アートギャラリー

長坂 真護 展 ― 天命回帰 / Still A “BLACK” STAR ―

このページをシェアする

2021/03/18

〇上記作品

「How are you」

2020年

Oil and E-waste on Canvas

20 × 20 cm

※価格はお問い合わせください。

 

 

 

 

 

「文化」「経済」「社会貢献」が持続的に回る形態

「サステナブル・キャピタリズム」を掲げ活動する

MAGO氏。ガーナのスラム街「アグボグブロシー」での

貧困問題と環境問題をアートの力で先進国に伝え、

「スラム街をエコタウンに」変えるために、

電子ゴミを使ったアート作品を制作・販売。

そんなMAGO氏の活動、作品、そのストーリーを

お伝えする展覧会です。作品は世界平和を願った

「月」、「ガーナ」そして「新世界」のテーマで

描いており、それぞれの世界観を感じていただける

展示となります。

 

 

 

長坂 真護 展 ― 天命回帰 / Still A “BLACK” STAR ―

スペシャルサイトは こちら からご覧いただけます。

 

 

 

 

 

■長坂 真護 Mago Nagasaka

1984年 福井県出身

2009年 自ら経営する会社が倒産し、路上画家となる。

2017年 6月「世界最大級の電子機器の墓場」と

     呼ばれる“アグボグブロシー”を訪れ、

     1日わずか500円の日当で先進国が捨てた

     電子機器を必死に燃やしながら生きる彼らと

     出会う。そして「大量のガスを吸い、ガンに

     なり30代で逝くと言われる彼らを犠牲にして、

     我々が富を形成する事がそんなに大事か?

     美術の力を持ってこの真実を先進国に伝え

     たい」と決意。 アートの売り上げから生まれた

     資金で、これまでに850個のガスマスクを

     ガーナに届けた。

2018年 スラム街初の学校

    『MAGO ART AND STUDY』を設立。

2019年 8月アグボグブロシー5回目の訪問で53日もの

     期間ガーナのスラム街アグボグブロシーに

     滞在し、彼らの新しい希望と生活のために、

     スラム街初の文化施設

    『MAGO E - Waste Museum』を設立。

     この軌跡をエミー賞受賞監督

     カーン・コンウィザーが追い、ドキュメンタリー

     映画『Still A Black Star』を制作し、

     アメリカのドキュメンタリー映画アワード

     Impact Docs Award で優秀賞4部門受賞。

     現在、公開へ向けて準備中。

 

 

画像

伊勢丹新宿店アートギャラリーでは、日本画、洋画、版画、写真など、ジャンルにこだわらず、くらしの中で楽しんでいただけるアートを展示販売する美術展を週替わりのスケジュールで開催しています。

アンティーク作品から現代美術まで、若手アーティストから巨匠の作品まで、幅広いアートをお楽しみください。

オンライン

伊勢丹 新宿店(アートギャラリー)の公式ページです。 

新宿店アートギャラリーの新しい情報や作家の紹介、スタイリストのおすすめ等を毎週お届けします。

他では見ることのできないギャラリートークや、現代作家の動画もご紹介しております。

作家の生の声をぜひお聞きください。

伊勢丹新宿店で開催してほしい個展、作家などのご意見をお待ちしております。

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

アートギャラリー

アートギャラリー

本館6階 | 美術

OTHER NEWS

その他のニュース

現代アート 特集

現代アート 特集

4月21日(水) ~ 6月8日(火) 最終日午後6時終了