美術

大山エンリコイサム「Alpen Flora」

このページをシェアする

2023/7/29 UP





アーティストステートメント

 

日本の国境が長く安定してきたのは、世界史的には稀なことである。例えばヨーロッパ大陸では、 歴史を通して国のボーダーがときに微かに、ときに激しく揺らいできた。近代国家、都市国家、帝国、王国、共和国など、国の概念はさまざまだが、境界線による大地の分割が基本となる。それらは人工的な境界線にすぎず、より大きな領土を欲する権力によって、または独立を求める被支配民族によって、たえず引き直される。そうして無数に引き直された線の記憶が集積し、揺らぎをともなう国や共同体のまだらなアイデンティティが形成されてきた。

  しかしその根底には、引き直しえない線が存在する。自然の境界線である。海、陸、山、谷といった自然の物理的ボーダーは、国や共同体が生じるための最初のまとまりを提供してきた。島国日本の国境が安定しているのは、自然と人工のボーダーが比較的一致するためである。しかしそれらは通常、揺らいでいることが多い。ヨーロッパでそれを象徴するモティーフのひとつが、アルプス山脈である。大陸を南北に分割するこの造山帯は、オーストリア、スロヴェニア、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス、フランス、モナコ公国の8国家の領土を横断している。

  西ヨーロッパの最高峰、モンブランを擁するこの山脈はまた、雄大な広さだけでなく、特筆すべき高さも誇っている。イタリアとフランスの国境に位置し、その帰属がしばしば議論されるように、モンブランはそれ自体が領土の横断を体現する。そうした両義性が水平の越境なら、アルプス山脈には垂直の越境もある。その一例が高山植物である。それ以上の高度では厳しい自然環境のために森林が形成されない限界のラインを森林限界と呼ぶが、高山植物はそれを超えたエリアに生息し、一般の草花とは異なる独自の生態系を構築している。

  オーストリアの図鑑からタイトルを採用した本展「Alpen Flora」では、高山植物であるアルプスの草花の多様なフォルムに、私の代表的なモティーフである「クイックターン・ストラクチャー(QTS)」を呼応させた新作30点を中心に展示する。QTSもまた、素材や領域の横断から生じる形体の変化を特徴とし、極大にも極小にもなるスケールフリーの表現である。本展では、マクロとミクロの往還、 越境性、固有の圏域の生成という点でQTSとアルプスの山々や草花が共振しつつ、同時に、都市と自然、抽象と具象、無機物と有機物、色彩の有無といった両者のするどくも心地よい対比が、その共振のうちに映し出されている。 

 

大山エンリコイサム





Alpen Flora

Artist Statement

 

The long stability of Japan’s national border is a historical anomaly. In Europe, for example, the borders of different countries have shifted over time, sometimes subtly, other times more drastically. Irrespective of the various concepts that shape the organization of countries – modern states, city states, empires, kingdoms, and republics – their basic operation is to divide land through the drawing of borders. These are really no more than artificial lines, redrawn by powers seeking to expand their domain or by governed peoples seeking independence. Through the accumulating memories of countless redrawn lines, the fluctuating identities of countries and communities are formed. 

              Beneath all the redrawing there are nonetheless lines that cannot be redrawn: those found in nature. The natural physical borders of seas, land masses, mountains, and valleys are the forms out of which countries and communities originally arose. The relative stability of Japan’s national border is a result of the coincidence of a natural and artificial one. Even then, it is common for such a border to fluctuate, as in the case of the European emblematic border of the Alps. The orogenic line of the Alps, dividing the European continent into North and South, intersects eight national domains: Austria, Slovenia, Italy, Germany, Lichtenstein, Switzerland, France, and Monaco. Boasting the highest peak in Western Europe, Mont Blanc, it is impressive not only in its length but also in its remarkable height. Mont Blanc embodies a crossing of domains, as a frequently disputed part of the French-Italian border. The Alps are not only intersected by such ambiguous horizontal lines but also vertical ones, like the point at which alpine flora begin to grow. There is an altitude, known as the forest line, beyond which natural conditions are so harsh that forests can no longer survive, and alpine flora form an autonomous ecosystem which differs from that of other flora.   

              Taking its title from an Austrian picture book, Alpen Flora is centered on 30 new drawing works which bring together my signature motif “Quick Turn Structure” with the diverse forms of alpine flora. QTS is characterized by changes in form across mediums and domains, as well as by an indeterminate application to both gigantic and tiny scales. In its shifting between the macro and micro, its crossing of borders, and its generating of distinct fields, QTS resonates with the characteristics of the Alps and its flora. Meanwhile, this resonance also reflects the sharp and comfortable contrast between city and nature, abstraction and concreteness, organic and inorganic matter, and colour and colourness. 

 

Enrico Isamu Oyama

(Translation by Rosa van Hensbergen)





画像

Enrico Isamu Oyama, FFIGURATI #548, 2023
Acrylic on found image
18.6 x 12.6 cm
Artwork ©︎Enrico Isamu Oyama Studio




画像

Enrico Isamu Oyama, FFIGURATI #567, 2023
Acrylic on found image
18.6 x 12.6 cm
Artwork ©︎Enrico Isamu Oyama Studio




画像

Enrico Isamu Oyama, FFIGURATI #551, 2023
Acrylic on found image
18.6 x 12.6 cm
Artwork ©︎Enrico Isamu Oyama Studio





画像
Enrico Isamu Oyama in his Tokyo studio, 2022
Photo ©Go Itami

 

 

 

 

大山エンリコイサム

Enrico Isamu Oyama

 

 

美術家。ストリートアートの一領域であるエアロゾル・ライティングのヴィジュアルを再解釈したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」を起点にメディアを横断する表現を展開。イタリア人の父と日本人の母のもと、1983年に東京で生まれ、同地に育つ。2007年に慶應義塾大学卒業、2009年に東京藝術大学大学院修了。2011–12年にアジアン・カルチュラル・カウンシルの招聘でニューヨークに滞在以降、ブルックリンにスタジオを構えて制作。これまでに大和日英基金(ロンドン)、マリアンナ・キストラー・ビーチ美術館(カンザス)、ポーラ美術館(箱根)、中村キース・ヘリング美術館(山梨)、タワー49ギャラリー(ニューヨーク)、神奈川県民ホールギャラリー、慶應義塾ミュージアム・コモンズ(東京)などで個展を開催。『アゲインスト・リテラシー』(LIXIL出版)、『ストリートアートの素顔』(青土社)、『ストリートの美術』(講談社)、『エアロゾルの意味論』(青土社)などの著作を刊行。『美術手帖』2017年6月号を企画・監修したほか、コム デ ギャルソン、シュウ ウエムラ、JINS、アウディなどの企業やブランドとコラボレーションを実施。大相撲令和4年1月場所では、横綱照ノ富士の「三つ揃え化粧廻し」にアートワークを提供し、話題となった。2023年3月に東京・天王洲で開催されたアートフェア「RE: FACTORY」ではアーティスティック・ディレクターを務め、多角的に仕事をする。2020年には東京にもスタジオを開設し、現在は二都市で制作を行なう。

 

Enrico Isamu Oyama (b. 1983, Italian/Japanese) creates visual art in various mediums that features Quick Turn Structure; the motif composed of spontaneous repetition and expansion of free- owing lines informed by aerosol writing of 1970’s–80’s New York and beyond. After attending MFA at Tokyo University of the Arts in 2007–2009, he named the motif Quick Turn Structure, and has positioned his practice in the midst of contemporary art and street culture. Oyama stayed in New York for 6 months in 2011–2012 as a grantee of Asian Cultural Council. Since then, he lives and works in Brooklyn. Oyama held solo exhibitions internationally at institutions including Daiwa Anglo-Japanese Foundation (London), Marianna Kistler Beach Museum of Art (Kansas), Pola Museum of Art (Hakone), Nakamura Keith Haring Collection (Yamanashi), Tower 49 Gallery (New York), Kanagawa Prefectural Gallery (Yokohama) and Keio Museum Commons (Tokyo). Since 2020, Oyama works in 2 studios in New York and Tokyo back and forth.




作家公式ウェブサイト
enricoisamuoyama.net

作家公式インスタグラム
instagram.com/enricoisamuoyama/

作家公式X
twitter.com/enrico_i_oyama





日本橋三越本店本館6階の最新情報を発信

 

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

パブロ・ピカソ作品展 ~The meaning of life is…~

パブロ・ピカソ作品展 ~The meaning of life is…~

7月17日(水) ~ 7月22日(月) 最終日午後5時終了

bouquet

bouquet

7月17日(水) ~ 7月22日(月) 最終日午後5時終了

染付 小枝真人展

染付 小枝真人展

7月17日(水) ~ 7月22日(月) 最終日は午後5時終了です。

荒井理行  Imaginary Accumulation

荒井理行  Imaginary Accumulation

7月17日(水) ~ 7月29日(月) 最終日午後5時終了

下田顕生ガラス展 ―悠游―

下田顕生ガラス展 ―悠游―

7月17日(水) ~ 7月30日(火) 最終日午後5時終了

カレン・ホイプティング 来日展

カレン・ホイプティング 来日展

7月10日(水) ~ 8月6日(火)

大久保 紗也 コラボレーションTシャツのご紹介

大久保 紗也 コラボレーションTシャツのご紹介

7月10日(水) ~ 7月23日(火)

長谷川喜久 日本画展 ー色・彩ー 

長谷川喜久 日本画展 ー色・彩ー 

7月24日(水) ~ 7月29日(月) 最終日

作陶30周年記念 福野道隆 彩陶展

作陶30周年記念 福野道隆 彩陶展

7月24日(水) ~ 7月29日(月) 最終日午後5時終了

花菱慧 日本画展  ー風祭

花菱慧 日本画展  ー風祭

7月31日(水) ~ 8月5日(月) 最終日は午後5時終了

分断カラフル森下進士展

分断カラフル森下進士展

7月31日(水) ~ 8月5日(月)

渡邉泰成展 

un
natural  realism

渡邉泰成展  un natural  realism

7月31日(水) ~ 8月6日(火) 最終日は午後5時終了です。