美術

小瀬村真美 展 解剖学的観察  Anatomical Observation

このページをシェアする

2021/05/24 UP

三越で初個展となる小瀬村真美氏。今回のテーマは解剖学的観察です。

近年行っている絵画の構造を解体するような「西洋絵画の解剖」と、新シリーズの「図鑑―写生帖と植物画―」という大きく二つの構成による展示です。

物、さらには絵画を「解剖学的に観察する視点」を強調し、鑑賞者にこれまでと異なる視点を提示することで新鮮な驚きを促します。

 

 

 

【図鑑 ー写生帖と植物画ー】パートでは、新作の写真シリーズ《解剖学的観察 Anatomical Observation》をはじめ、研究目的で描かれた植物画をベースとした精密な写真作品、草花や虫などの観察のために描かれた日本のスケッチブックである写生帖を基にした映像作品《蝶 Butterfly》などを展示。【西洋絵画の解剖】パートでは、古典絵画を解体する作品シリーズから、数カ月の撮影を1枚の合成写真に凝縮した《餐 Banquet》、絵画の模倣の過程を連番写真として記録した《粧 Guise》を制作の裏側とともにご紹介と展示をいたします。

 

絵画の持つ虚偽的で理想化された世界を眼前に生々しく再現することは、通常誰しも持っているような思いこみや社会通念の脆さを露呈させる一方、その露呈された崩壊後の姿には静けさと無常の美意識が滲み出てくるのを感じます。このマニアックで、しかし新鮮な感覚を会場では皆様と共にシェアできますことを楽しみにしております。                                     (小瀬村真美)

 

 

【略歴】

1975年 神奈川県生まれ

2005年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻油画研究領域 修了

 

個展

2004年  「四季草花図 -春秋-」(art space kimura ASK? 東京)

2007年  「奇器借景」(Yuka Sasahara Gallery 東京)

2011年  「闇に鳥、灰白の影」(Yuka Sasahara Gallery東京

2012年  「蒐集家」(ROPPONGI HILLS A/D Gallery 東京)

2015年  「点景」(un petit GARAGE 東京)

    「Still ~まだ、なお、今でも、依然として、今後も」(AI KOWADA GALLERY 東京)

2016年 「Pendulum」(Dillon + Lee ニューヨーク)

2018年 「幻画~像(イメージ)の表皮」(原美術館 東京)  他

 

グループ展

2004年 「MOTアニュアル2004 -私はどこからきたのか/そしてどこへいくのか-」(東京都現代美術館)

2007年 「East of Eden」(The Freer Gallery of Art and the Arthur M. Sackler Gallery

ワシントンDC) 他

 

受賞歴

1996年 東京藝術大学 久米桂一郎奨学金

2001年 東京藝術大学 高橋芸友会賞

2005年 野村財団 野村美術賞

2015年 東急財団 五島記念文化賞 美術部門新人賞

 

収蔵先

東京都現代美術館

東京藝術大学大学美術館

群馬県立館林美術館

Asia Society Museum, (ニューヨーク)

Kuandu Museum of Fine Arts(台北)

画像

「蝶 -Butterfly-  framed version  Ⅰ」 2008/2018年

ビデオインスタレーション, 8min.(loop), カラー

フレームサイズ:38.0×48.0cm

※価格はお問い合わせください

画像

「餐 - Banquet -」

2018年

ジクレープリント

イメージ 83 x 130 cm

額付 93×140㎝

※価格はお問い合わせください

画像

「Anatomical Observation Ⅰ- Lamium maculatum 'Ghost', US」

2020年

ジクレープリント

イメージ 37.5×25cm

額付  57×45cm

 

※価格はお問い合わせください

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

 

 

コンテンポラリーギャラリーのメールマガジンは下記よりご登録いただけます。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

愛知県立芸術大学出身日本画家による 若鶉会

愛知県立芸術大学出身日本画家による 若鶉会

1月26日(水) ~ 1月31日(月) 最終日午後5時終了


  
  風姿花伝 井阪仁
油絵展

  風姿花伝 井阪仁 油絵展

1月26日(水) ~ 1月31日(月)

田島享央己 彫刻展 スローなお彫刻にしてくれ

田島享央己 彫刻展 スローなお彫刻にしてくれ

1月26日(水) ~ 1月31日(月) 最終日は午後5時終了

大槻昌子 金工展

大槻昌子 金工展

1月26日(水) ~ 1月31日(月) 最終日は午後5時終了

文化庁主催 深める・拡げるー拡張する伝統工芸展

文化庁主催 深める・拡げるー拡張する伝統工芸展

1月19日(水) ~ 1月31日(月) 最終日午後6時終了

大久保紗也展「We are defenseless. / We are aggressive. (無防備なわたしたち/攻撃的なわたしたち)」          

大久保紗也展「We are defenseless. / We are aggressive. (無防備なわたしたち/攻撃的なわたしたち)」          

1月19日(水) ~ 1月31日(月) 最終日は午後5時閉場

奈良一刀彫雛人形展

奈良一刀彫雛人形展

1月12日(水) ~ 2月22日(火) 最終日午後5時終了

海田曲巷の茶杓 寿久恵すくへ展

海田曲巷の茶杓 寿久恵すくへ展

2月2日(水) ~ 2月7日(月) 最終日は午後5時終了

    鈴木誠郷 洋画展-美しい生き物たち-

鈴木誠郷 洋画展-美しい生き物たち-

2月2日(水) ~ 2月7日(月)

「絵画の理由」三瓶玲奈・本山ゆかり・楊博

「絵画の理由」三瓶玲奈・本山ゆかり・楊博

2月2日(水) ~ 2月14日(月) 最終日は午後5時閉場

春の玉響 高橋天山日本画展

春の玉響 高橋天山日本画展

2月2日(水) ~ 2月7日(月) 最終日は午後5時終了

リアリズム・WAVE-写実の探究者たち-

リアリズム・WAVE-写実の探究者たち-

2月9日(水) ~ 2月14日(月) 最終日は午後5時終了