久米繊維工業とコラボレーション。「ISETAN × KISS, TOKYO “TOKYO DESIGN MEETING”」のオリジナルTシャツ&スウェットが誕生!

久米繊維工業とコラボレーション。「ISETAN × KISS, TOKYO “TOKYO DESIGN MEETING”」のオリジナルTシャツ&スウェットが誕生!のメインビジュアル

ジャパンメイドのTシャツとして世界中にファンの多い久米繊維工業と、「ISETAN × KISS, TOKYO “TOKYO DESIGN MEETING”」とのコラボレーション。「Kiss」Tシャツでおなじみ5人のアーティストのメッセージがプリントされた、オリジナル限定Tシャツとスウェットが発売されます。

着心地抜群!子どもから大人まで老若男女問わず、誰もが楽しめるサイズとデザインの展開で、夏はもちろん、秋冬はインナーとしても大活躍。これからの「TOKYOクラシック」を象徴するステートメントアイテムとして、プロジェクトイチ推しのアイテムです。

今回ご紹介するアイテムは、2021年9月1日(水)午前10時よりオンラインストアにて販売いたします。

“久米Tシャツ”が愛される理由をオンラインプレゼン!

今回のコラボレーションにあたって、“久米Tシャツ”を支えてきた専務取締役の久米 秀幸さんにインタビュー。久米さんのコメントを交えながら、今回のコラボレーションの魅力、Tシャツへのこだわりなどについて紹介します。

世界に誇るジャパンメイドのTシャツを作り続ける、ファクトリーブランド

「久米繊維工業」は、1935年に創業した、東京のTシャツ製造の老舗。ファクトリーブランドであるKUME.JPのTシャツは、ジャパンメイドならではの品質を誇ります。日本国内にはもちろん海外のファンも多く、注目を浴びています。

  • 直営店の画像

    定番から新作まで、ラインナップが揃う墨田区のファクトリーショップ。Tシャツの本場アメリカの方も、「私の国にはこのような着心地のTシャツはない!」と帰国前に立ち寄ったこともあったとか。

Tシャツの概念が変わる、着心地のよさ

  • KUME.JPのTシャツ画像

    「職人の実直さや、技のきめ細やかさが積み重なり、それが着心地、肌触りに影響していくのだと思います」と、久米さん。人の手により時間をかけて作られたTシャツとスウェットは、タフさと温もりが同居しています。(Photo:Masayuki Shiratori)

6種の型番から、今回のTシャツ用に選んだのは、ゆとりのあるシルエットと少し厚手の生地のもの。リラックスして着られる、時代に左右されないスタンダードなタイプです。生地は、優れた技術を持つ紡績会社の手で紡がれ、国内で丁寧に編まれたものを使用。抜群の肌触りは耐久性も兼ね備えます。柔らかい肌あたり、抜群の着心地に思わず、ショップの試着室から「おぉ!」と声があがることもめずらしくないとか。スウェットは、洗いこむほどに味わい深くなる綿100%の裏パイル生地。動きやすいラグランスリーブながら、縫製がしっかりしているので、どこかスマートさを添えてくれます。

風合いに差が出る、職人仕込みのシルクスクリーンのプリント

今回用いたのは、シルクスクリーンのプリント。その魅力を久米さんが教えてくれました。

  • 工場長の大槻清治さん作業の様子画像

    工場長の大槻 清治さんは、職歴50年。国際スクリーン印刷連盟主催のプリントショーにおいて最高賞であるゴールデン・スキージ賞を受賞したベテランで、後進の指導を行なっています。(Photo:Cross Photo Service)

「シルクスクリーンのインクは多種多様です。デザインに合わせてラバー感を出そうか、生地に染みこませようか。手仕事だと色の調子やニュアンスも変えられるので、自由に調合出来る分、オリジナリティが出せますね。プリントの際には、スキージーというヘラを使うのですが、シャープなものや摩耗して角がとれたものを、柄に合わせて使い分けることも。人の手に影響されるからなのか、どこか愛着を感じます」。手仕事ならではの温もりある仕上がりを、ぜひ直接着てみて確かめてください。

長く愛用できるよう工夫された縫製

  • Tシャツ縫製の画像

    ブランドラベルは、肌へのあたりを配慮して、左右縫いや四方縫いされています。(Photo:Cross Photo Service)

肌に直接ふれるTシャツは、その分汚れやすく洗濯頻度の高いアイテム。久米繊維工業のTシャツは、できるだけ風合いを損ねず長く着てもらえるための工夫が施されています。襟は、3重にして縫いつけて丈夫な仕上がりに。着脱時ののびにもめげません。袖と裾の天地引き縫製は横方向のつっぱりに強く、また脇に縫い目のない丸胴仕立ては、肌あたりがいいのも特徴です。​「縫製に工夫を凝らし、タフに仕上げています。1〜2年着用してほどよくなるような作りです」と、久米さん。どれも熟練度のいる縫製方法ですが、これもファクトリーブランドだからこそ実現できるきめ細やかな気配りです。

どのサイズ、メッセージで選ぶ?

  • 久米繊維工業とコラボレーション。「ISETAN × KISS, TOKYO “TOKYO DESIGN MEETING”」のオリジナルTシャツ&スウェットが誕生!のメインビジュアル

    出来上がったばかりのTシャツ&スウェットを、スタッフがそれぞれのスタイリングで着用!ビッグシルエットで着たり、タックインで楽しんだり、好きなコーディネートに合わせてメッセージやサイズを選ぶのもおすすめです。

今回は、5人のアーティストによる、5つのメッセージをTシャツ&スウェットにプリント。それぞれ、子どもも大人も楽しめるサイズで展開します。「どのメッセージもデザインもすごくいい。いろいろな人のTOKYOがあって、それぞれの個性がでていますよね。メッセージが書かれたTシャツを着るのは、直接肌にふれるものだから、そのコトバに愛がないとできないのでは」と久米さんが考えるように、どれもが参加アーティストの“東京愛”にあふれたメッセージです。どのメッセージ、どのサイズを着ようか迷うのも楽しみのひとつですね。なお、各アイテムともに数量限定なので、お気に入りのメッセージがあるなら、いち早く手に入れることをおすすめします!

Tシャツラインナップ紹介

A place Where it’s cold and warm, but not lukewarm TOKYO.
工藤大輝 / Da-iCE

  • 工藤大輝さんアイテムの画像

    <KUME.JP/久米繊維工業>
    左:スウェット
    サイズ:M/L/XL 各8,250円 商品を見る
    右:Tシャツ
    サイズ:S/L/XL 各6,380円 商品を見る

「冷たくて温かいけどヌルくない場所」

歌詞のようにメッセージがリフレインされたデザインのTシャツは、5人組男性アーティスト「Da-iCE」のパフォーマー兼リーダーの工藤さんのメッセージ。グループの作詞・作曲のみならず、他アーティストへの楽曲提供も多数行っている、工藤さんらしさが全開!

A city that accepts everything, Tokyo
ゆうこす / モテクリエイター

  • ゆうこすさんアイテムの画像

    <KUME.JP/久米繊維工業>
    左:Tシャツ
    サイズ:S/L/XL 各6,380円 商品を見る
    右:スウェット
    サイズ:M/L/XL 各8,250円 商品を見る

「なんでも受け入れてくれる街、東京」

多種多様なフォントを用いて、TOKYOの懐の深さを表現したのは、「モテクリエイター」として、SNSを中心にタレント、インフルエンサーとして活躍中のゆうこすさんのステートメント。SNSの総フォロワー数は165万人以上、自身もさまざまな世代に向けて発信するゆうこすさんらしいデザインです。

I've only ever fallen in love in Tokyo
テリー 伊藤 / 演出家 

  • テリー 伊藤さんのアイテム画像

    <KUME.JP/久米繊維工業>
    左:スウェット
    サイズ:M/L/XL 各8,250 商品を見る
    右:Tシャツ
    サイズ:S/L/XL 各6,380円 商品を見る

「東京でしか恋した事ない」

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」など数々のテレビ番組の企画・総合演出を手掛け、現在もプロデューサー、タレント、コメンテーターとしてマルチに活躍しているテリーさん。その原動力は、TOKYOへの愛!? シンプルなフォントでスクエアを描いたデザインは、さまざまな着こなしにフィットします。

There is everything in Tokyo
MEGUMI / 女優

  • MEGUMIさんアイテムの画像

    <KUME.JP/久米繊維工業>
    左:スウェット
    サイズ:M/L/XL 各8,250円 商品を見る
    右:Tシャツ
    サイズ:S/L/XL 各6,380円 商品を見る

「東京には全部ある」

近年は映画やドラマ、舞台への出演と活躍の場を広げているMEGUMIさん。TOKYOの持つ多様性と、そこから生まれるエネルギーを表したメッセージは、シンプルながらもパワフル。文字サイズが徐々に大きくなるデザインは、今もなお発展し続けるTOKYOを物語るようです。

Where most friends in the world lives tokyo
やついいちろう / 芸人・DJ・俳優

  • やついいちろうさんアイテムの画像

    <KUME.JP/久米繊維工業>
    左:Tシャツ
    サイズ:S/L/XL 各6,380円 商品を見る
    右:スウェット
    サイズ:M/L/XL 各8,250円 商品を見る

「世界で一番友達が住んでいる所」

お笑い・ミュージシャン・アイドル・文化人といったジャンルレスの「YATSUI FESTIVAL!」のオーガナイザーをつとめる、やついいちろうさん。その幅広い活動と交友関係が生まれるTOKYOを物語るメッセージと、自由で遊びのあるデザインが上手くマッチしています。

「ISETAN × KISS, TOKYO “TOKYO DESIGN MEETING”」

■2021年9月1日(水)~9月14日(火)
■伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ/プロモーションスペース
■電話 03-3352-1111 大代表
 ※会期は都合により変更になる場合がございます。

伊勢丹新宿店の営業時間のお知らせはこちらをご覧ください。

次回は8月25日(水)に、今回のイベント限定で取扱うブランドや注目アイテムをご紹介します。

※画像はすべてイメージです。
※価格はすべて税込です。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。