言葉から創造するファッション。リ・スタイルがコピーや短歌から着想したアイテムをキュレーション

リ・スタイル クリスマス

伊勢丹新宿店本館3階 リ・スタイル(ReStyle)では、“言葉と出会う偶然、言葉から感じる共感、思い巡らせる創造体験”をテーマにしたイベント「幸服箱」を12月25日(金)まで開催中。

“写真名”

“写真名”


印象的なコピーを数多く残したコピーライター・眞木準さんの名コピーや、六本木の本屋「文喫」がセレクトした短歌からイメージを膨らませ、言葉から連想するアイテムをキュレーションしてご紹介いたします。
リ・スタイルの店内に散りばめられた数々の言葉から、心に響くファッションとの出会いを体験してみてはいかがでしょうか。

リ・スタイルのページはこちらから



■今も色褪せない、過去の伊勢丹キャンペーン広告のキャッチコピーからインスピレーション

1980~90年代にかけて伊勢丹のキャンペーンをはじめ、さまざまな企業のコピーを手掛けてきたコピーライター・眞木準(まき じゅん)さん。リ・スタイルでは、過去に伊勢丹のキャンペーン広告で使用した「恋が着せ、愛が脱がせる。」、「恋を何年、休んでますか。」などの代表的なコピーを再解釈し、言葉からイメージする背景や女性像までをファッションを通して表現していきます。

恋が着せ、愛が脱がせる。/ 眞木準(1989年)
curated by ReStyle

“写真名”

左上から時計回りに
LORETTA CAPONI/ロレッタ カポーニ〉ドレス 190,300円 商品を見る
SOPHIE BILLE BRAHE/ソフィー ビル ブラーエ〉ピアス 187,000円 商品を見る
J.W.Anderson/ジェイダブリューアンダーソン〉ジャケット 187,000円 商品を見る
PACO RABANNE/パコ ラバンヌ〉ドレス 105,600円 商品を見る
SOPHIE BILLE BRAHE/ソフィー ビル ブラーエ〉ピアス 236,500円 商品を見る
□伊勢丹新宿店 本館3階 リ・スタイル

◆SELECT STORY
誰かに恋したとき、誰かに愛されたとき、人は自分が自分でいられないようなどうしようもない気持ちになるものです。このキャッチコピーの女性も、まるでこの世界の主人公が自分と相手だけになったようなロマンチックな大恋愛の渦中にいるのでしょう。 自分でいられなくなった彼女には、「相手」だけを意識してとびっきりめかしこんでいてほしい。ここぞとばかりの一張羅と、夢のようなジュエリーを身に付けて、私が一番と思いこむためのとっておきを。

キュレーションアイテムはこちらから

恋を何年、休んでますか。/眞木準(1988年)
curated by ReStyle

“写真名”

左上から時計回りに
COATE/コート〉スカート 71,500円 商品を見る
leur logette/ルール ロジェット〉ブラウス 53,900円 商品を見る
Rito/リト〉レースベスト 28,600円 商品を見る
MARCOMONDE/マルコモンド〉ソックス 3,080円 商品を見る
KATIM/カチム〉シューズ 52,800円 商品を見る
□伊勢丹新宿店 本館3階 リ・スタイル

◆SELECT STORY
現代もなお色あせることのない、あまりにも有名なこのキャッチコピー。 無我夢中で生きてきた、見栄っ張りで頑固なひとりの女性を想像しました。 きっと彼女は「自分」がとても大切で、”恋”という魔物によって自分が失われてしまうのが怖いのかな・・・と。 だから、がんばってきた自分を肯定してあげるようなものを、そして見ないフリをしていた自分の素直な気持ちを見つめて、一歩踏み出す勇気と自信を持てるようなものを、彼女に贈りたいと思います。

キュレーションアイテムはこちらから

■六本木の本屋「文喫」ともコラボレーション。現代短歌のピックアップや本のセレクトも

文喫

今回のイベントでは、六本木にある本屋「文喫(ぶんきつ)」とのコラボレーションも見どころの一つ。
ジャンルは違えども、お客さまに新たな出会いを提案しているところに共鳴し、一緒にイベントを作り上げることになりました。
「文喫」がセレクトした二人の歌人・鈴木晴香さん、伊波真人さんによる作品を、雑誌『GINZA』を中心に活躍する編集の大平かりんさんや、リ・スタイルのスタッフがイメージを膨らませ、アイテムを提案します。

てのひらがもしも地図なら僕たちは感情線でときどき迷う/ 伊波真人(2017年「ナイト フライト」より)
curated by 大平かりん

“写真名”
左上から時計回りに
Meryll Rogge/メリル ロッゲ〉ニットべスト 70,620円 商品を見る
Vivienne Westwood RED LABEL/ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル〉ペンダント 40,700円 商品を見る
SIMONE ROCHA/シモーネ ロシャ〉ドレス 124,300円 商品を見る
Shrimps/シュリンプス〉バッグ 72,600円 商品を見る
□伊勢丹新宿店 本館3階 リ・スタイル

◆SELECT STORY
恋に迷った時、私が立ち返る原点。それは「愛しあってるか~い?」「イェ~イ!」、1989年に放送されたTVドラマ『愛しあってるかい!』(フジテレビ)のお馴染みの掛け合い。理性や良識よりもとにかくノリ重視。所詮、恋に恋しているだけかもしれない。でも、それで、何か問題でも?赤、ピンク、ハートモチーフ、想いがあふれる服で街に出よう。日々変化する手相のように、自分の運命は緩やかに変わっていく。(大平かりん)

キュレーションアイテムはこちらから

もう一度(例えば恵比寿の改札で)振り向こうと思えば振り向ける / 鈴木晴香(2016年「夜にあやまってくれ」より)
curated by 佐藤あかり

“写真名”

左から時計回りに
Shrimps/シュリンプス〉スカート 53,900円 商品を見る
Chika Kisada/チカ キサダ〉セーター 64,900円 商品を見る
KATIM/カチム〉ブーツ 86,900円 商品を見る
BUILDING BLOCK/ビルディング ブロック〉バッグ 69,300円 商品を見る
□伊勢丹新宿店 本館3階 リ・スタイル

◆SELECT STORY
けど、振り向いてやらない。 私はこの歌に、女の子の強さを感じます。女の子は複雑、だけど強い生き物。長い人間の歴史のなかで着る服も、スカート・ドレスだけでなく、パンツまで勝ち取ってきた。気合いを入れて着飾っても、肩透かしをくらうことだってあります。そんな時でも、背筋をピンと伸ばして颯爽と歩く、そんなあなたのためのアイテム。(リ・スタイル 店頭スタイリスト・佐藤あかり)

キュレーションアイテムはこちらから

“写真名”

“写真名”

また、店頭では「文喫」がそれぞれのキャッチコピーや短歌に合わせてセレクトした本の販売も行います。本にはセレクトした理由を綴ったしおりが挟まれているので、言葉からどんなイメージを受けたのか、その背景を感じ取りながらお楽しみください。


PROFILE

眞木準(1948‐2009)
愛知県知多市出身のコピーライター。1971年博報堂に入社後、クリエイティブチームに在籍し、企業のコピーを12年に渡って手がけた。その後フリーに転身し、企業のキャッチコピーを手がける一方で朝日新聞社から刊行された週刊誌『AERA』のネーミング考案などにも携わった。

文喫
東京・六本木で「文化を喫する、入場料のある本屋」をテーマに、幅広いジャンルの書籍を販売。入場料を払い入店する店内には、一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たせる喫茶室を併設。さまざまな本との出合いの場を提供している。

伊波真人
歌人。1984年、群馬県生まれ。大学在学中に短歌の創作を始める。2013年、「冬の星図」により角川短歌賞受賞。雑誌、新聞を中心に短歌、エッセイ、コラムなどを寄稿。ポップスの作詞なども行う。著書に歌集『ナイトフライト』などがある。

鈴木晴香
東京都生。塔短歌会、京都大学芸術と科学リエゾンライトユニット所属。歌集『夜にあやまってくれ』(書肆侃侃房・新鋭短歌シリーズ)。2019年「パリ短歌イベント」短歌賞にて在フランス日本国大使館賞。2020年1月、日本画家・佐貫絢郁さんと個々展を開催した。Readin' Writin' BOOK STOREにて〈現代短歌〉教室「31文字のせつなさ」を毎月開催中。来夏、第2歌集を左右社より出版予定。

大平かりん
東京生まれ。雑誌『GINZA』を中心に活躍するファッションエディター。365日同じ格好はしない「自由すぎる私服スナップ」が話題。Instagram(@ko365d)にも注目。

佐藤安花里(リ・スタイル 店頭スタイリスト)
2019年入社、2年目。「服と言葉は印象をつくる」を合言葉に、今日も本を読み、服を着る。冬は雪の音が好き。夏は終わりの雰囲気が好き。春と秋はくしゃみが出る。Instagram(@akarino082)

幸服箱
□2020年12月9日(水)~2020年12月25日(金)
□伊勢丹新宿店本館3階 リ・スタイル

リ・スタイル 全商品一覧を見る
リ・スタイルのページはこちらから

※価格はすべて税込です。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする