美術

Cama/突OW 山田周平・小池一馬

このページをシェアする

2021/10/31 UP

山田周平と小池一馬による展覧会シリーズ「Cama/キャマ」を開催いたします。本展では山田周平が近年取り組んでいるテキストをベースにした平面作品、小池一馬は架空の古代遺物としてのオブジェを展示します。一見するとまったくテイストの異なる2人の作品が生み出す不思議な空間。ぜひご覧ください。

 

※展覧会タイトルでもある「Cama/キャマ」とはヒトコブラクダとリャマとの間に、人工的に作られた種間雑種で、アラブ首長国連邦のドバイで1998年に1頭目、2002年に2頭目が人工授精によって生まれています。

 

                               

 

山田周平 Shuhei Yamada

1974年生まれ、京都府在住。

 

写真、映像、立体、平面、インスタレーションと様々な作品形式を展開し、社会状況に対する考察を通じて作品を制作している。2013年、アーモリー・ショーのキュレーション部門において、当時アンディ・ウォーホル美術館(ピッツバーグ)館長のエリック・シャイナー(現 Pioneer Works ディレクター/ニューヨーク)により唯一の日本人として選出され、様々なメディアで話題 となった。 主な個展にDaiwa Anglo-Japanese Foundation(ロンドン,2019)、AISHONANZUKA(香港, 2017,16,14)、The Armory Show(ニューヨーク, 2013)、CAPSULE(東京, 2012)。 主なグループショーに「Next World ― 夢みるチカラ タグチ・アートコレクション×いわき市立美術館」いわき市立美術館(いわき市,2021)、「Other Ways」Enokojima FLAG STUDIO(大阪, 2017)、「Unclear nuclear」URANO(東京, 2016)、「Resonance」Sao La Gallery(ホーチミン, 2014)への参加がある。

 

2003年、写真新世紀優秀賞受賞。2017年、ISCPレジデンスプログラム(ニューヨーク)に参加。

主なコレクションにタグチコレクション。

 

小池一馬 Kazuma Koike

1980年生まれ、大阪府在住。

幼少期をブエノスアイレス、高校時代をバルセロナで過ごす。日本大学芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。

 

「架空の古代遺物」をテーマに、偶像、ツボ、大型ネコ類、植物、パイナップルなどをモチーフにしたセラミック彫刻、ペインティング、ドローイングを制作している。「異なる要素が調和しながら共存した状態」や「モノの用途や意味が変化する過程」への関心のもと、異なる場所/時代に由来するイメージをミックスして作られる作品は、どこにも属していないかのような独特の浮遊感をまとっている。

 

主な展示に、AISHONANZUKA(香港, 2019, 16, 13)、TEZUKAYAMA GALLERY(大阪, 2020, 17, 14) 、VOLTA 12(バーゼル, 2016)、VOLTA NY(ニューヨーク, 2016)、AISHO MIURA ARTS (東京, 2013, 12, 11, 10, 09)での個展がある。

 

 

 

 

 

諸般の事情により、本展覧会は5月26日(水)からの会期を11月10日(水)から開催へと延期とさせていただきました。 

展覧会を楽しみにされていたお客さまにはご迷惑をおかけしますことを、深くお詫び申しあげます。 

延期先日程:2021年11月10日(水)~11月22日(月)

画像

小池一馬「TP210315 (Floating Head)」

2021年

キャンバス、アクリル

130.3×97.0㎝

550,000円(税込) 

画像

山田周平「People show you who they really are.」

2021 年

キャンバス、スクリーンプリント 

162.0×112.0㎝

495,000円(税込)

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

 

 

どこにいても、店頭の商品を、百貨店の接客でおもてなし。

店頭にしかない商品もリモートで購入いただけます。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術,宝飾品・時計・メガネ

OTHER NEWS

その他のニュース

石田淳一展『仄かに、幽かに』

石田淳一展『仄かに、幽かに』

4月17日(水) ~ 4月22日(月) 最終日午後5時終了

瀬戸毅己 曜変天目展

瀬戸毅己 曜変天目展

4月17日(水) ~ 4月22日(月) 最終日午後5時終了

19世紀ヨーロッパ 陶板画展

19世紀ヨーロッパ 陶板画展

4月17日(水) ~ 4月22日(月) 最終日午後5時終了

矢田久美子作陶展 磁器のかたちと色絵

矢田久美子作陶展 磁器のかたちと色絵

4月17日(水) ~ 4月23日(火) 最終日は午後5時終了です。

宇佐美圭司 「アテネの学堂」

宇佐美圭司 「アテネの学堂」

4月17日(水) ~ 4月29日(月·祝) 最終日午後5時終了

進化する京琳派 「半導体」 西嶋豊彦展

進化する京琳派 「半導体」 西嶋豊彦展

4月24日(水) ~ 4月29日(月·祝) 最終日は午後5時終了

傘寿記念 真葛六代 宮川香齋 茶陶展

傘寿記念 真葛六代 宮川香齋 茶陶展

4月24日(水) ~ 4月29日(月·祝) 最終日午後5時終了

第29回 彩女会作陶展

第29回 彩女会作陶展

4月24日(水) ~ 4月30日(火) 最終日午後5時終了

ヴェネツィア便り 藤田潤ガラス特集

ヴェネツィア便り 藤田潤ガラス特集

4月24日(水) ~ 5月7日(火) 最終日午後5時終了

佐竹佳奈日本画展  -小さなまなざし-

佐竹佳奈日本画展 -小さなまなざし-

5月1日(水) ~ 5月6日(月·振替休日) 最終日は午後5時終了

色絵九谷 武腰一憲展 ―蒼天を往く―

色絵九谷 武腰一憲展 ―蒼天を往く―

5月1日(水) ~ 5月6日(月·振替休日) 最終日午後5時終了

明石竜太郎展『碧』

明石竜太郎展『碧』

5月1日(水) ~ 5月7日(火) 最終日午後5時終了