ウォッチ

『Urban Safari』× ISETAN ストーリーのある自分らしい時計選びを!<GRAND SEIKO>

このページをシェアする

ジャパンメイドの最高峰<グランドセイコー>の新作。

スーツ姿の手元が華やぐ春めくメカニカルウォッチ。

 

うららかな陽射しが心地いい季節は、なんだか気分が上がるもの。だから、あれこれ華やかなアイテムを身につけたくなるけれど、まずは、いつものスーツ姿に欠かせない時計を新調するのはどうだろう? なぜなら<グランドセイコー>の傑作モデル“62GS”が、春らしさ全開で登場したから。手元に一点差し込むだけで、品格ある華やぎをもたらしてくれるはず。

 

Heritage Collection SBGH341

[ヘリテージコレクション SBGH341]

ピンクベースの文字盤は、桜の花を雪が覆い隠す“桜隠し”という東北地方ならではの現象を表現。

1,012,000円

ブライトチタンケース:直径38mm/10気圧防水/自動巻

GS2

Heritage Collection SBGH343

[ヘリテージコレクション SBGH343]

グリーンベースは、二十四節気の清明に芽吹く桜の若葉がモチーフ。細かな型打ち模様が美しい。

1,012,000円

ブライトチタンケース:直径38mm/10気圧防水/自動巻

GS3

心臓部であるムーブメントは、高精度と評される“キャリバー9S85”。毎秒10振動というハイビートを刻む。パワーリザーブは約55時間

新しい年度のはじまりは、快適な陽気も手伝って華やかなスタイルで街を闊歩したくなる。ビジネスシーンでも、スーツはもちろん、スプリングコート、バッグ、シャツ……と、“春色”アイテムをコーデに盛り込むのに好機だ。そんな思いを叶えるのに朗報がある。<グランドセイコー>の名機“62GS”が、日本の季節の移ろいとその美しさを文字盤に投影したニューモデルとなってお目見えした。そもそも“62GS”とは、1967年に<グランドセイコー>初の自動巻き機械式モデルとして誕生したアイコンのひとつ。日本が誇るメカニカルウォッチの最高峰であり、歴史に名を刻んできた“ヘリテージ”。その新作というだけでも気分が上がる。一目瞭然、ダイヤルのあしらいは、手元に春色全開のアクセントをもたらす。ピンクベースは“桜隠し”、グリーンベースは“桜の若葉”をイメージ。各々、日本の春の奥深さを、型打ち模様で見事に表現している。それでいてワル目立ちしない淡色ゆえに、どんなスーツにもモダンに溶け込む。適度な華やぎをもたらすキラーアイテムとして、気持ちを新たに、新年度を迎えてみては?

 

Information

伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチのリモデルを記念して、4月2日(火)まで特別なフェアを開催中。この期間に<グランドセイコー>の時計を買ったお客様に、オリジナルノベルティをプレゼント。なお、ノベルティはなくなり次第終了するのでお早めに。

 

文=長谷川茂雄 構成=大嶋慧子

text:Shigeo Hasegawa composition:Keiko Oshima

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース

<ブレゲ>リフレッシュオープン

<ブレゲ>リフレッシュオープン

5月29日(水) から