呉服/和雑貨・着物語

羽子板・破魔弓のご紹介

このページをシェアする

2021/11/17

お子様が生まれて初めて迎えるお正月「初正月」に贈るならわしの羽子板・破魔弓。

お子様の健やかな成長を願い、魔除け・厄除けの意味が込められた羽子板・破魔弓を、

さまざまなサイズのバリエーションでご紹介いたします。

 

 

【羽子板の由来】

 

羽根突き:羽根の飛ぶ様がトンボに似ていることから、病気を媒介する蚊から守ってもらう。

ムクロジの玉:羽根突きの玉は「無患子」という木の種子が用いられ、「子どもが患わ無い」ようにという願いが込められている。

 

 

【破魔弓の由来】

 

弓:武勇を表し、邪悪をはらうという意味と、人間には知ることのできない方向と距離を判定する占いの意味を持つ。

はま:弓矢で射る的、もしくは的射の競技を意味する言葉に「破魔」の字をあて、魔を射る矢と解されている。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース

<THE YARD> POP UP

<THE YARD> POP UP

5月25日(水) ~ 6月7日(火)

〈竹巧彩〉フェア

〈竹巧彩〉フェア

5月11日(水) ~ 5月24日(火)