<ロエフ>の2タックパンツ「リラックスした着心地と、凛とした品格」

<ロエフ>の2タックパンツ「リラックスした着心地と、凛とした品格」メインビジュアル

日々をともにする愛すべき名品(=My Dear)は、どれもそこへたどり着くまでのストーリーがあります。

一人ひとりの想いが詰まった品とそのストーリーをひもとく、プライムガーデンの連載「HELLO, My Dear」。今回話を聞くのは、<LOEFF/ロエフ>のパンツを愛用する小野澤  亜南さん。三越伊勢丹に勤めながら、インスタグラム(@anaaaaaaan)では自身のファッション観やライフスタイルを発信し、多くのフォロワーから支持を集めています。そんな小野澤さんが出合ったMy Dearとは。

私の「My Dear」との出合い

<ロエフ>の2タックパンツ

<ロエフ>の2タックパンツ
セレクター:小野澤 亜南/三越伊勢丹スタッフ 愛用歴:2年

<ロエフ>は、ユナイテッドアローズのインハウスデザイナーとして活躍していた鈴木 里香さんが、「年齢を重ねても大切にしたい日常着」をコンセプトに2019年に立ち上げたブランド。肩肘張らないシンプルさのなかに、素材やシルエットへのこだわりが光るコレクションで、ファッション関係者からも一目置かれる存在です。

小野澤さんが<ロエフ>とはじめて出合ったのは、六本木のとあるセレクトショップ。トルソーがはいていた白いパンツを見て、瞬時に“名品レーダー”が反応したそうです。

出合った瞬間、シルエットの美しさに引き寄せられた

「子どもの頃からファッションが大好き。母や祖母を通じて華やかさや優雅さといったエレガンスを感じるスタイルに興味を持ち始めたことをきっかけに、近年ではよりシンプルで品格を感じるものに惹かれています。このパンツに出合ったのは2年前。当時、<ロエフ>のことは知らず、店先でたまたま見かけました。その瞬間、シルエットの美しさに引き寄せられてしまって。ハイウエストのパンツはスタイルをきれいに見せてくれるし、外向きのタックはウエストが細く見えるんですよね。こういうデザインを見ると、思わず手に取りたくなります」

<ロエフ>の2タックパンツ着用

実際に試着をしたり、店員さんの話を聞くうちに、その直感が確信に変わったという小野澤さん。

「はいてみると、本当に着心地がいいんです。ウエスト部分にボタンが2つ付いているので、普通のハイウエストのものより苦しくない。ほかにも、カッティングにこだわっていたり、生地に黄ばみにくい加工を施していたりと、いろいろな話をうかがっていたら、気づけば1時間以上話し込んでいて・・・(笑)。そんなふうに熱く語ってくれる店員さんの姿にも愛を感じました」

リラックスしたはき心地と、どこから見ても美しいライン

ワードローブの仲間入りを果たしてからは、シーズンを問わず大活躍しているという<ロエフ>のパンツ。機能性と見た目を両立した優秀パンツと太鼓判を押します。

「ハイウエストって、座ったときにちょっと苦しかったりするんですよね(笑)。でもこのパンツは2つのボタンが優しくカバーしてくれる。タックも深く入っているので、見た目よりもリラックスしてはくことができます。ヒップから足にかけてのラインも美しくて、随所にデザイナーさんのこだわりが詰まっていることを実感しました。思わずSNSで発信したら、たくさんの方から『どこのパンツですか?』と問い合わせをいただき、大反響だったことを今でも覚えています」

  • <ロエフ>の2タックパンツ着用

  • <ロエフ>の2タックパンツ着用

美しいウエストラインを生かして、薄手のニットやシャツなど、トップスをインするコーディネートがお気に入りという小野澤さん。合わせる雑貨はシンプルなデザインにして、パンツを主役にしたコーディネートを楽しんでいるそうです。

<ロエフ>の2タックパンツ着用

「密度が高くハリのある素材を使っているので、きちんとした場面でも着ることができて、幅広くスタイリングできるのもいいところ。春先は爽やかなカラーリングを合わせてみたいですね。白いシャツやカットソーでワントーンコーデにして、バッグやスカーフの色で遊んでみるとか。ワントーンはスタイルアップして見えるし、白は気持ちを晴れやかにしてくれるので、このパンツと一緒にぜひチャレンジしたいです」

たくさんの想いから生まれる“よいもの”が、自分を成長させてくれる

春に向けて、スタイリングのイメージをふくらませる小野澤さん。最後に、あらためて<ロエフ>の魅力を聞きました。

「<ロエフ>には、身に着ける人を美しく見せたいという職人の心意気と、シンプルなものを追求して生まれたエレガンスを感じます。着心地のよさはもちろん、このパンツから感じる凛とした品格がとても好き。デザイナーの鈴木さんにもお会いしたことがあるのですが、鈴木さんご自身も凛とした素敵な方でした。“よいもの”は、いろいろな人の手と想いが加わってできるものだし、<ロエフ>からはその想いがひしひしと伝わってきます。“よいもの”に触れることで自分も成長できるし、時間をかけて自分なりのストーリーもつくっていきたい。そういう、“ものに想いをはせる時間”を大切にしていきたいです」

<ロエフ>こだわりのコレクションは、プライムガーデンで展開中

着回しやすく、自然体でいられる服。プライムガーデンがお届けしたい新しいラグジュアリーのかたちを体現するブランドのひとつとして、2021年の秋冬からお取り扱いをスタートした<ロエフ>。記事内でご紹介したパンツは、ワークパンツをベースにしたマニッシュなテイストを、美しいシルエットに仕上げた定番アイテムです。リラックスしたはき心地でありながら、ラフに見えない絶妙なさじ加減。デザイナーのこだわりが随所に光ります。

  • <ロエフ>の2タックパンツ白
  • <ロエフ>の2タックパンツ黒

LOEFF/ロエフ>2タックパンツ 各36,300円 商品を見る

記事内で小野澤さんがポイントにあげていた、ウエストの2つボタン。ハイウエストでも窮屈に感じさせない工夫がこらされています。メリハリをつけて、ウエストラインを美しく見せてくれるタック入り。

ウエストの2つボタン

少し上めについたバックポケットは、ヒップ位置を高く、スタイルアップして見せてくれます。

バックポケット

白いパンツは下着の透けや変色が気になるという方も多いはず。<ロエフ>のパンツは、しっかりとした厚みのある生地なので一枚で着用OK。さらに、黄ばみを防止する加工を施して、いつでも美しい白を楽しんでいただけます。

厚みのある生地

「<ロエフ>のよさは、デイリーに着用できる心地よさと、シンプルで美しいデザインにあると思います」と小野澤さん。いまの自分にフィットするだけでなく、10年、20年先も愛用したくなる<ロエフ>の服。ぜひ、その着心地と美しさに触れてみてください。

<ロエフ>のパンツを着用したスタッフのスタイリングをご覧いただけます。

プライムガーデンの店頭画像
プライムガーデン
「あたらしいラグジュアリー」をテーマに、大人の女性に向けシンプルでハイ・クオリティなファッションアイテム、クラフトマンシップあふれるライフスタイルグッズを展開する、伊勢丹新宿店 本館4階のセレクトショップ。
※本館4階 ザ・ステージ#4にてイベント・プロモーションを併設中。