美術

日比野克彦 立体版画「BOW」

このページをシェアする

2021/01/15 UP

現代のアートシーンを象徴する日比野克彦氏は、東京藝術大学の学生時代から既にプロフェッショナルな作家として活躍し、80年代からアートの世界をリードし続けてきました。在学中に制作した代表作「BOW」は、日比野作品の特徴であるダンボールを素材にした、自由でポップな雰囲気に満ちた傑作です。今回は、日本橋三越コンテンポラリーアートギャラリーオープン記念作品として、「BOW」をリコーのUVインクを用いた最新プリント技術である「ステアリープ2.5」で作成しました。ダンボールや絵具、染みやシールの素材感が驚くほど忠実に再現されています。

※こちらの作品には画面下余白に直筆サインと限定番号が入ります。

 

<略歴>
1958年 岐阜県生まれ
1984年 東京藝術大学大学院修了
地域性を活かしたアート活動を展開。
2014年より異なる背景を持った人たちの交流をはかる
アートプログラム「TURN」を監修。
現在、東京藝術大学美術学部長、美術学部先端芸術表現科教授。
岐阜県美術館長、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長などを務める。

【StareReap】
StareReapは豊かな社会を目指して、新たな価値を創造するアートブランドです。
本作品は、リコー独自のテクノロジーをベースに開発された技法「StareReap2.5」で、サイズ/色調/質感などを精密に表現しています。まさに次世代のリトグラフとも呼べる革新的技法です。私たちは、アーティスト共創によるオリジナルアート制作で新しいクリエイティブ作品・文化形成を実現してまいります。<RICOH紹介文より>

 

【商品詳細】

技法:StareReap 2.5(UVインクによる立体版画)
工房・発行:株式会社リコー

 

税込価格:121,000円

 

イメージサイズ:(約)縦46.5×横59.5cm
額サイズ:(約)縦49×横62.4cm
制作数:120部
制作年数:1982年(原画)

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

Ode 岩田壮平 日本画展

Ode 岩田壮平 日本画展

11月24日(水) ~ 11月29日(月) 最終日午後5時終了

横山智子展 光の奏–儚さを永遠に変換する刻–

横山智子展 光の奏–儚さを永遠に変換する刻–

11月24日(水) ~ 11月29日(月) 最終日は午後5時終了

八事窯 五代 中村道年 作陶展

八事窯 五代 中村道年 作陶展

11月24日(水) ~ 11月29日(月) 最終日は午後5時終了

 川人綾 展 My Grid Paintings: 2016-2021

 川人綾 展 My Grid Paintings: 2016-2021

11月24日(水) ~ 12月6日(月) 最終日午後5時終了

一服の世界 ―近現代の茶道具―

一服の世界 ―近現代の茶道具―

11月17日(水) ~ 11月30日(火) 最終日午後5時終了

亀山裕昭展-致景-

亀山裕昭展-致景-

12月1日(水) ~ 12月6日(月) 最終日は午後5時終了

第10回 本間幸夫漆芸展ー漆と木皮、幻の金漆に魅せられてー

第10回 本間幸夫漆芸展ー漆と木皮、幻の金漆に魅せられてー

12月1日(水) ~ 12月6日(月) 最終日は午後5時終了

田中千絵 金工展 『鎚と漆と・・・』

田中千絵 金工展 『鎚と漆と・・・』

12月1日(水) ~ 12月7日(火) 最終日午後5時終了

くらしを彩る工芸 迎春

くらしを彩る工芸 迎春

12月1日(水) ~ 1月11日(火) 最終日午後5時終了

大野逸男 日本画展 歩いて来た風景の中の花と鳥

大野逸男 日本画展 歩いて来た風景の中の花と鳥

12月1日(水) ~ 12月6日(月) 最終日は午後5終了

四時友遊 人間国宝  鈴木 藏展

四時友遊 人間国宝  鈴木 藏展

12月8日(水) ~ 12月13日(月) 最終日は午後5時終了

Primitive 松永圭太陶展

Primitive 松永圭太陶展

12月8日(水) ~ 12月13日(月) 最終日は午後5時終了