“サロン・デュ・ショコラ”のショコラティエ12人によるカランドリエ ド ラヴァンで、クリスマスまでのカウントダウン!

2021.11.08 UP

クリスマスまでをカウントダウンするチョコレートやお菓子入りのカランドリエ ド ラヴァンが、今年も三越伊勢丹オンラインストアに登場します! 

12月1日から24日までの小窓の中には、“〜パリ発、チョコレートの祭典〜サロン・デュ・ショコラ”に登場する、人気シェフたちのクリスマススイーツなどが。トップシェフのお菓子を毎日ひとつずつ楽しめる、大人も子供も嬉しい夢のあるカレンダーをこの機会に、ぜひ楽しんでいただければと思います。

そして、2022年“サロン・デュ・ショコラ”にも乞うご期待下さい。

 

 

 

 

このページをシェアする

ph

2021年のカランドリエ ド ラヴァンは、チョコレート中心の「ショコラ」、多彩な焼き菓子中心の「ガトー」の2種をご用意しました。

“サロン・デュ・ショコラ”も手掛ける、真野重雄バイヤーは、今年の魅力をこう語ります。

「“サロン・デュ・ショコラ”でも人気の、普段、日本でなかなか手に入らないショコラティエ、パティシエなど各12人のお菓子を詰め合わせた、本当にスペシャルなカランドリエ ド ラヴァンです。いずれのシェフもMOF(フランス国家最高職人の称号「Meilleur Ouvrier de France」)を取得していたり、大きなコンペティションで賞を獲得しているハイスペックな技術を持った方ばかり。お客様のリクエストを受け、今年は『ガトー』にも、チョコレートを使ったお菓子を多く詰め合わせました。本国、フランスでもこんな貴重な詰め合わせはありません!味のバリエーションをしっかり作りこんでありますので、毎日異なる風味の味わいのお菓子でクリスマスまでの日々を楽しんでください。シェフのみなさまからは、素敵なNOELを!というメッセージをあずかっています。」

 

 

 

カランドリエ ド ラヴァン ショコラ(チョコレート)

store

カランドリエ ド ラヴァン ショコラ (24個入り) 12,420円

※400個限定

販売期間:11月10日(水)より売り切れ次第終了 
お届けについて 11月25日(木)までのご注文:11月25日(木)~11月30日(火)のお届け

        11月26日(金)以降のご注文:12月1日(水)以降順次お届け

store

▼注目のショコラはこちら

store

左より、

①ジャンピエール・ロドリゲス氏(Choco²)による「プラリネ ペカン」。バニラ風味のピーカンナッツプラリネ。多様な種類のプラリネを作り出すシェフのお気に入りの一粒。

②オリヴィエ・ヴィダル氏による「プールパッション」。ボール状のボンボンの中には、なめらかなパッションフルーツ風味のクレムーが入っています。

③ヤン・ブリス氏による「ガナッシュ ミエル」。パリ近郊のブリスさんのお店近くで採れたはちみつを色々試し、その中でもお気に入りのはちみつを使用しています。

④クリスティーヌ・フェルベール氏による「エトワル パンデピス」。シナモンやカルダモンなどのスパイスとヘーゼルナッツのプラリネを合わせた星型ショコラ。アルザスのクリスマスを感じさせてくれる一粒です。

 

 

 

「カランドリエ ド ラヴァン ショコラ」の12名のショコラティエ

image

ヤン・ブリス

2011年にMOF取得。パリのダロワイヨや有名ホテルを経て、2018年5月にパリ郊外に自ショップをオープン。素材の組合せの幅が広い、多様なクリエーションが魅力的。

image

クリスチャン・カンプリニ

2003年、MOFショコラティエ取得。ヴァルボンヌ、カンヌにブティックを持っています。南仏素材への意識が高く、調和がとれたチョコレートの味わいが高い評価を得ています。

image

カンタン・バイィ

フランス北部リール出身。2013年にクープ・デュ・モンドで優勝を飾り、2017年にリールにお店をオープン。丁寧で優しい味わいに、彼の人柄が感じられます。

 

image

ニコラ・ベルナルデ

2004年、MOFパティシエ取得。2011年にパリ郊外にブティックをオープン。ケークやサブレ、ショコラなど、豊富なお菓子が並びます。

image

オリヴィエ・ヴィダル

2007年、MOF取得。ブルゴーニュのオセールとソンスにブティックを構え、優れた感性とロジックで作るショコラが独特。飾らない美味しさがきらりと光る、ショコラティエです。

image

ジョアン・ジャケティ(ル ブリストル パリ)

ダロワイヨ等を経て、2021年より、パリの名門パラスホテル「ル ブリストル パリ」のシェフ ショコラティエに就任。挑戦的でありながら調和のとれたショコラを生み出します。

image

ジャン ピエール・ロドリゲス(Choco²)

パトリック・ロジェやレクレール・ドゥ・ジュニなどを経て、2017年にパリ14区に店舗(Choco²)をオープン。キューブ型のチョコレートは、自分の求めるテクスチャーが導き出した形です。

image

フランク・ケストナー

2003年、27歳の若さでMOF取得。パリ、ドイツ、地元サルグミンにブティックを構える。新しいクリエーションにも挑戦し続ける職人肌を感じるショコラティエ。

 

image

フレデリック・アヴェッカー

2011年、MOF取得。プロヴァンスのシャトールナーにブティックを構える、南仏を代表するシェフの一人。プロヴァンスを愛し、プロヴァンスの素材をベースにしたお菓子作りも特徴。

image

フィリップ・ベル

2003年、MOFショコラティエ取得。2006年にブティックをオープンし、現在も進化し続ける実力派。じっくり時間をかけて、妥協なく作られるチョコレートが、人柄を表しています。

image

フィリップ・ベルナシオン(ベルナシオン)

1953年創業のリヨンの老舗店の三代目。ビーントゥーバーにもいち早く取り組む、フランス・ショコラ界では欠かせない存在。歴史を感じるラボで、丁寧に手作りされるチョコレートには伝統が活きています。

image

クリスティーヌ・フェルベール

パティシエールの先駆的存在であり、コンフィチュールの妖精と言われるフェルベール氏。世界中のファンがアルザスの小さな町を訪れます。。

注目のショコラはこちら

store

左より、

①ジャンピエール・ロドリゲス氏(Choco²)による「プラリネ ペカン」。バニラ風味のピーカンナッツプラリネ。多様な種類のプラリネを作り出すシェフのお気に入りの一粒。

②オリヴィエ・ヴィダル氏による「プールパッション」。ボール状のボンボンの中には、なめらかなパッションフルーツ風味のクレムーが入っています。

③ヤン・ブリス氏による「ガナッシュ ミエル」。パリ近郊のブリスさんのお店近くで採れたはちみつを色々試し、その中でもお気に入りのはちみつを使用しています。

④クリスティーヌ・フェルベール氏による「エトワル パンデピス」。シナモンやカルダモンなどのスパイスとヘーゼルナッツのプラリネを合わせた星型ショコラ。アルザスのクリスマスを感じさせてくれる一粒です。

 

 

 

カランドリエ ド ラヴァン ガトー(チョコレート菓子)

store

カランドリエ ド ラヴァン ガトー (24個入り) 12,420円 

※200個限定

販売期間:11月10日(水)より売り切れ次第終了 
お届けについて 11月25日(木)までのご注文:11月25日(木)~11月30日(火)のお届け

        11月26日(金)以降のご注文:12月1日(水)以降順次お届け

store

▼注目のガトー

store

左より

①フレデリック・アヴェッカー氏による「サブレ クール ド プロヴァンス」。低温で焼いたアーモンドパウダー入りのサブレ生地をミキサーにかけ、ホワイトチョコレートを加えてチョコレートコーティング。ハート型がキュート!

②フィリップ ベル氏による「サブレショコラ レ」。サブレブルトン的なものと伝統的なサブレの間ぐらいの食感を目指し、ミルクチョコレートを合わせました。

③アルバン・ギルメ氏による「サブレ ジャンドゥージャ」。ヘーゼルナッツのサブレに濃厚なジャンドゥージャをのせ、さらに上にぱりっとしたビターチョコを合わせた、3つのテクスチャーが楽しめるサブレ。

 

「カランドリエ ド ラヴァン ガトー」の12名のショコラティエ

image

リリアン・ボンヌフォア

世界最高峰のリゾートホテル「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」のシェフパティシエを経て、南仏アンティーブに2店舗のブティックを構える。彩り豊かで香ばしい空気感が彼のブティックからは感じられる。

image

フレデリック・アヴェッカー

2011年、MOF取得。プロヴァンスのシャトールナーにブティックを構える、南仏を代表するシェフの一人。プロヴァンスを愛し、プロヴァンスの素材をベースにしたお菓子作りも特徴です。

image

クリスティーヌ・フェルベール

パティシエールの先駆的存在であり、コンフィチュールの妖精と言われるフェルベール氏。世界中のファンがアルザスの小さな町を訪れます。

image

ジェローム・ドゥ・オリヴェラ

2009年、23歳でクープ・デュ・モンド最年少優勝。ルレ・デセールのメンバーにも加わる若手の実力者。南フランスの素材やルーツを活かしたクリエーションが特徴です。

 

image

ニコラ・アレウィン

ノルマンディー、カーン出身。ラデュレ、キャラメルパリを経て、2019年のアトリエガトーをオープン。キャラメルを使った遊び心あるショコラや彩豊かなガトーが特徴的。

image

フィリップ・ベル

2003年、MOFショコラティエ取得。2006年にブティックをオープンし、現在も進化し続ける実力派。手間ひまかけて、妥協なく作るチョコレートに人柄が表れています。

image

ヤン・ブリス

2011年にMOF取得。パリのダロワイヨや有名ホテルを経て、2018年5月にパリ郊外に自ショップをオープン。素材の組合せの幅が広い、多様なクリエーションが魅力的。

image

フランク・フレッソン

1925年創業老舗パティスリーの三代目。2004年にMOF取得。ショコラ通をうならせる重鎮の一人。豊富なプチガトーにもファンが多い。

image

カンタン・バイィ

フランス北部リール出身。2013年にクープ・デュ・モンドで優勝を飾り、2017年にリールにお店をオープン。丁寧で優しい味わいに、彼の人柄を感じます。

image

ダヴィド・カピィ

2007年にMOF取得。ショコラ、パティスリー双方に熱量を注ぎ、現在、ボルドーに4店舗を構えるブティックは賑わいが絶えない。日本ではサブレの評価が高くファンが多い。

image

アルバン・ギルメ

ノルマンディー、カーン出身。フォションやピエール・エルメを経て、現在、カーンにブティックを構える。ルレ・デセールのメンバー。プラリネ好きを感じるクリエーションが多く、ブティックはケークや焼き菓子が人気。

 

image

ニコラ・ベルナルデ

2004年、MOFパティシエ取得。2011年にパリ郊外にブティックをオープン。ケークやサブレ、ショコラなど、豊富なお菓子が並びます。

昨年も大好評を博した、“サロン・デュ・ショコラ”出品者によるクリスマス用のカランドリエ ド ラヴァン企画。今年もご期待ください。

 

 

Text:Yumiko Numa   

 Photo: Yu Nakaniwa

 

RECOMMEND

読み物

【小川 糸さん新連載!】ときめく贈りもの。 第二章 ハーブ栽培の師匠・弥生さんへ

【小川 糸さん新連載!】ときめく贈りもの。 第二章 ハーブ栽培の師匠・弥生さんへ

私の暮らし、私の買物。 イラストレーター・三宅瑠人さん 手みやげと伊勢丹。

私の暮らし、私の買物。 イラストレーター・三宅瑠人さん 手みやげと伊勢丹。

伊勢丹新宿店 人気弁当大解剖 Vol.3 <マンゴツリーデリ>鶏のガパオボウル

伊勢丹新宿店 人気弁当大解剖 Vol.3 <マンゴツリーデリ>鶏のガパオボウル

CATEGORY

カテゴリー