呉服/特選きもの・和装小物

ARLNATA×牛首紬 SPECIAL COLLECTION 3 in ISETAN 2022

このページをシェアする

2022/04/20

元エルメスのデザイナー、寺西俊輔。

世界中のトップブランドが集まる生地見本市、プルミエールビジョンで出会った日本の着物生地が彼の心を動かした。

「ヨーロッパのラグジュアリーメゾンではできない、世界の誰もやっていないことを、自らの手で創造し発信していきたい」と。

 

エルメスを退社し、<ARLNATA>(アルルナータ)を立上げたのは2018年。日本各地で受けつがれてきた着物生地の美しさと優れた技術に着目し、反物の状態のまま、洋服のパターンを起こすことに成功。

作り手の存在を感じられる、日本だからこそ可能なラグジュアリーの価値を問い続けるプロジェクトとしての彼の挑戦は始まったばかりである。

画像

【オーダー商品】
牛首紬ロングコート・・・牛首紬の反物253,000円から+ロングコートオーダー料220,000円から

アルルナータのオーダー品の中で最も人気のモデル。メンズ・レディスともにご用意しています。

牛首紬の素材感を損なわないように裏地を付けず、手間のかかる折伏せ縫いで縫製することで、とても軽い仕上がりに。

画像

【オーダー商品】
牛首紬ロングコート・・・牛首紬の反物253,000円から+ロングコートオーダー料220,000円から

【オーダー商品】
牛首紬コンテンポラリージャケット・・・牛首紬の反物253,000円から+ジャケットオーダー料240,000円から

ロングコートにはポケットが計3か所。スーツの上から着用できることから、ビジネスシーンでも活用いただけます。衿やカフスに螺鈿織を配するオプションもございます。

画像

―牛首紬(うしくびつむぎ)―

シルク100%、手作りで生み出される生地

石川県白山の麓で800年以上の昔から伝承されている紬で、日本三大紬のひとつである。紬とは、着物生地の中でも、そのざっくりとした風合い・温かみが特徴の素材である。特に、「牛首紬」は稀少性の高い「玉繭」を用いた、節のある糸を使用している点が特徴。

 

寺西俊輔氏がエルメス在籍時に出会って、心動かされた「牛首紬」。それは世界中のラグジュアリーブランドのデザイナーも感動しつつも、小規模の生産であったがゆえに世界での展開は実現できず、<ARLNATA>のみが洋服生地として実現したのである。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース

〈竺仙〉フェア

〈竺仙〉フェア

5月25日(水) ~ 6月7日(火) 最終日午後6時終了