和菓子の日特集 〜6月の今め菓子〜

2022.6.6 UP

2022年3月に「今め菓子」が和菓子の実演つきプロモーションスペースとしてリニューアルしました。「出来立ての美味しさを味わえる」をコンセプトに、これから毎月魅力的なラインナップをお届けします。6月は和菓子の日特集です。

このページをシェアする

ph

 

 

6月16日は「嘉祥(かじょう)の日」です。この日は別名「和菓子の日」とも呼ばれ、西暦848年に仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。

 

嘉祥菓子の風習は鎌倉時代に始まったと言われ、江戸時代には盛んに祝われました。江戸城の大広間では御目見得以上の諸士に一人一つずつ菓子が振る舞われたり、民間でも「嘉祥喰」といって銭十六文で菓子や餅十六個を求めて食べるしきたりがありました。

 

疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事である「嘉祥の日」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。徳川将軍家の産土神である赤坂の日枝神社では、毎年、職人が神前で和菓子を調進し献じています。

 

2022年6月、伊勢丹新宿店では“毎日新しい「和菓子」に出会える9日間”をテーマに、今注目の和菓子を「今め菓子」からお伝えします。

store

<実と美>  

「大阪上本町の”実と美 mitomi"です。“日本の良きもの”をコンセプトに、現代の生活に合わせた茶のひとときを提案します。

モナカは一手間を加え、四季の素材を詰め込み、見ても食べても美しい“実”をつくりました。

茶は厳選したモナカに合う茶をご用意しています。鮮度の高い茶葉の豊かな香りをご堪能ください。」

store

本日のモナカ (6個入)1,296円

※販売期間:6月8日(水)〜11日(土)

【小豆/けしの実】【黒ごま餡/胡桃キャラメリゼ】【白みそ餡/いちじく】【抹茶餡/大納言/塩昆布】【ミルク餡/ショコラ/カカオニブ】【クリームチーズ餡/ブルーベリー】の6種の味をご用意。種皮はサクッとした食感を楽しんでいただくため、別包装でおわたしします。

 

<wagashi asobi> 

「『一瞬一粒(ひとつひとつ)に想いを込めてつくる。』を理念として活動する2人の和菓子職人。

和菓子が作って・売って・買って・食べて…という商品で終わってしまうものではなくもっと面白い和菓子の新しい可能性を探るため、色々な世界で活躍する方々とwagashiを介してasobiという活動をしています。」

store

「パンに合う和菓子」として生まれた「ドライフルーツの羊羹」

ドライフルーツや胡桃入りのパンがあり、あんぱんがあるように餡とパンはお馴染みの相性、黒糖風味の和菓子もあります。 苺大福やフルーツあんみつのように餡の甘さとフルーツの酸味も外せない組み合わせです。 そして、ドライフルーツと黒糖(ブラウンシュガー)やラム酒はご存じのように好相性です。 黒糖とラム酒どちらも原材料はサトウキビから出来ているので違和感なく味わうことが出来ます。北海道産小豆の上質な餡と沖縄県西表産の黒糖とラム酒で炊き上げた、香り高くあっさりした甘さの羊羹に、ドライフルーツの苺と無花果、胡桃がゴロゴロと入っているお菓子です。1cmほどの厚さにスライスしてお召し上がりください。

 

ドライフルーツの羊羹 (1棹) 2,301円

※販売期間:6月12日(日)限り

<wagashi302> 

「私たちは、お茶会やイベント、展覧会などで主に活動しています。『これぞ和菓子』ではなく『これも和菓子』を探しています。私たちはそこいらへんに落ちている和菓子の言葉を探しています。『これもありかも』を探しています。『これこそがwagashi302』は……、少しだけ探したり、探していなかったりしています。」

store

雨、兆し(3個入)1,080円

※販売期間:6月12日(日)限り

ぽつっと落ちた雨粒がじんわりと地面にしみをつくる。それは、雨が降ってきたかも、という予兆を確信に変える。この落雁は、傘を模しており、そこに食べる直前に生姜シロップの雨粒を垂らします。太陽に照らされた乾いた土地に雨が匂い立つように、落雁に生姜の香りが立ちます。

<おはぎと大福> 

2021年1月、神楽坂にオープン。

昔ながらの製法にこだわりながら、ひとつひとつ丁寧に作るやさしいおはぎです。

おなじみのお味はもちろんのこと、変わり種なんかも織り交ぜたりして、

どことなく懐かしくて、なんとなく新しい、そんな温故知新なお味をお届けしております。

store

みずもち(2個入)735円

※販売期間:6月13日(月)〜14日(火)

 

今回は定番のおはぎに加えて、季節限定の「みずもち」をご用意いたします。透明感、清涼感あふれる、ぷるんと新食感のお水のお餅。黒みつときなこを添えてお召し上がりください。

 

 

<季のせ> 

「暮らしの中に息づく自然や、移ろう四季を菓子に映して愉しむ。“和菓子”は、日本人の豊かな心が生み出した文化です。

母のあたたかな愛情に包まれた子安の杜、宇美八幡宮の中にある工房で心を込めてひとつひとつ大切に作っています。熟練の技と勘、そして遊び心。伝統と革新が織りなす小さな宇宙。季のせは、和菓子から広がる新しい世界を日々追い求めています。」

store

燦々 (1棹) 2,204円

※販売期間:6月15日(水)〜16日(木)

マンゴー、アップル、アプリコット、パイナップル、レモン、オレンジ、クランベリーの7種類のドライフルーツをモヒートリキュールでさっぱり仕上げた夏の羊羹です。口の中いっぱいに弾ける果実感を是非ご賞味ください。

冷蔵庫で冷やすと、より一層美味しく召し上がれます。

 

 

限定日での出店が続く6月は、お目当ての出店情報をチェックして「今め菓子」を訪れてくださいね。

 

※画像はイメージです。

※価格はすべて税込です。

※数に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※イベントの内容は、 都合により変更または中⽌となる場合がございます。

 

Text : Yukako Yasuda

RECOMMEND

店舗・オンライン情報

ここ新宿の伝統野菜「内藤とうがらし」を使ったお惣菜が多数登場!

ここ新宿の伝統野菜「内藤とうがらし」を使ったお惣菜が多数登場!

~おいしさを創る。 おいしさを届ける~ザ・ペニンシュラブティック&カフェのマンゴープリン

~おいしさを創る。 おいしさを届ける~ザ・ペニンシュラブティック&カフェのマンゴープリン

【ご案内】「2023年 伊勢丹のおせち」10月5日(水) 店頭ご予約販売について

【ご案内】「2023年 伊勢丹のおせち」10月5日(水) 店頭ご予約販売について

CATEGORY

カテゴリー