呉服/特選きもの・和装小物

重要無形文化財保持者 福田喜重・北村武資 展

このページをシェアする

2022/01/22

重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定されている福田喜重氏・北村武資氏の作品を展示販売いたします。

(作家来場はございません。予めご了承ください)

 

福田喜重

1932年生まれ。父・喜三郎から厳しく指導を受け刺繍の技術を習得。縫のみならず、染や箔などの技術も研究し、刺繍がより一層引き立つ作品作りをこだわりを持って行う。1997年「刺繍」の技法において重要無形文化財術保持者に認定。透明感のある色調と、その中に立体的に表現された刺繍作品は圧巻。

 

北村武資

1935年生まれ。京都・西陣で織物業に従事したのち独立。織物組織の研究や復元に努める中で、伝統技法を高度に体得。1995年に「羅」の技法において、2000年には「経錦」において重要無形文化財技術保持者に認定された。現代感覚にあふれる作風は、多くの人々から支持されている。

 

 

画像

「扇面散らし」訪問着

画像

「入子花」煌彩錦袋帯

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格は、お問合せください。

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース

〈竺仙〉フェア

〈竺仙〉フェア

5月25日(水) ~ 6月7日(火) 最終日午後6時終了