呉服

〈遊絲舎〉丹後の藤布

このページをシェアする

2021/11/03

伝統の手法により藤の蔓から績まれた糸を使い

織り上げられる原始布・藤布と

現代の織物の感性を融合させた作品を

多彩にご用意いたします。

 

こちらでは、作品と共に作業工程の一部を

ご紹介いたします。

 

商品の詳細につきましては

三越伊勢丹リモートショッピングアプリや

日本橋三越本店 呉服公式LINEより

お問い合わせくださいませ。

 

詳しくはこちらから。

 

【上記商品詳細】

京袋帯『網代』 297,000円

絹55%・植物繊維(藤)35%・

分類外繊維(和紙)5%・金属糸風5%

日本の伝統柄『網代』を藤布と絹糸と和紙などで

モダンに織り上げた京袋帯。

 

 

画像

3シーズン~紬や小紋などのきものに合わせて~

【商品詳細】

八寸なごや帯『パール藤一文字』 132,000円

絹55%・植物繊維(藤)35%・

分類外繊維(和紙)5%・金属糸風5%

 

山に自生する藤の蔓から昔ながらの技法で

作られた藤布と絹糸、パール箔の融合から生まれた

とても爽やかな八寸なごや帯。

 

 

 

日本の原始布のなかでも、

最も手間がかかるといわれる藤布。

その中の4工程をご紹介。

画像

『灰汁炊き(あくだき)』

 

春から初夏にかけて山野に自生する藤の蔓を採集し

藤蔓を木槌で叩き、

皮を剥ぎ分け中皮を乾燥させます。

 

その後、ふるいにかけた木灰を用いて

4時間ほど炊き上げます。

 

画像

『藤こき(ふじこき)』

 

川の水でしごいて繊維を取り出します。

1本の藤づるからとれる繊維は

わずか約5グラム。

 

その後、

米ぬかを溶かした湯にくぐらせてから

乾燥させます。

 

画像

『藤積み(ふじうみ)』

その繊維を撚りつないで一本の糸にしていきます。

 

一日かけても

20~30グラム作るのがやっとです。

 

画像

『撚り掛け(よりかけ)』

糸の強度をあげるこの工程では、昔ながらの糸車を使用します。

 

木枠に巻き取り、乾燥させ

整経を行い、丁寧に織り上げます。

 

 

想いのつまった作品は

手間暇を惜しまない、丁寧な伝統手法により

生まれています。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

呉服

呉服

本館4階 | きもの,ブライダル,セレモニー

OTHER NEWS

その他のニュース

〈ゑびす足袋〉6月19日・20日限定 足袋・こたびのお見立て会 ご予約のご案内

〈ゑびす足袋〉6月19日・20日限定 足袋・こたびのお見立て会 ご予約のご案内

6月19日(日) ~ 6月20日(月)

<そめもよう>~十人十色のゆかたフェア~

<そめもよう>~十人十色のゆかたフェア~

5月25日(水) ~ 5月31日(火)

第91回 千總染繍衣裳展

第91回 千總染繍衣裳展

5月25日(水) ~ 5月31日(火)

能登上布<YAMAZAKI NOTOJOFU>フェア

能登上布<YAMAZAKI NOTOJOFU>フェア

5月18日(水) ~ 6月21日(火)

手拭いフェア<梨園染><寅の助><竹野染工>

手拭いフェア<梨園染><寅の助><竹野染工>

5月25日(水) ~ 5月31日(火)

扇子フェア~涼を楽しむ~

扇子フェア~涼を楽しむ~

5月4日(水·祝) ~ 8月16日(火)

梅雨支度~雨の日の装い~

梅雨支度~雨の日の装い~

5月11日(水) ~ 6月28日(火)

<黒木織物>博多織フェア

<黒木織物>博多織フェア

5月11日(水) ~ 5月31日(火)

5月のお知らせ

5月のお知らせ

5月1日(日) ~ 5月31日(火)

呉服売場オンライン接客サービスのご案内

呉服売場オンライン接客サービスのご案内

4月1日(金) ~ 3月31日(金)

    三越の振袖 華小袖フェア

三越の振袖 華小袖フェア