美術

第二回JAPA天心賞受賞記念 ながれ 内田あぐり 

このページをシェアする

2022/2/14 UP

このたび、日本橋三越本店では「第二回JAPA天心賞受賞記念 ながれ 内田あぐり」を

開催いたします。

 内田氏は画業の中で、常に人間に向き合い、その内面性を探り作品を発表してきました。

そして、近年は「人体」単体ではなく、「人体を取り巻く自然」というテーマで発表を続

けられています。川や樹々の中に見つけた人体のようなフォルムを目と手を通して、画

面に新しい生命として表現しています。その作品からは人は自然の一部であるというこ

とを再確認させられます。

 本展では、8mの大作から、内田氏の作品の源である貴重なデッサンの数々を一堂に

展示いたします。

 ぜひこの機会に、ご高覧いただけますようご案内申しあげます。

デジタルカタログは下記よりご確認いただけます。

 

 

〈 内田あぐり Aguri Uchida 〉

 

1949 東京都港区赤坂に生まれる

1975 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了

   創画展で創画会賞受賞(同87、91)、後に同団体を退会(2007)

1993 文化庁芸術家在外研修員として渡仏、山種美術館賞展で大賞受賞

1999 現代日本絵画の展望展で東京ステーションギャラリー賞受賞

2002 第1回東山魁夷記念日経日本画大賞受賞

2003-04 武蔵野美術大学在外派遣研修員として渡米

2011 メキシコ政府スカラーシップ特別プログラムとしてメキシコに滞在

   書籍「内田あぐり ドローイング」(青幻舎より刊行) 

2019 第68 回神奈川文化賞受賞

2021 第二回JAPA 天心賞大賞受賞

   書籍「膠を旅する」監修(国書刊行会より刊行)

現在:武蔵野美術大学名誉教授

 

主な個展〉

1976 みゆき画廊(東京)

1979 立川ビル画廊(東京)やエミリー・フローゲ(東京)で作品を発表

1982 東京セントラル絵画館(東京)

1983 武智鉄二の画廊(リトグラフ集「女人の版圖」刊行、東京)

1992 「地―1992」日本橋三越本店(同98、東京)

1996 「一期一会」新生堂(東京)

1998 「変容の刻」キッド・アイラック・アート・ホール(同01、16、東京)

2005 「―continue―」中京大学アートギャラリーC・スクエア(愛知)

2006 「この世でいちばん美しい場所、あるいは」平塚市美術館(神奈川)

2007 「在ることの証明」日本橋高島屋 画廊X(同13、東京)

2011 「絵画̶素描 人体をつかむ」旧信濃デッサン館別館 槐多庵(長野)

2012 「絵画と素描」鎌倉ドゥローイング・ギャラリー(神奈川)

2015 Art Gallery 呼友館(埼玉)

   「わたしの素描のすべて」Gallery & Booksヴァリエテ本六(東京)

2019 「化身、あるいは残丘」武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)

2020 「 生命のリアリズム:珠玉の日本画」において「特集展示 内田あぐり」

   (神奈川県立近代美術館 葉山)

2020-21 「 内田あぐりVOICES いくつもの聲」( 原爆の図 丸木美術館)

2021 「 膠を旅するー表現をつなぐ文化の源流」

( 監修・武蔵野美術大学美術館・図書館)

2022 「 第二回JAPA天心賞受賞記念 ながれ 内田あぐり」(日本橋三越本店)

近年の企画グループ展として、「表現の両極 東京―サンパウロ」(アフロブラジル美術館、ブラジ

ル・サンパウロ、2014)、「現代日本画へようこそ」(太田市美術館・図書館、2018)、「高島屋

美術部創設110年 風詠抄―常」(高島屋横浜店7階美術画廊、2018)、「内田あぐり+鳥取県立博物

館コレクション」(鳥取県立博物館、2018)、「パペルマヒカ―版と線の力」(メキシコ・オアハ

カ サンアグスティンアートセンター、2019)、「ビジュツカンノススメ アートを楽しむ4つのヒン

ト」(横須賀美術館、2021)「The Adventure of Fine Art Prints」(たましん美術館、2022)など

国内外多数。

 

〈主なパブリックコレクション〉

青梅市立美術館、KAITA EPITAPH残照館(旧信濃デッサン館)、神奈川県立近代美術館、国立

市、佐久市立近代美術館、立川女子高校、東京国立近代美術館、東京オペラシティアートギャラ

リー、日本経済新聞社、東日本鉄道文化財団、平塚市美術館、福島県立美術館、武蔵野美術大学

美術館・図書館、山種美術館、横浜美術館、栃木県立美術館

uchida
画像

深い河 I

Deep river I

194.0×260.0cm 2022

画像

ドローイング

Drawing

31.0×69.0cm 2019

画像

photo:「深い河」制作風景(p36-37)

画像

photo: 舞踏家をモデルにしたムーヴィングドローイング制作風景(p58-59)

画像

枯れた植物の背骨

The spine of a dead plant

81.0×41.0cm 2021

画像

トルソ 

Torso

h33.0cm ブロンズ 2002

どこにいても、店頭の商品を、百貨店の接客でおもてなし。
店頭にしかない商品もリモートで購入いただけます。

日本橋三越本店本館6階の最新情報を発信

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

奥西希生展

奥西希生展

5月25日(水) ~ 5月30日(月) 最終日は午後5時終了

Night View -青と黒の響き-岩波昭彦展[ 日本画]

Night View -青と黒の響き-岩波昭彦展[ 日本画]

5月25日(水) ~ 5月30日(月) 最終日は午後5時終了

備前 伊勢﨑紳 作陶展 ―winding road―

備前 伊勢﨑紳 作陶展 ―winding road―

5月25日(水) ~ 5月30日(月) 最終日午後5時終了

作陶50周年記念上瀧勝治作陶展

作陶50周年記念上瀧勝治作陶展

5月25日(水) ~ 5月30日(月) 最終日は午後5時終了です

木工 髙月國光 展

木工 髙月國光 展

5月25日(水) ~ 5月31日(火) 最終日は午後5時終了です。

多田圭佑展 Traffic

多田圭佑展 Traffic

5月25日(水) ~ 6月6日(月) 最終日午後5時終了

小川 剛 特集

小川 剛 特集

5月18日(水) ~ 6月7日(火) 最終日午後5時終了

宮下真理子 日本画展 〜水の景色といのち〜

宮下真理子 日本画展 〜水の景色といのち〜

6月1日(水) ~ 6月6日(月) 最終日は午後5時閉場

杉浦誠-木彫刻展2022-

杉浦誠-木彫刻展2022-

6月1日(水) ~ 6月6日(月) 最終日は午後5時終了

創立50周年記念 第29回日本文化財漆協会 会員漆芸展『椀だフル』

創立50周年記念 第29回日本文化財漆協会 会員漆芸展『椀だフル』

6月1日(水) ~ 6月6日(月) 最終日午後5時終了

令和の刀 明治の拵

令和の刀 明治の拵

6月1日(水) ~ 6月6日(月)

彩りの世界 近代巨匠工芸特集

彩りの世界 近代巨匠工芸特集

6月1日(水) ~ 6月14日(火) 最終日は午後5時終了です。