するとレンズにシミが付いてしまいます。水道水できれいに洗い流し、メガネ拭きなどの柔らかい布で、水分が残らないように細部まで入念に拭いてください。

・ベンジン、シンナーなどの溶剤は使用不可
ベンジンなどを使用すると、プラスチックや塗装部分が変質します。汚れ取りには非イオン系活性剤を使いましょう。

【レンズの拭き方】
・拭く前に砂や埃を落とす
砂や埃がついたままレンズを拭くとキズがついてしまいます。拭く前にレンズの表面を息で吹き払う、水で洗い流すなどしてください。

・レンズの外側を持って軽く拭く
無理に力を入れて拭くとキズや破損の原因になります。拭く方のレンズの外側を持って軽く拭いてください。特にミラーレンズの表面はデリケートなので、軽く濡らした柔らかい布で汚れを一方向に拭き取るようにしてください。

■半年に一度はメンテナンスを
使っているうちに、ネジが緩んでレンズがガタつく、蝶番が硬くなりテンプルが折りたたみにくいということも……。半年に一度はメンテナンスに出すことをおすすめします。伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/アイウェアでは、ご購入されたサングラスの修理を承っています。
また、幅広い領域の専門知識・スキルを持つアイウェアコンシェルジュが、サングラス選びのサポートをします。

「ISETAN Leaf」のアイウェア商品一覧を見る
「ISETAN Seed&Leaf」オンラインショップはこちら

伊勢丹新宿店の営業時間のお知らせはこちらをご覧ください。

イセタンシードの画像
ISETAN Seed
“毎日が広がっていく、デイリーライブラリー”をコンセプトに、伊勢丹新宿店の各フロアから選び抜かれた食・コスメ・日用品・雑貨など、バラエティに富んだ約100ブランド、約1,300点のアイテムを取りそろえる本館1階のセレクトショップ。
ISETAN Leaf
“旬な変化を楽しむタイミングコンセプトショップ”として、伊勢丹新宿店全館から季節やさまざまなオケージョン関心の高いアイテムをセレクトした「イセタンリーフ」。定期的に変わるプロモーションスペースに加え、常設アイテムとして、帽子・アイウェア・スカーフ・ストール・ヘアアクセサリーなど、日常生活から特別な日まで寄り添うファッショングッズを揃えます。
 

※価格はすべて税込です。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。